福岡貨物ターミナル駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
福岡貨物ターミナル駅
構内。汐井公園野球場東側の歩道橋より香椎側を望む(2012年9月)
構内。汐井公園野球場東側の歩道橋より香椎側を望む(2012年9月)
ふくおかかもつターミナル
- Fukuoka Kamotsu Terminal -
千早(操) (2.2km)
所在地 福岡市東区箱崎埠頭2丁目3-2
所属事業者 日本貨物鉄道(JR貨物)
所属路線 鹿児島本線貨物支線
博多臨港線
キロ程 3.7km(香椎起点)
電報略号 フレ
駅構造 地上駅
開業年月日 1975年昭和50年)3月10日
備考 貨物専用駅

福岡貨物ターミナル駅(ふくおかかもつターミナルえき)は、福岡県福岡市東区箱崎埠頭2丁目に駅事務所を置く日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅である。鹿児島本線貨物支線(博多臨港線)の終着駅で、福岡県の鉄道貨物輸送の拠点駅の一つである。

歴史[編集]

駅構造[編集]

地上駅。コンテナホームは3面あり、島式2面、単式1面となるように荷役線が5本接している。ホームは駅構内の北側にあり、南側は着発線となっている。着発線は8本ある。

ホーム上にはコンテナの検修庫、着発線の西側には貨車の検修庫が置かれている。営業窓口であるJR貨物福岡営業支店も駅構内にある。

取扱貨物の種別[編集]

貨物列車[編集]

高速貨物列車のみ発着し、当駅終着の下り列車は1日23本、当駅始発の上り列車は1日26本設定されている。この他、臨時列車の設定もある。

上り列車の行き先は、東京貨物ターミナル駅が最多で、大阪貨物ターミナル駅名古屋貨物ターミナル駅新潟貨物ターミナル駅仙台貨物ターミナル駅札幌貨物ターミナル駅などがある。なお、鹿児島本線を当駅以南(熊本駅など)へ向かう貨車の多くは当駅を経由し継走されるが、その逆、本州方面へ向かう場合は直通列車で輸送されることが多い。

トラック集配エリア[編集]

福岡市を中心とする福岡県西部をエリアとしている。また新福岡郵便局への郵便物も当駅より運ばれている。

駅周辺[編集]

駅は博多港箱崎埠頭に立地しており、周囲は日本通運など運送業者の施設が集まっている。駅の西側及び北側は福岡高速道路が通り、東側は国道3号、その東側を西鉄貝塚線福岡市地下鉄箱崎線が通っている。最寄駅は貝塚駅箱崎九大前駅である。

隣の駅[編集]

現存区間[編集]

日本貨物鉄道
鹿児島本線(博多臨港線)
千早操車場 - 福岡貨物ターミナル駅

廃止区間[編集]

日本貨物鉄道
鹿児島本線(博多臨港線)
福岡貨物ターミナル駅 - 博多港駅

関連項目[編集]