竹下駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
竹下駅
駅舎(2007年6月)
駅舎(2007年6月)
たけした - Takeshita
博多 (2.7km)
(2.4km) 笹原
所在地 福岡市博多区竹下四丁目16-16
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 鹿児島本線
キロ程 80.9km(門司港起点)
電報略号 タケ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
5,948人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1913年大正2年)9月21日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
福 福岡市内
竹下駅ホーム(右側)、左側には博多運転区がある

竹下駅(たけしたえき)は、福岡県福岡市博多区竹下四丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)鹿児島本線である。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅橋上駅舎を備える。駅舎は駅構内東側の九州新幹線博多南線高架下に設けられている。2005年(平成17年)10月1日のダイヤ改正より上下線外側に通過用の線路が敷設され、そちらが本線となった。駅構内西側は博多運転区(旧竹下気動車区)であり多数の車両が出入りしている。駅の横には博多南線が鹿児島本線に並行し、駅のすぐ南側で鹿児島本線を跨ぎ越す。駅入口のスピーカーからは毎日午前8時(『エーデルワイス』)・正午(『線路は続くよどこまでも』)・午後6時(『夕焼小焼』)に音楽が流れ、時を告げている。

ホーム有効長はかつては12両分あったが、前述の通過線敷設の関係で、現在は9両編成までとなっている。

JR九州鉄道営業が駅業務を行う業務委託駅で、みどりの窓口が設置されている。

のりば[編集]

1 鹿児島本線(上り) 博多赤間小倉方面
2 鹿児島本線(下り) 二日市久留米大牟田方面

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗車人員は5,948人である[1]

近年の1日平均乗車人員は下表のとおりである。

年度別1日平均乗車人員[2]
年度 1日平均
乗車人員
1987年(昭和62年) 3,408
1988年(昭和63年) 3,986
2011年(平成23年) 5,656
2012年(平成24年) 5,948

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

東口前に西日本鉄道西鉄バス)「竹下」バス停、西口前に同「竹下駅西口」バス停がある。(路線は2013年3月16日現在)

歴史[編集]

かつては駅から東側に米軍板付基地及びアサヒビール福岡工場への専用線が存在したが、前者は基地自体の廃止により、後者はトラック輸送転換により廃止された。

駅名の由来[編集]

開業当時の地名(筑紫郡那珂村字竹下)が由来。

「竹下」は古くは「岳下」と書き、駅の西方にある丘陵(岳)地帯の高宮地区の(下)に築かれた事が由来である。

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
鹿児島本線
快速・準快速(※)
通過
快速(一部※)・準快速(一部※)・普通
博多駅 - 竹下駅 - 笹原駅
※快速は平日朝ラッシュ時上下の一部・夕方上り1本、準快速は平日朝ラッシュ時の上り1本が竹下駅・笹原駅停車で運転されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 竹下駅(駅情報) - 九州旅客鉄道