南海空港線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南海電気鉄道 空港線
特急ラピート(関西空港駅)
特急ラピート(関西空港駅)
路線総延長 8.8 km
軌間 1067 mm
電圧 1500 V 架空電車線方式直流
最高速度 120 km/h

空港線(くうこうせん)は、大阪府泉佐野市泉佐野駅から同府泉南郡田尻町関西空港駅までを結ぶ南海電気鉄道鉄道路線大阪湾の泉州沖にある関西国際空港へのアクセス路線である。路線シンボルマークは、飛行機をイメージしたもので、ラインカラーは紫。

全線に加算運賃が設定されている(南海電気鉄道#運賃を参照)。

路線データ[編集]

  • 管轄・路線距離(営業キロ):全長8.8km
  • 軌間:1067mm
  • 駅数:3駅(起終点駅含む)
  • 複線区間:全線
  • 電化区間:全線電化(直流1500V)
  • 閉塞方式:自動閉塞式
  • 保安装置:ATS-PN(りんくうタウン駅 - 関西空港駅間はATS-Pを併設)
  • 最高速度:
    • 特急:関西国際空港連絡橋上120km/h、その他の区間110km/h
    • その他の列車:全区間110km/h

全長3,750mの関西国際空港連絡橋を渡るりんくうタウン駅 - 関西空港駅間は南海電気鉄道が第二種鉄道事業者、新関西国際空港株式会社が第三種鉄道事業者となっており、西日本旅客鉄道(JR西日本)関西空港線とは両駅構内を除き上下線とも線路を共用している。

沿線概況[編集]

停車場・施設・接続路線
KHSTa
難波駅
LSTR
南海本線
BHF
0.0 NK30 泉佐野駅
ABZlf
南海本線
STR
空港線
ABZrg
JR西関西空港線
BHF
1.9 NK31 りんくうタウン駅
WBRÜCKE
関西国際空港連絡橋
BS2+l BS2+r
8.8 NK32 関西空港駅 (左:JR 右:南海)
FLUG
関西国際空港

3面4線の構造を持つ起点の泉佐野駅からはしばらく南海本線と線路を共用するが、やがて左にカーブをすると南海本線がまっすぐ南下するのに対して空港線は大きく右にカーブをして西に進路をとる。特に下り線は南海本線の高架を乗り越える高々架となる。周辺には住宅密集地のほか、左前方にはりんくうプレジャータウンSEACLEの大観覧車が、右前方にはりんくうゲートタワービルが見える。やがて上下線の高架が一旦近接するがすぐにまた離れ、左後方から近づいてくる関西空港自動車道国道481号・JR関西空港線と並走を始めたところで島式2面4線のりんくうタウン駅に到着する。

JRとの共同使用駅であるりんくうタウン駅は内側2線をJRが、外側2線を南海が使用しているが、同駅を出ると両社の線路が合流し、大阪湾を渡る2層構造で、在来線の鉄道橋としては最長の関西国際空港連絡橋の下層を轟音を立てながら渡る。関西国際空港島に入ると高度を下げ、大きく左にカーブしながら島内アクセス道路の間にある掘割部分を進み、JRの線路が右側へ分岐して終点の関西空港駅に着く。

運行形態[編集]

基本的には、難波駅発着(南海本線直通)の特急「ラピート」、空港急行、普通が運転されている。かつて特急はりんくうタウン駅を通過していたが、2003年から同駅近くにあるアウトレットモール(りんくうプレミアム・アウトレット)への乗客を見込んで停車するようになった。泉佐野駅 - 関西空港駅間折り返しの普通は早朝・深夜と平日の夕方のみ運転される。

歴史[編集]

  • 1994年(平成6年)
    • 6月15日 泉佐野駅 - 関西空港駅間が開業。従業員輸送のため先行開業。
    • 9月4日 関西国際空港開港。特急「ラピート」の運転を開始。
  • 2005年(平成17年)11月27日 泉佐野駅周辺の高架化工事完成(これにより、線内から踏切がすべて除却された)。普通を終日運転化。
  • 2013年(平成25年)5月31日 保安装置を開業時から使用されていたATS-NからATS-PNに変更[1]

駅一覧[編集]

駅番号 駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線 所在地
NK30 泉佐野駅 - 0.0 南海電気鉄道南海本線難波駅方面へ直通) 泉佐野市
NK31 りんくうタウン駅 1.9 1.9 西日本旅客鉄道関西空港線
NK32 関西空港駅 6.9 8.8   泉南郡田尻町

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ CSR報告書 2014 (PDF) P.34 - 南海電気鉄道

外部リンク[編集]