原田駅 (福岡県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
原田駅
駅舎正面(2007年(平成19年)8月12日)
駅舎正面
(2007年(平成19年)8月12日)
はるだ - Haruda
所在地 福岡県筑紫野市原田2243-1
所属事業者 JR logo (kyushu).svg九州旅客鉄道(JR九州)
電報略号 ハル
駅構造 地上駅
ホーム 3面5線
乗車人員
-統計年度-
3,852人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1889年明治22年)12月11日
乗入路線 2 路線
所属路線 鹿児島本線
キロ程 97.9km(門司港起点)
天拝山 (3.6km)
(2.0km) けやき台
所属路線 筑豊本線(原田線)
キロ程 20.8km(桂川起点)
筑前山家 (4.7km)
備考 業務委託駅
みどりの窓口
ホーム。手前が八代方面、奥が門司港方面。右側奥のホームが1番のりば、中央のホーム右側が2番のりば、同左側が3番のりば、左側のホームが4番のりば。0番のりばは1番のりばのさらに右奥にある

原田駅(はるだえき)は、福岡県筑紫野市原田にある、九州旅客鉄道(JR九州)のである。

鹿児島本線所属線[1]とし、当駅を終点とする筑豊本線(原田線)を加えた2路線が乗り入れる。

駅構造[編集]

3面5線のホームを持つ地上駅で、単式ホーム島式ホームの複合型3面4線に加え、0番のりば(筑1番線)は切欠きホームとなっており、0・1番のりばへは駅舎から跨線橋を渡らずに移動できる。

駅舎は構内東側(下り方向に向かって左側)に設置されている。現在の駅舎は1999年に建て替えられ、鉄筋コンクリートの平屋建て、待合室を兼ねたコミュニティホールを併設し、ホール部分は筑紫野市が管理する。エスカレーターやエレベーター等は設置されていなかったが、2009年10月よりエレベータ新設と同時に新しく跨線橋を作ることになり、2010年6月に竣工。但し新しい跨線橋の2 - 4番のりば側には階段が設けられていない。構内のホームは近年かさ上げされたが、ステップ付きの気動車が発着する0番のりばのみ旧来のままである。鹿児島本線の快速・準快速が停車するほか、博多方面から当駅で折り返す列車が日に数本設定されている。

JR九州鉄道営業が駅業務を行う業務委託駅で、みどりの窓口が設置されている。

のりば[編集]

0 原田線 桂川飯塚方面
1 原田線 桂川、飯塚方面
鹿児島本線 (下り) 鳥栖久留米大牟田方面
(上り) 博多赤間小倉方面
2 鹿児島本線 (下り) 鳥栖・久留米・大牟田方面
3・4 鹿児島本線 (上り) 博多・赤間・小倉方面

利用状況[編集]

2011年度の1日平均乗車人員は3,852人である[2]。1998年度以降は増加傾向が続いており、2004年度に3千人を上回った。

近年の1日平均乗車人員は以下のとおりである。

年度 1日平均
乗車人員
1997年(平成09年) 1,721
1998年(平成10年) 1,655
1999年(平成11年) 1,951
2000年(平成12年) 2,304
2001年(平成13年) 2,447
2002年(平成14年) 2,679
2003年(平成15年) 2,902
2004年(平成16年) 3,071
2005年(平成17年) 3,216
2006年(平成18年) 3,315
2007年(平成19年) 3,383
2008年(平成20年) 3,466
2009年(平成21年) 3,526
2010年(平成22年) 3,625
2011年(平成23年) 3,852

駅周辺[編集]

駅前の様子

位置的には筑紫野市の南端部にあたる。駅舎の前にロータリーが設けられている。以前は駅前は商店も少なく閑散としていたが、近年は筑紫野市南端部で開発が進められている新興住宅地の拡大により、駅前も住宅地として開発が進んでいる。また駅自体も住宅地の拠点駅としての役割が強まり、快速列車の停車、駅前ロータリーへの路線バスの乗り入れ開始など利用促進策が実施されている。

交通[編集]

商業[編集]

公共[編集]

史跡・宗教[編集]

教育[編集]

新興住宅地[編集]

いずれも小郡・筑紫野ニュータウン

  • 美しが丘(筑紫野市)
  • 光が丘(筑紫野市)
  • 希みが丘(小郡市)

歴史[編集]

1993年の駅構内

駅名の由来[編集]

開業時の地名(御笠郡御笠村字原田)と、原田が長崎街道宿場町として栄えた事から「原田駅」と命名された。

「原田」はかつては筑前国御笠郡原田邑と読まれ、古くからある地名であるが、その由来はよく判っていない。平野部にある田を表す「原田」が地名になったとする説や、この地を治めていたとされる大蔵氏の八代目である大蔵種直大宰府大監・原田次郎(原田種直)と名乗り原田氏を立ち上げたのがそのまま地名になったとする説などがある。

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
鹿児島本線
快速・準快速
二日市駅 - 原田駅 - 基山駅
普通
天拝山駅 - 原田駅 - けやき台駅
原田線(筑豊本線)
筑前山家駅 - 原田駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  2. ^ 筑紫野市統計書

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 原田駅(駅情報) - 九州旅客鉄道