西鉄貝塚線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西日本鉄道 貝塚線
貝塚線600形電車(2007年、西鉄香椎駅)
貝塚線600形電車(2007年、西鉄香椎駅)
路線総延長 11.0 km
軌間 1067 mm
電圧 1500 V 架空電車線方式直流
福岡市内線
西鉄博多駅
exSTR
千鳥橋
exBHF
千代町駅
exBHF
箱崎宮前駅
exSTR
箱崎浜
exBHF
箱崎松原駅
exSTR
↑福岡市内線編入区間
exSTR
福岡市交通局箱崎線
鹿児島本線
STR2 STRc3
0.0 貝塚駅
STRc1 STR+4 STR
=旧西鉄多々良駅
WBRÜCKE WBRÜCKE
STR BHF
1.4 名島駅
2.5 西鉄千早駅
STR STR
千早駅
STR BHF
3.0 香椎宮前駅
STR BHF
3.6 西鉄香椎駅
ABZlg STR
香椎線
HST STR
香椎駅
STRc2 ABZg3 BHF
5.0 香椎花園前駅
STR+1
STR
STR2 STR3u BHF
6.1 唐の原駅
STR+1u STR+4 STR
LSTR
7.2 和白駅
STRlf KRZo
香椎線
BHF
9.0 三苫駅
LSTR KBHFxe
11.0 西鉄新宮駅
STR2 STRc3 exSTR
↓2007年廃止
STRc1 STR+4 exBHF
13.0 古賀ゴルフ場前駅
HST exBHF
14.2 西鉄古賀駅
STR exSTR
古賀駅
STR exBHF
15.6 花見駅
HSTq STRrf exSTR
福間駅
uexKHSTa exSTR
津屋崎軌道
uexSTR2 uexSTRc3 exBHF
18.2 西鉄福間駅
uexSTRc1 uexSTR+4 exSTR
uexmKRZ exABZrf
19.6 宮地岳駅 (1) -1951
exSTR
宮地岳駅前
exBHF
19.5 宮地岳駅 (2) 1951-
exKBHFe
20.9 津屋崎駅

貝塚線(かいづかせん)は、福岡県福岡市東区貝塚駅から福岡県糟屋郡新宮町西鉄新宮駅までを結ぶ西日本鉄道(西鉄)の鉄道路線である。2007年4月1日に西鉄新宮駅から津屋崎駅までの区間が廃止され、同時に宮地岳線(みやじだけせん)から改称された。

概要[編集]

福岡市東郊に延びる鉄道路線で、ほぼ全区間で九州旅客鉄道(JR九州)の鹿児島本線と並行し、貝塚駅から西鉄香椎駅まで並走する。貝塚駅で福岡市地下鉄箱崎線と、和白駅で(元は同じ会社の路線だった)香椎線と接続している。

軌間に1435mmの標準軌を採用する他の西鉄の路線とは異なり、貝塚線では1067mmの狭軌が採用されている。これは、貝塚線が元々博多湾鉄道汽船によって開通した路線だったことによる。当初は新博多(現在の西鉄バス千鳥橋バス停付近)から貝塚・和白を経て津屋崎までの路線だった。福岡市街区間については市内線ネットワークに組み込むことでサービス改善を図るべく、新博多 - 貝塚間を改軌して福岡市内線に編入した経緯があるが、同区間は1979年の市内線全廃時に一緒に廃止された。以来、他の西鉄の鉄軌道線と連絡する駅がない孤立路線となっている。

沿線は全線に亘って閑静な住宅街が広がる。全線が博多湾玄界灘の海岸沿いを通るが、海が見えるのは多々良川の河口と和白駅付近くらいである。

ICカード「nimoca」が2010年3月13日から利用可能になり、同時に貝塚駅で接続する福岡市地下鉄が発行するICカード「はやかけん」やJR九州の「SUGOCA」などと相互利用できるようになった。ICカードは貝塚・西鉄千早西鉄香椎の3駅は自動改札機、それ以外の駅はnimoca用簡易改札機の設置で対応している。沿線では、並走する西鉄バスの路線のほうが一足早くnimocaに対応した。なお、かつての「よかネットカード」は使用できなかった。

路線データ[編集]

立体交差事業[編集]

香椎地区副都心整備事業の一環として、西鉄千早 - 西鉄香椎間で連続立体交差化工事が行われた。2004年8月に貝塚(名島駅付近) - 香椎宮前間が新線に切り替えられ、同時に名香野駅が高架駅となり、西鉄千早駅に改称された。また、2006年5月14日には西鉄千早 - 香椎花園前間(国道3号線立体交差まで)が高架化され、連続立体交差事業は完了した。現在は旧線路跡を含めた再開発が始まっている。

将来の計画[編集]

地下鉄との直通運転は行われていないが、相互直通運転の計画がある。当初は貝塚駅 - 三苫駅間で地下鉄と2001年度に直通運転を開始する予定だったが、2007年現在、直通運転に必要な車両の新造やホームの延伸(現行の3両対応から6両対応にする)などの工事は行われていない。ただし西鉄千早 - 西鉄香椎間の連続立体交差区間は、地下鉄乗り入れを視野に入れ6両対応が行える構造で建設されている。地下鉄の線路は貝塚線貝塚駅まで伸びているため、路線接続工事及び名島駅の6両対応工事が行われば、西鉄香椎駅までの暫定直通運転は可能である。

2010年には、福岡市によって、直通区間を三苫 - 中洲川端または天神とし、車両数を3両編成とする新たな直通検討案がまとめられた。従来の6両編成とする案から車両数を減らすことによって、車両の整備費を50億円とする一方、天神以西への乗り入れはしない計画となる。今後市では全体の事業費を精査し、採算性を検討するとしている[1][2]

また、西鉄香椎駅 - 香椎花園前駅間に新駅を設置し、そこから博多湾沖に建設中の人工島(アイランドシティ)を結ぶ鉄道を分岐させる計画もある。この新線は、2010年度の開業を目標にしていたが、現時点でこの計画の実現性は低くなっている。

運行形態[編集]

全線単線だが、平日の朝夕ラッシュ時には約10分間隔で運行されている。また平日昼間と土曜・休日の終日は約15分間隔で運転されている。全列車ともワンマン運転を実施している。また、2007年4月1日の西鉄新宮 - 津屋崎間廃止以前は、貝塚 - 三苫間の列車が朝夕ラッシュ時には約6.5分間隔で、貝塚 - 津屋崎間の列車が終日約13分間隔で運転されていた。

ワンマン運転のため、車内放送はすべて自動放送となっている。放送前に流れるチャイムは天神大牟田線で使用されているチャイムと同じものを使用しているが、貝塚と新宮到着時のみ、二点打チャイムが流れる。

以前は、貝塚駅または西鉄新宮行の電車が香椎花園前に到着する直前に、車内にチューリップの「心の旅」(オルゴール版)が流れていた。また、西鉄新宮駅または貝塚行の電車が香椎花園前に到着する直前には、同じくオルゴールでチューリップの「サボテンの花」が流れていた。

宮地岳線時代は、到着時に津屋崎行の電車は香椎花園前駅と津屋崎駅で「心の旅」が、三苫駅で「サボテンの花」が流され、貝塚行列車では三苫駅と貝塚駅で「心の旅」が、香椎花園前で「サボテンの花」が流されていた。

なお、正式な起点は貝塚駅だが、列車運行および旅客案内では西鉄新宮駅から貝塚駅へ向かう列車が下り、逆方向が上りとなっている。

利用状況[編集]

輸送実績[編集]

貝塚線(宮地岳線)の輸送実績を下表に記す。

表中、輸送人員の単位は万人。輸送人員は年度での値。表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。

年度別輸送実績
年 度 輸送実績(乗車人員):万人/年度 輸送密度
人/1日
特 記 事 項
通 勤
定 期
通 学
定 期
定期外 合 計
1975年(昭和50年) 382.0 237.6 510.2 1129.8 9,905  
1976年(昭和51年) 333.4 211.4 415.7 960.6 8,935  
1977年(昭和52年) 321.5 214.7 453.2 989.5 9,311  
1978年(昭和53年) 300.2 217.2 459.9 977.4 9,431 福岡市内線全廃に伴い、千鳥橋 - 貝塚間を廃止
1979年(昭和54年) 275.0 209.9 431.9 917.0 7,765  
1980年(昭和55年) 267.3 224.3 453.7 945.5 8,619 ワンマン運転開始
1981年(昭和56年) 261.9 212.2 417.5 891.7 8,201  
1982年(昭和57年) 245.2 201.8 407.7 854.6 7,912  
1983年(昭和58年) 233.8 198.8 382.9 815.5 7,508  
1984年(昭和59年) 219.3 189.7 358.7 767.8 7,099  
1985年(昭和60年) 212.6 190.8 357.9 761.3 7,041  
1986年(昭和61年) 213.7 228.3 395.2 837.2 7,426 唐の原駅開業 福岡市地下鉄箱崎線が貝塚駅まで開業
1987年(昭和62年) 287.4 324.3 486.2 1097.9 9,247  
1988年(昭和63年) 294.5 363.6 480.6 1138.7 9,427  
1989年(平成元年) 300.2 378.8 483.8 1162.8 9,577  
1990年(平成2年) 303.4 385.9 496.6 1185.9 9,712  
1991年(平成3年) 316.5 367.4 529.4 1213.3 9,761  
1992年(平成4年) 325.2 349.5 544.7 1219.4 9,653  
1993年(平成5年) 325.9 325.3 542.3 1193.5 9,283  
1994年(平成6年) 323.0 302.7 530.4 1156.1 8,987  
1995年(平成7年) 317.2 285.7 528.8 1131.7 8,801  
1996年(平成8年) 313.0 280.5 530.7 1124.2 8,713  
1997年(平成9年) 310.1 268.1 491.8 1070.0 8,627  
1998年(平成10年) 288.2 248.4 471.6 1008.2 8,235  
1999年(平成11年) 270.1 226.8 462.6 959.5 7,903  
2000年(平成12年) 253.9 211.9 444.1 909.9 7,518  
2001年(平成13年) 238.1 202.1 428.1 868.3 7,199  
2002年(平成14年) 226.5 200.5 412.8 839.8 6,967 終電繰り下げ(貝塚駅発23:31→0:10)
2003年(平成15年) 212.0 169.6 390.1 771.7 6,435  
2004年(平成16年) 207.5 150.4 363.3 721.2 6,056  
2005年(平成17年)            
2006年(平成18年)           西鉄千早 - 西鉄香椎間が高架化
2007年(平成19年)           西鉄新宮 - 津屋崎間を廃止し、貝塚線に改称

収入実績[編集]

貝塚線(宮地岳線)の収入実績を下表に記す。

表中、収入の単位は千円。数値は年度での値。表中、最高値を赤色で、最高値を記録した年度以降の最低値を青色で、最高値を記録した年度以前の最低値を緑色で表記している。

年度別収入実績
年  度 旅客運賃収入:千円/年度 運輸雑収
千円/年度
総合計
千円/年度
通勤定期 通学定期 定 期 外 手小荷物 合  計
1975年(昭和50年) 163,244 ←←←← 278,407 505 442,156 19,349 461,505
1976年(昭和51年)   ←←←←          
1977年(昭和52年)   ←←←←          
1978年(昭和53年)   ←←←←          
1979年(昭和54年)   ←←←←          
1980年(昭和55年) 203,825 ←←←← 386,096 1,014 590,936 52,790 643,727
1981年(昭和56年)   ←←←←          
1982年(昭和57年)   ←←←←          
1983年(昭和58年)   ←←←←          
1984年(昭和59年)   ←←←←          
1985年(昭和60年)   ←←←←          
1986年(昭和61年) 278,770 ←←←← 559,812 0 838,582 91,130 929,712
1987年(昭和62年) 257,581 115,349 683,953 0 1,056,883 93,966 1,150,849
1988年(昭和63年) 259,881 127,677 669,079 0 1,056,637 102,858 1,159,495
1989年(平成元年) 262,964 132,050 656,949 0 1,051,963 115,844 1,167,807
1990年(平成2年) 267,714 135,151 671,721 0 1,074,586 122,961 1,197,547
1991年(平成3年)              
1992年(平成4年)              
1993年(平成5年) 312,025 124,220 814,928 0 1,251,173 141,634 1,392,807
1994年(平成6年) 337,264 124,660 838,959 0 1,300,883 139,333 1,440,216
1995年(平成7年) 331,042 117,729 837,947 0 1,286,718 153,982 1,440,700
1996年(平成8年)              
1997年(平成9年)              
1998年(平成10年) 352,608 114,195 857,786 0 1,324,590 181,849 1,506,439
1999年(平成11年) 333,571 104,709 842,635 0 1,280,915 193,961 1,474,876
2000年(平成12年) 311,833 98,504 807,303 0 1,217,640 201,219 1,418,859
2001年(平成13年) 287,130 94,799 772,375 0 1,154,304 196,695 1,350,999
2002年(平成14年) 266,787 94,172 733,707 0 1,094,666 188,814 1,283,480
2003年(平成15年) 249,617 80,540 688,626 0 1,018,783 188,217 1,207,000
2004年(平成16年) 245,301 71,503 642,312 0 959,116 182,264 1,141,380
2005年(平成17年)              
2006年(平成18年)              
2007年(平成19年)              


本路線の収支は年間2億円の赤字となっていると、福岡市議会内で2009年に報告されている[3]

使用車両[編集]

西鉄発足後は幹線でないとして専用の新車が製造されず[4]、戦中戦後の1944年から1951年にかけて国鉄から車両を譲り受けたのちはすべて大牟田線(現・天神大牟田線)からの転属によりまかなわれている。博多湾鉄道汽船から引き継いだ車両およびもと国鉄の車両は1980年のワンマン運転開始により全廃されており、現存する車両はすべて大牟田線からの転用車両である。軌間が天神大牟田線と異なるため、台車を始め、主要機器は近年は主に西武鉄道など他社の廃車発生品を流用している。また連結器も天神大牟田線で使用されているトムリンソン式密着連結器ではなく、旧国鉄と同じ柴田式自動連結器を使用している。

1977年に入線した313形以降の新規入線車両の車体塗色は天神大牟田線の2000形と同じオキサイドイエローにボンレッド帯となっており、現在はこの塗装に統一されている。それ以前の車両は西鉄旧標準色の上半ベージュ、下半あずき色の塗装であった。また、313形までは車両番号の書体に、福岡市内線車両や北九州線連接車と同じくローマン体を用いていた。

西鉄新宮 - 津屋崎間廃止後は路線短縮に加え大幅減便が実施されたため、最ピーク時で7運用となり、これに検査予備分を加えても9編成あれば足りることとなった。600形全編成と313形2編成と300形1編成を除き、2007年後半に300形の検査期限切れが相次ぐことと老朽化を理由として、最後まで吊り掛け駆動方式で残っていた300形や313形を廃車することとなった。2006年9月より運用離脱していた316編成がトップを切って同年4月中旬より解体作業に入り、5月下旬までに廃車予定車すべてが解体された(これらの車両の廃車日はすべて2007年4月1日付)。なお、同月1日以降は日中時間帯のほとんどが600形で運用されるようになり、300形や313形はラッシュ時中心の運用となった。その後、2007年12月21日限りで3両編成での運用を取りやめ、すべての列車が2両編成での運用となった。

開業当初は非電化であり蒸気機関車客車貨車を牽引していたが、1929年、電化により旅客列車は電車化された。戦後の1949年に電気機関車を導入し、貨物列車も無煙化されたが、貨物輸送の廃止により電気機関車は消滅した。

現在の車両[編集]

過去の車両[編集]

車両数の変遷[編集]

1形 10形 20形 50形 300形 120形 313形 600形 計(冷房車)
1978 5 4 4 3 14 30
1982
-1984
6 11 8 25
1985 4 13 8 25
1986 7 13 8 28
1987 16 11 8 35(5)
1988 16 11 8 35(14)
1989 16 11 8 35(21)
1990 16 11 8 35(24)
1991 16 5 8 6 35(30)
1992
-2000
16 8 11 35(35)
2001
-2003
15 8 11 34(34)
2004 11 8 13 32(32)
2005 9 8 13 30(30)
2006 9 8 15 32(32)
2007 3 4 15 22(22)
2008
-2011
2 14 16(16)
  • 1978年は10月1日現在、82・83年は1月1日現在、84年以降は4月1日現在
  • 『私鉄車両編成表』各年版、ジェー・アール・アール

歴史[編集]

  • 1924年大正13年)5月23日 博多湾鉄道汽船が新博多(後の千鳥橋) - 和白間を開業
  • 1924年(大正13年)11月13日 唐の原駅廃止認可
  • 1925年(大正14年)7月1日 和白 - 宮地岳間が開業
  • 1925年(大正14年)7月15日 新香椎(現在の西鉄香椎) - 和白間に(臨)片男佐駅開業。廃止日不明。
  • 1927年-1930年頃 新博多 - 箱崎宮前間の千代町駅廃止
  • 1929年昭和4年)8月16日 全線を1500V電化
  • 1929年(昭和4年)11月1日 花見駅開業
  • 1935年(昭和10年)2月5日 箱崎松原 - 名島間に農科裏信号所開設
  • 1941年(昭和14年)4月1日 香椎福日園前駅(現在の香椎花園前駅)開業
  • 1942年(昭和17年)4月1日 香椎福日園前駅を運動場前駅に改称。
  • 1942年(昭和17年)9月19日 九州電気軌道に合併
  • 1942年(昭和17年)9月22日 西日本鉄道に改称、同社の宮地岳線となる
  • 1950年(昭和25年)4月20日 農科裏信号所を駅に変更し西鉄多々良駅(現在の貝塚駅)開業
  • 1950年(昭和25年)5月15日 新博多駅を西鉄博多駅に、新香椎駅を西鉄香椎駅に、新宮港駅を西鉄新宮駅に、新古賀駅を西鉄古賀駅に、筑前福間駅を西鉄福間駅に改称
  • 1951年(昭和26年)6月15日 名香野駅(現在の西鉄千早駅)開業
  • 1951年(昭和26年)7月1日 宮地岳 - 津屋崎間が開業。宮地岳駅移転
  • 1954年(昭和29年)3月5日 西鉄博多 - 西鉄多々良間を標準軌に改軌し600Vに降圧。西鉄博多駅を新博多電停に(1963年(昭和38年)に千鳥橋に改称)、箱崎宮前駅を箱崎浜電停に、西鉄多々良駅を競輪場前駅に改称。これにより同区間は事実上福岡市内線に編入され、貝塚線と呼ばれる(正式にはこの後も宮地岳線のままであった)
  • 1957年(昭和32年)5月13日 運動場前駅を香椎花園前駅に改称
  • 1958年(昭和33年)10月1日 古賀ゴルフ場前駅開業
  • 1959年(昭和34年)3月1日 香椎宮前駅開業
  • 1962年(昭和37年)11月1日 競輪場前駅を貝塚駅に改称
  • 1966年(昭和41年)10月26日 和白駅西方立体交差化
  • 1978年(昭和53年)10月1日 CTCATS使用開始
  • 1979年(昭和54年)2月11日 福岡市内線全廃に伴い、千鳥橋(元の西鉄博多) - 貝塚間を廃止
  • 1980年(昭和55年)9月1日 ワンマン運転開始
  • 1985年(昭和60年)8月30日 貝塚駅が津屋崎方に160m移転(新規で福岡市地下鉄と一体の駅施設建設のため)。営業キロ0.2km短縮
  • 1986年(昭和61年)11月1日 唐の原駅開業
  • 1986年(昭和61年)11月12日 福岡市地下鉄2号線(箱崎線)が貝塚駅まで開業。地下鉄乗り継ぎ対応のため宮地岳線各駅で発行される切符が磁気面があるものに切り替わる
  • 2000年平成12年)頃 立体交差事業に伴い、香椎宮前 - 西鉄香椎を仮線へ切り替え
  • 2003年(平成15年)3月15日 終電繰り下げ(貝塚駅発23:31→0:10)
  • 2004年(平成16年)8月2日 貝塚 - 香椎宮前間が経路変更。名香野駅を西鉄千早駅に改称、高架化。
  • 2006年(平成18年)5月14日 西鉄千早 - 西鉄香椎間が高架化(香椎宮前駅と西鉄香椎駅が高架駅に変更、多少の経路変更)。名島 - 香椎花園前間の営業キロ0.1km延長。この経路変更により、運賃が下がる区間では値下げされたが、上がる区間では値上げをせずに据え置いた
  • 2007年(平成19年)4月1日 西鉄新宮 - 津屋崎間を廃止し、貝塚線に改称。廃止区間は西鉄バス宗像が代替バスを運行
  • 2007年(平成19年)12月21日 この日限りでラッシュ時に残っていた3両編成での運用を取りやめ、すべての列車が2両編成となる
  • 2009年(平成21年)4月1日 駅業務のすべてを子会社の西鉄ステーションサービスに移管。西鉄香椎駅が管理駅となる
  • 2010年(平成22年)3月13日 ICカードnimoca導入

西鉄新宮 - 津屋崎間の存廃問題[編集]

部分廃止に伴う特別塗装車両(300形)西鉄福間駅

三苫ないしは西鉄新宮から津屋崎までの区間は鹿児島本線と国道が並行しており、2004年度の輸送密度は2,201人と、貝塚から西鉄新宮までの同年度の輸送密度9,557人の1/4という状況であった。西鉄側は福岡県及び沿線自治体に経営改善の協力要請をしていることが2005年1月に明らかになり、沿線自治体と経営改善策を検討してきたが、結局利用客は増加せず、2006年3月に西鉄新宮 - 津屋崎間の廃止が決定された。廃止は2007年4月1日で、同時に宮地岳駅が廃止されたため、宮地岳線から貝塚線に改称された。なお、廃止区間には代替バスが運行されている。代替バスによる三苫 - 津屋崎間の運賃は430円(同区間鉄道利用の場合は鉄道廃止時点で260円)である。

廃止対象区間の沿線は住宅街で、同じ西鉄の甘木線よりも本数が多く、系列の筑豊電鉄線などの成功事例を比べると好条件に見える。しかし、全線単線・普通列車のみ・車両が本線系統から転属した旧型車などで輸送力が低いこと、終点の位置が津屋崎という半端なところであること、現状は地下鉄と接続しているとはいえ都心に直通していないこと、新宮 - 津屋崎間は地下鉄との乗り継ぎ割り引きも適用されず、前述のようによかネットカードが使えないこと、国鉄民営化により並行しているJR鹿児島本線の近代化が進み、新駅の設置、新車の導入、快速・普通列車の増発などによって利用者離れが進み、赤字が続いていた。

福津市古賀市新宮町の住民から宮地岳線(当時)の存続を訴える6万人の署名が集まり、西鉄新宮 - 津屋崎間の第三セクター化などが検討されたが、西鉄側が三セクとの直通運転を行わないと明言したことや三セク設立には多額の費用が掛かることなどもあり、断念した。

2007年2月20日に宮地岳線一部区間廃止に伴う路線名変更および鉄道・バス運行概要が発表された。内容は、鉄道運行の概要として、廃止に伴って路線名称を「貝塚線」に改称すること、貝塚 - 西鉄新宮間の運行本数を平日83往復・土曜・休日73往復とすること(これにより平日の三苫 - 西鉄新宮間以外は減便)、運行間隔を平日ラッシュ時10分・オフラッシュ時および土曜・休日の終日は15分とする、ラッシュ時の列車の離合を見直し所要時分を短縮すること、日中時間帯(10 - 17時)の福岡市地下鉄箱崎線の西新方面直通列車と接続するなど利便性向上を図ることである。また、廃止区間についての代替路線バスの運行概要は、西鉄新宮駅から古賀、JR福間駅を経由して津屋崎橋までを結ぶ路線(1日40往復)や、平日の朝夕のラッシュ時間帯に都市高速を経由して天神と津屋崎を結ぶ路線、西福間三丁目からJR福間駅を経由して光陽台を結ぶ路線を新設することであった(しかし西福間三丁目-JR福間駅-光陽台の系統は赤字のため2009年4月1日に廃止)。

3月16日には、宮地岳線一部区間廃止の関連行事について発表された。概要としては、同月19日から31日まで宮地岳線全駅で今回廃止となる6駅の写真を入れた「記念乗車券」を発売する、19日より廃止当日まで車体をカッティングシートで装飾した記念電車(311+361編成)を運行する、西鉄新宮 - 津屋崎間の運行最終日の31日は廃止区間を終日無料運賃にて営業する、最終臨時電車の前に2本の臨時営業電車(津屋崎発)を運行(津屋崎駅23時22分発→貝塚駅24時05分着と津屋崎駅23時41分発→貝塚駅24時23分着)する、最終臨時電車を運行(津屋崎駅24時20分発→貝塚駅25時00分着で途中客扱いなしの運行、宮地岳駅で31日10時より「乗車整理券」を配布)する、津屋崎駅発の最終電車となる24時20分発貝塚行最終臨時電車の出発に先立って、31日23時50分から津屋崎駅にて「最終臨時電車出発式」を実施する、ことであった。

3月31日当日は、松林を走るローカル線との別れを惜しむ沿線住民や鉄道ファンが詰め掛けた。最終臨時電車出発式が4月1日午前0時すぎに津屋崎駅にて行われた。同駅の狭いホームは、深夜にも拘らず、写真撮影をする人や別れを告げに来た人達でいっぱいであった。社長の挨拶の後に最終電車が入線し、この電車は前述した通り、青い波のステッカーを装飾した記念電車(311+361編成)が充当され、「長い間のご愛顧ありがとうございました」とメッセージが入ったヘッドマークが取り付けられた。運転士が花束を受け取って乗車し、最後の乗客(整理券持参者)を乗せて貝塚電車営業所長の出発合図で貝塚へ向け発車した。

2008年までに廃止区間の線路撤去作業はほぼ完了した。

駅一覧・接続路線[編集]

全駅福岡県に所在。駅業務は西鉄ステーションサービスが行い、福岡管理駅の傘下にある。

駅名 駅間キロ 営業キロ 接続路線 所在地
営業中の区間
貝塚駅 - 0.0 福岡市交通局箱崎線 福岡市
東区
名島駅 1.4 1.4  
西鉄千早駅 1.1 2.5 九州旅客鉄道鹿児島本線千早駅
香椎宮前駅 0.5 3.0  
西鉄香椎駅 0.6 3.6  
香椎花園前駅 1.4 5.0  
唐の原駅 1.1 6.1  
和白駅 1.1 7.2 九州旅客鉄道:香椎線
三苫駅 1.8 9.0  
西鉄新宮駅 2.0 11.0   糟屋郡
新宮町
2007年廃止区間
古賀ゴルフ場前駅 2.0 13.0   古賀市
西鉄古賀駅 1.2 14.2  
花見駅 1.4 15.6  
西鉄福間駅 2.6 18.2   福津市
宮地岳駅 1.3 19.5  
津屋崎駅 1.4 20.9  

福岡市内線編入区間(1979年廃止)[編集]

※名称は福岡市内線編入直前のもの。編入後は西鉄福岡市内線を参照。千代町駅は1930年以前に廃止。

西鉄博多駅(後の千鳥橋) - (千代町駅) - 箱崎宮前駅(後の箱崎浜) - 箱崎松原駅 - 西鉄多々良駅(現・貝塚駅)

乗り継ぎ割引[編集]

福岡市地下鉄との乗り継ぎ割引を実施している。ただし、西鉄貝塚線各駅から地下鉄箱崎九大前駅間を利用する場合は、地下鉄の貝塚駅 - 地下鉄箱崎九大前駅間を「おとなりきっぷ」で利用した方が安くなる。詳細は以下のリンクを参照。また、終点の西鉄新宮駅は乗り継ぎ割引の対象外である。

なお、天神大牟田線との通過連絡運賃は設定されていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 福岡市:地下鉄箱崎線-西鉄貝塚線直通の車両整備費、概算で50億円 /福岡 - 毎日新聞、2010年1月16日、地方版。
  2. ^ 福岡市地下鉄と西鉄、三苫〜中洲川端・天神直通検討 - 読売新聞、2010年1月14日。
  3. ^ 2009年1月28日の福岡市議会交通対策特別委員会の質疑応答 [1] の質問13
  4. ^ 同じような状況にある路線として2007年に近畿日本鉄道から経営分離された養老鉄道養老線伊賀鉄道伊賀線がある。

参考文献[編集]

  • 今尾恵介監修『日本鉄道旅行地図帳 12号 九州沖縄』新潮社、2009年
  • 寺田裕一『データブック 日本の私鉄』ネコ・パブリッシング、2002年
  • 西日本鉄道株式会社『にしてつ100年の歩み《西日本鉄道百年史ダイジェスト版》』2008年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]