終着駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

終着駅(しゅうちゃくえき)は終わりの終点)のことであるが、その意味は「終わり」をどのように捕えるかによって少し変化する(詳細は後述)。

列車の終点[編集]

ある鉄道路線中間に位置する駅でも、列車の(行先)設定上、その駅止まりの列車からいえば「終着駅」と呼ぶことができる。例えば東海道本線東京発小田原行き普通列車の終着駅は小田原駅である。

線区の終点[編集]

線路名称で、ある路線の終点となっている駅を終着駅という。たとえば東京駅から神戸駅に至る東海道本線の終着駅は神戸駅である。なお、線路名称上始点でも終点から見れば終着駅になりうる。つまり、東海道本線の終着駅は東京駅でもよい。

行き止まり形線区の終点[編集]

これは上の「線区の終点」の中でも、行き止まりとなっている線区の末端で、物理的に線路が他のいずれの路線にも接続していない駅をさす。その駅からは鉄道で一方向へしか進めない駅ともいえる。この場合、そこから先は原則出発停止となる為、プラットホーム手前の場内信号機は注意(Y)か警戒(YY)・停止(R)の2灯表示しかないところが多い。

東日本旅客鉄道(JR東日本)では、青森駅から三厩駅まで「終着駅号」が運行されている。

以下に挙げる駅はJRにおける行き止まり形線区の終点である(2014年5月12日現在)。なお伊東駅和倉温泉駅のように、私鉄など他の鉄道事業者の線路がつながっている終着駅、および、鳥羽駅銚子駅のように、構内で他の鉄道路線(路面電車地下鉄を除く)に直接乗り換えが可能(乗換駅)であり、そこから他の鉄道路線で先に行ける終着駅は除いてある。

北海道旅客鉄道(JR北海道)[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)[編集]

東海旅客鉄道(JR東海)[編集]

西日本旅客鉄道(JR西日本)[編集]

四国旅客鉄道(JR四国)[編集]

九州旅客鉄道(JR九州)[編集]

なおJRでは両端が終着駅という線区は宇美駅と西戸崎駅の香椎線のみである。

関連項目[編集]