宇美駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宇美駅
駅舎(2007年2月25日)
駅舎(2007年2月25日)
うみ - Umi
新原 (1.3km)
所在地 福岡県糟屋郡宇美町宇美五丁目13-1
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 香椎線
キロ程 25.4km(西戸崎起点)
電報略号 ウミ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
4,349人/日
-2010年度-
開業年月日 1905年明治38年)12月29日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
宇美駅
うみ - Umi
下宇美 (0.8km)
(2.8km) 筑前勝田
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 勝田線
キロ程 11.0km(吉塚起点)
開業年月日 1918年大正7年)9月19日
廃止年月日 1985年昭和60年)4月1日
路線終端部
路線終端部
勝田線跡
勝田線跡
駅名票
駅名票
名所案内
名所案内
駅前(2010年)
駅前(2010年)

宇美駅(うみえき)は、福岡県糟屋郡宇美町宇美五丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)香椎線。同線の終着駅

かつては比較的大規模な駅であったが現在は大幅に縮小されている。1985年(昭和60年)に廃線となった勝田線も宇美駅を設けていたが、建設した会社がそれぞれ別であったことから、同じ国鉄路線にもかかわらず香椎線の駅から100m程度離れた場所に置かれていた。国鉄時代には、類似する構造の駅が当駅を含めて尼崎駅浜川崎駅石巻駅の4駅存在した。

駅構造[編集]

駅舎に接した単式ホーム1面1線と側線1線を有する地上駅である。

JR九州鉄道営業が駅業務を行う業務委託駅で、2009年マルス導入により、みどりの窓口が設置された。SUGOCAの利用が可能であるが、カード販売は行わずチャージのみ取り扱いを行う。液晶ディスプレイ式の小型発車標自動改札機が設置されている。

駅周辺[編集]

駅自体の規模に対して駅前広場がやや広い。これは勝田線跡や勝田線の当駅の土地を活用しているためである。勝田線跡は道路の一部となっていたり、自転車道として整備されている。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
香椎線
新原駅 - 宇美駅

かつて存在した路線[編集]

勝田線(1985年廃止)
下宇美駅 - 宇美駅 - 筑前勝田駅

脚注[編集]

  1. ^ 「軽便鉄道運輸開始」『官報』1919年5月27日(国立国会図書館デジタル化資料)
  2. ^ 「地方鉄道駅名改称」『官報』1919年12月6日(国立国会図書館デジタル化資料)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 宇美駅(駅情報) - 九州旅客鉄道