天神駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天神駅
駅名板 2007年(平成19年)8月7日撮影
駅名板
2007年(平成19年)8月7日撮影
てんじん - Tenjin
K07 赤坂 (0.8km)
(0.8km) 中洲川端 K09
所在地 福岡県福岡市中央区天神1丁目
駅番号 K08
所属事業者 福岡市交通局
所属路線 空港線
キロ程 7.3km(姪浜起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
68,201人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1981年(昭和56年)7月26日
乗換 天神南駅福岡市地下鉄七隈線
西鉄福岡(天神)駅
西鉄天神大牟田線
コンコース
(2004年(平成16年)12月11日)
4番出入口
(2008年(平成20年)3月)

天神駅(てんじんえき)は、福岡県福岡市中央区天神二丁目に所在する福岡市地下鉄空港線。福岡市の繁華街に位置し、七隈線や西鉄天神大牟田線との乗換え駅として機能している。駅番号はK08。

駅のシンボルマークは福岡市出身のグラフィックデザイナー、西島伊三雄がデザインしたもので、5つの丸を円形に並べたもので天神様菅原道真)を意味するの花をイメージしている。

駅構造[編集]

明治通りの天神交差点周辺直下に位置する。

地下1階に天神地下街と連続するコンコース改札口、地下2階に島式1面2線のホームがある。 改札口は地下街を挟んで東側に東口、西側に中央口と西口の3箇所で、改札機は全部で42機ある。 地上と地下の出入り口は16箇所ある。

七隈線天神南駅へは一回改札口を出て天神地下街を歩く構造になっている。

のりば[編集]

のりば 路線 行先
1 空港線 博多福岡空港貝塚方面
2 空港線 西新姪浜唐津方面

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗車人員は68,201人である[1]。空港線の駅として、また福岡市交通局の駅として第1位である。

  • 七隈線天神南駅からの1日平均乗継人員は7,884人で、乗継人員をのぞいた1日平均乗車人員は60,317人である。

近年の1日平均乗車人員の推移は下表のとおりである。

年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗継人員
合計
2001年(平成13年) 61,912 61,912
2002年(平成14年) 60,611 60,611
2003年(平成15年) 58,931 58,931
2004年(平成16年) 57,921
2005年(平成17年) 55,592 4,905 60,497
2006年(平成18年) 57,541 5,625 63,166
2007年(平成19年) 58,241 6,021 64,262
2008年(平成20年) 58,570 6,397 64,967
2009年(平成21年) 56,516 6,453 62,969
2010年(平成22年) 58,006 7,060 65,066
2011年(平成23年) 58,601 7,730 66,331
2012年(平成24年) 60,317 7,884 68,201

駅周辺[編集]

商業施設

交通

公共機関、サービス等

ホテル

歴史[編集]

七隈線乗り換え[編集]

七隈線へは一旦改札を出て、天神地下街を介して天神南駅で乗り換えとなる。天神駅の改札内を出場してから120分以内に天神南駅の改札内に入場する場合に限り、天神駅と天神南駅を“同一駅扱い”とし、営業キロを通算した運賃で乗車することができる[2]。ただし、普通乗車券で乗車する場合は、乗り換えのために天神南駅で出場する際に緑色に塗られた乗り換え専用改札機から出場しないと、乗車券が改札機により回収されてしまう。カードで乗車する場合は、どの改札機でも営業キロの通算が可能である。乗り換え時間を利用して買い物や用務などをすることが可能だが、単純に乗り換え目的だけで利用する場合は不便であるとの評価がある[3]。乗り継ぎ客の利便を図るため、天神・天神南の両駅事務所で荷物用カートやベビーカーを貸し出している[2]

隣の駅[編集]

福岡市交通局
空港線
赤坂駅 (K07) - 天神駅 (K08) - 中洲川端駅 (K09)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 経営状況 運輸実績 1日平均駅別乗車人員 - 福岡市交通局
  2. ^ a b のりかえのご案内>天神-天神南/福岡市交通局
  3. ^ http://kyushu.yomiuri.co.jp/news-spe/20090507-606401/news/20090702-OYS1T00623.htm[リンク切れ]

外部リンク[編集]