香椎花園前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
香椎花園前駅
駅舎(2014年4月)
駅舎(2014年4月)
かしいかえんまえ - Kashiikaen-mae
西鉄香椎 (1.4km)
(1.1km) 唐の原
所在地 福岡市東区香住ヶ丘六丁目
所属事業者 西日本鉄道
所属路線 西鉄貝塚線
キロ程 5.0km(貝塚起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
2,878人/日
-2012年-
開業年月日 1941年昭和19年)4月1日[1]

香椎花園前駅(かしいかえんまええき)は、福岡県福岡市東区香住ヶ丘六丁目にある西鉄貝塚線

福岡市地下鉄箱崎線貝塚延伸時までは、当駅折り返し電車が設定されていた(貝塚延伸後は三苫発着に変更)。また、車内放送では「香椎花園前、花園前」と案内される。

歴史[編集]

駅構造[編集]

西鉄新宮側に向かって左側に駅舎があり、相対式1面2線の配線を持つ地上駅

2007年の一部廃止までは2面2線であり、ホーム配置は構内踏切を挟んで斜向かいになっていた。これは駅でタブレット交換作業をしていた名残である。

2007年4月1日の西鉄新宮 - 津屋崎間廃止後は、営業列車では駅舎側のホーム・線路のみの使用で2番線は使用停止となり、ホームの撤去及び法面復元工事が行われたが線路はそのまま残され、貝塚始発の試運転列車が当駅で折り返している。

斜向かいに配置されたホーム(2006年10月)・現在は向かって右側のホームは撤去されている
試運転列車と営業列車の交換(2014年5月)

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗降人員は2,878人である。各年度の1日平均乗車および乗降人員は下表のとおり[2]

年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
1996年 2,712 5,348
1997年 2,477 4,926
1998年 2,312 4,592
1999年 2,038 4,186
2000年 1,942 3,984
2001年 1,819 3,745
2002年 1,833 3,666
2003年 1,601 3,197
2004年 1,488 2,978
2005年 1,441 2,879
2006年 1,438 2,874
2007年 1,306 2,611
2008年 1,326 2,649
2009年 1,290 2,581
2010年 1,345 2,689
2011年 1,342 2,682
2012年 1,438 2,878

駅周辺[編集]

かしいかえん

駅舎を出て左側へ歩くとかしいかえんがある。駅周辺には住宅地が広がっている。

その他[編集]

駅の駐輪場は無料。

記念スタンプが設置されている。

以前、当駅に到着する列車は車内放送に先立ち、西鉄新宮行きはチューリップの「心の旅」、貝塚行きは同じく「サボテンの花」のオルゴールチャイムを鳴らしていた。

隣の駅[編集]

西日本鉄道
貝塚線
西鉄香椎駅 - 香椎花園前駅 - 唐の原駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 今尾恵介監修『日本鉄道旅行地図帳 12号 九州沖縄』新潮社、2009年、p.36
  2. ^ 福岡市統計書 (運輸・通信) 私鉄各駅乗降人員

関連項目[編集]

外部リンク[編集]