五郎山古墳館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 五郎山古墳館
Gorouyama-kohun-kan.JPG
画像募集中
施設情報
正式名称 筑紫野市歴史博物館分館五郎山古墳館[1]
専門分野 考古学
事業主体 筑紫野市
管理運営 筑紫野市教育委員会
延床面積 248㎡
開館 2001年5月
所在地 818-0024
福岡県筑紫野市原田三丁目9番地5
ウェブサイト 公式サイト
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

五郎山古墳館(ごろうやまこふんかん)は2001年福岡県筑紫野市に建てられた筑紫野市歴史博物館の分館である。 館内には五郎山古墳の解説ビデオや出土遺物、壁画内容の解説コーナー等のほか、石室の実物大模型が設置され、この中に懐中電灯をもって入ることができる。また、この模型には羨道から前室の一方の壁が動く機構が備えられ、その場合は玄室まで立って入ることができ、身障者や高齢者に配慮した模型となっている。

所在地[編集]

営業時間[編集]

  • 開館時間
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
  • 休館日
月曜日祝日の場合は開館、その場合次の平日が休館)、年末年始(12月28日1月4日
  • 入館料
無料

建築概要[編集]

  • 敷地面積:552㎡
  • 建築面積:256㎡
  • 延床面積:248㎡
  • 構造:鉄筋コンクリート造(地上1階)

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 筑紫野市歴史博物館設置条例

外部リンク[編集]