水城駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
水城駅
駅舎(2008年11月)
駅舎(2008年11月)
みずき - Mizuki
大野城 (1.4km)
(2.2km) 都府楼南*
所在地 福岡県大野城市下大利三丁目1-13
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 鹿児島本線
キロ程 88.8km(門司港起点)
電報略号 ミキ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,605人/日(降車客含まず)
-2005年-
開業年月日 1913年大正2年)9月21日
乗換 業務委託駅
みどりの窓口
* この間に太宰府信号場有り(当駅から1.2km先)。
駅構内(下りホームより)
上りホーム。後方は水城

水城駅(みずきえき)は、福岡県大野城市下大利三丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)鹿児島本線である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。駅舎は駅構内東側に下り(久留米・大牟田方面)ホームに接して存在する。また、カーブ上に位置する為、車掌が乗客の乗降確認をする為のモニターが設置されている。

JR九州鉄道営業が駅業務を行う業務委託駅で、みどりの窓口が設置されている。

のりば[編集]

1 鹿児島本線(下り) 二日市久留米大牟田方面
2 鹿児島本線(上り) 博多赤間小倉方面

駅周辺[編集]

大野城市の中央部に立地する。線路に並行する駅前の道路を下り方向に200mほど歩くと太宰府市に入る。駅周辺は住宅地であるが、駅前に発着するバス路線はなく、幹線道路からも外れているため、当駅と600mほどしか離れていない西鉄下大利駅周辺地域に比べて非常に閑静である。

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

開業当初の地名(筑紫郡大宰府町字水城)が由来。

元々は御笠郡水城村で、古代からの国防施設である水城のすぐ傍に作られた事から「水城駅」となった。

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
鹿児島本線
快速・準快速
通過
普通
大野城駅 - 水城駅 - (太宰府信号場) - 都府楼南駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 水城駅(駅情報) - 九州旅客鉄道