香椎駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
香椎駅
フレスタ口・香椎駅ビル(フレスタ・かしい)
フレスタ口・香椎駅ビル(フレスタ・かしい)
かしい - Kashii
所在地 福岡市東区香椎駅前一丁目11-1
所属事業者 JR logo (kyushu).svg九州旅客鉄道(JR九州)
電報略号 カシ
駅構造 地上駅
ホーム 3面5線
乗車人員
-統計年度-
11,732人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1890年明治23年)9月28日
乗入路線 3 路線
所属路線 鹿児島本線
キロ程 69.8km(門司港起点)
九産大前 (1.7km)
(1.2km) 千早
所属路線 香椎線
キロ程 12.9km(西戸崎起点)
和白 (3.7km)
(1.3km) 香椎神宮
所属路線 鹿児島本線貨物支線(博多臨港線)*
キロ程 0.0km(香椎起点)
(1.5km) 千早(操)
乗換 西鉄香椎駅西鉄貝塚線
備考 直営駅
みどりの窓口
福 福岡市内
* 日本貨物鉄道(JR貨物)の第一種鉄道事業区間

香椎駅(かしいえき)は、福岡県福岡市東区香椎駅前一丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)のである。

概要[編集]

JR線における福岡市東区の中心となる駅で、普通・快速列車のほかに一部の特急列車が停車している。鹿児島本線香椎線の2路線が乗り入れており、このうち鹿児島本線を当駅の所属線としている[1]。このほか、日本貨物鉄道(JR貨物)の第一種鉄道事業区間である鹿児島本線貨物支線(博多臨港線)の登記上の起点でもあるが、実際に分岐するのは千早操車場である。

当駅に停車する特急列車は基本的に停車駅の多いタイプの「ソニック」のみであるが、小倉駅方面への8時台までの列車と、博多駅行きの20時台以降の列車はすべて停車する。逆に小倉駅方面への18時台以降の列車と、博多駅行きの8時台までの列車はすべて通過となる。なお鹿児島本線内で完結する特急「きらめき」は、近隣の赤間駅に全列車停車することもあり当駅には夜間の博多駅行き2本しか停車しない。

歴史[編集]

1993年の香椎駅舎

駅構造[編集]

1番ホーム(鹿児島本線)
4・5番ホーム(香椎線)

相対式ホーム1面1線と島式ホーム2面4線、計3面5線のホームを有する地上駅。ホーム間は跨線橋で結ばれ、全てのホームにエレベーター・エスカレーターが設置されている。

1番のりば(1番線)と2番のりば(3番線)の間には上り通過線(2番線)、3番のりば(4番線)と4番のりば(6番線)の間には留置線が存在する。この留置線は現在架線が取り払われている。また、5番のりば(7番線)より東側(一番奥)には留置線(8番線)がある。この留置線には香椎線の朝夕ラッシュを終えた車両が置かれ、その車両は博多運転区(旧竹下気動車区)へ回送される。

駅ビルは鉄筋コンクリート4階建てで、フレスタ香椎がテナントで入っている。以前の駅舎は初代の八代駅駅舎を移築したものであった。改札口は全部で3カ所あり、駅前広場側を本口、フレスタ香椎側をフレスタ口、九州産業大付属九州高側を九高口と呼んでいる。自動改札機は本口には6機、フレスタ口・九高口には3機ずつ設置されている。また、駅北側には博多信号通信区香椎管理室・博多保線区香椎管理室・博多保線区香椎支区がある。

出札及び本口改札はJR九州の直営で、フレスタ口・九高口改札はJR九州鉄道営業業務委託である。みどりの窓口設置。九州高校口は駅ビルの改札とは営業時間が異なる。平日の7時から20時まで営業する。自動放送導入駅。

JRの特定都区市内制度における「福岡市内」の駅である。

のりば[編集]

ホーム 路線 方向 行先 備考
1 鹿児島本線 上り 赤間折尾小倉門司港方面 特急「きらめき」は停車しない
特急「ソニック」「にちりんシーガイア 小倉・大分宮崎宮崎空港方面
2 鹿児島本線 下り 博多二日市鳥栖久留米大牟田方面 一部の普通列車は3番のりばから発車
3・5 香椎線 下り 長者原宇美方面
4 香椎線 上り 雁ノ巣西戸崎方面 午前中の一部列車は3・5番のりばから発車

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗車人員は11,732人である[3]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000年 18,556
2001年 17,784
2002年 16,944
2003年 15,236
2004年 13,576
2005年 12,544
2006年 11,915
2007年 11,658
2008年 11,603
2009年 11,478
2010年 11,482
2011年 11,559
2012年 11,732

駅周辺[編集]

駅前の様子

福岡市東の副都心と位置付けられ、駅周辺は小さな繁華街になっている。

駅前には路線バスは発着せず、西鉄香椎駅前から発着する。詳細は西鉄香椎駅#路線バスを参照。

駅名の由来[編集]

開業時の地名(糟屋郡香椎村)が由来。「香椎」は日本古代からの歴史ある地名である。

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
鹿児島本線
快速・準快速
福工大前駅 - 香椎駅 - 千早駅
普通
九産大前駅 - 香椎駅 - 千早駅
香椎線
和白駅 - 香椎駅 - 香椎神宮駅
日本貨物鉄道
鹿児島本線貨物支線(博多臨港線)
香椎駅 - (千早駅) - 千早操車場

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  2. ^ 近代・現代 古賀の歴史古賀市の魅力 -観光ガイド-古賀市オフィシャルページ
  3. ^ KYUSHU RAILWAY COMPANY 2012会社案内”. 九州旅客鉄道. 2013年7月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 香椎駅(駅情報) - 九州旅客鉄道