瀬高駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
瀬高駅
駅舎(2006年撮影)
駅舎(2006年撮影)
せたか - Setaka
筑後船小屋 (2.5km)
(3.0km) 南瀬高
所在地 福岡県みやま市瀬高町下庄2315
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 鹿児島本線
キロ程 132.2km(門司港起点)
電報略号 セカ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
開業年月日 1891年明治24年)4月1日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
改称履歴
* 1942年 矢部川駅→瀬高町駅
* 1956年 瀬高町駅→瀬高駅
瀬高駅
せたか - Setaka
三橋 (4.0km)
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 佐賀線
キロ程 24.1km(佐賀起点)
開業年月日 1931年昭和6年)9月24日
廃止年月日 1987年(昭和62年)3月28日
ホーム(北端から南側を見る)
旧佐賀線用0番のりば跡(駅舎の北側)

瀬高駅(せたかえき)は、福岡県みやま市瀬高町下庄にある、九州旅客鉄道(JR九州)鹿児島本線である。

旧・瀬高町の代表駅で、廃止された佐賀線等の発着駅でもあった。以前は、特急「リレーつばめ」号の一部列車が停車していたが、現在は日中に停車する特急の運行は無い(快速・準快速列車が停車する)。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。互いのホームは跨線橋で連絡している。西側に駅舎がある。現駅舎は1979年(昭和54年)6月に改築された3代目である。2012年3月にバリアフリー工事が完成し、エレベーターが新設されたが、改正に伴い、2番ホームは使用が停止された。

JR九州鉄道営業が駅業務を行う業務委託駅で、みどりの窓口が設置されている。

のりば[編集]

1 鹿児島本線(上り) 久留米鳥栖博多方面
3 鹿児島本線(下り) 大牟田熊本八代方面

駅構内にある施設[編集]

  • 瀬高警察署駅前交番
  • 駅前ロータリー
  • ヤマザキYショップ(ミニコンビニ)

駅周辺[編集]

史跡、名勝、公的機関等を挙げる。

バス路線[編集]

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

瀬高地区が矢部川に沿って栄えた町である事から「矢部川駅」と命名された。「瀬高」は「この地を流れる矢部川が瀬に阻まれて非常に川の水が溢れやすい地形」だった事から付いた地名である。

昔は佐賀線のほか、私鉄である東肥鉄道(後の九州肥筑鉄道)も分岐しており駅前には柳河軌道も存在した。開業当初の駅名が矢部川だったのは高瀬駅(現在の玉名駅)との混同を避けるためであった。

駅名を矢部川から変更する際、新駅名を「瀬高駅」にすることが希望されていたが、やはり高瀬と混同を避けて「瀬高町駅」とされ、この駅は高瀬駅が玉名駅に改称された日に現在の瀬高駅に改称となった。

なお、瀬高 - 山鹿温泉間のバス路線(山鹿線)は2006年(平成18年)3月1日よりJR九州バスから産交バスに移管されたが、2009年(平成21年)10月1日に廃止された。

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
鹿児島本線
  • 特急「有明」一部停車駅
快速(下記以外の列車)
筑後船小屋駅 - 瀬高駅 - 大牟田駅
快速(久留米 - 荒尾間各駅停車)・快速「くまもとライナー」(上り1本のみ運転)・準快速・普通
筑後船小屋駅 - 瀬高駅 - 南瀬高駅

かつて存在した路線[編集]

日本国有鉄道
佐賀線
三橋駅 - 瀬高駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本経済新聞1987年2月3日西部朝刊 社会面 17ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 瀬高駅(駅情報) - 九州旅客鉄道