津屋崎駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
津屋崎駅
津屋崎駅(2007年1月14日)
津屋崎駅(2007年1月14日)
つやざき - Tsuyazaki
宮地岳 (1.4km)
所在地 福岡県福津市津屋崎
所属事業者 西日本鉄道
所属路線 宮地岳線
キロ程 20.9km(貝塚起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
1,156人/日
-2006年-
開業年月日 1951年昭和26年)7月1日
廃止年月日 2007年平成19年)4月1日

津屋崎駅(つやざきえき)は、かつて福岡県福津市津屋崎に存在した、西日本鉄道宮地岳線。宮地岳線(現・貝塚線)の延伸により同線の終着駅となり、同線の区間廃止に伴い廃駅となった。

歴史[編集]


駅構造[編集]

ホーム(2006/08/29)
「電車延長記念」の石碑(2007/03/30)

島式ホーム1面2線を有する地上駅有人駅であった。標高3.9 m に位置。 夜間は1番線に1本、2番線に2本、合わせて3本の列車夜間滞泊していた。

1980年代線路終端側に新たに道路が整備され、その用地提供のため駅が移動された[1]。駅舎と分岐器を貝塚方へ移動、旧ホーム中程の一部は再利用され、貝塚方が新規に延長された。右写真の奥側でホームが切り接がれている。この時作られた道路は福岡県道26号の一部となり、1993年平成5年)に国道495号に昇格している。

車止めに向かって左側に駅舎があった。「電車延長記念」の石碑が駅の脇に建てられたが、現在は線路、駅舎、ホームが全て撤去され、石碑だけが残っている。 駅の敷地は2014年に全18区画の分譲住宅地となっている。

利用状況[編集]

1日の平均乗車および乗降人員は下表のとおり[2]

年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
2000年 904 1,586
2001年 871 1,521
2002年 745 1,493
2003年 675 1,352
2004年 625 1,249
2005年 600 1,203
2006年 578 1,156

駅周辺[編集]

津屋崎町の中心部にあたる。駅の頭端の前を国道495号が通っている。

  • 東郷神社 - 西へ約1.8km
  • 福津市役所津屋崎庁舎 - 東へ約300m
  • 福岡県立水産高等学校 - 西へ約1km
  • 津屋崎海水浴場 - 南西へ約300m
  • 福津市立津屋崎中学校 - 南東へ約600m
  • 福津市立津屋崎小学校 - 北へ約600m
  • 津屋崎郵便局 - 北へ50m

その他[編集]

隣の駅[編集]

西日本鉄道
宮地岳線
宮地岳駅 - 津屋崎駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本の私鉄 (16) - 保育社カラーブックス(1982年刊)
  2. ^ 福岡市統計書 (都市圏の概況) 福岡都市圏の私鉄各駅乗降人員

関連項目[編集]