ラッピング車両

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラッピング車両(ラッピングしゃりょう)とは、あらかじめ広告を印刷したフィルム(ラッピングフィルム)を車体に貼り付けるラッピング広告を施されたバス鉄道車両などのことである。

野外の看板などと同様に、都道府県政令指定都市中核市の屋外広告物条例の規制を受ける例が大半である。

なお、塗装による広告の車両は本来はこの名称の対象外であるが、この項目では交通機関の車体全面を使った広告について、広く取り扱う。

概要[編集]

2000年4月に当時の石原慎太郎東京都知事の発案により、東京都交通局路線バス都営バス)に登場した時、マスメディアを通じて「ラッピングバス」の名称が広く使われ、一般に普及した。

しかし、営業収入の赤字を補うため、バスなど車両の車体全面を広告媒体にする手法は、都営バスが最初ではない。それ以前より世界的に行われていた。

日本の路線バスに限っても、1970年代から全国各地の地方路線バス事業者(青森市交通部くしろバス京阪バス、琉球バス(現琉球バス交通)など)で見られた。他の交通機関に広げれば、1964年長崎電気軌道路面電車で実施されており、現在では路面電車やバスにおける全面広告は一般的な存在になっている。

しかし、当初の全面広告は塗装によるものであり、施工に多大な手間を要するため、短期間の広告には不向きであった。また、デザインにおいても制約が大きかった。

それに代わって、1990年代中頃からフィルムを使う方法が普及している。まずあらかじめ粘着フィルムに広告を印刷し、そのフィルムを車体に貼り付ける。その際、フィルムは部分的に切り取るなどし、ドアなどの可動部を支障したり、エンジン放熱用の穴をふさいだりすることがないように処理する。側面や後部の窓もメッシュ状のフィルムを使用することで、車内からの視界を損なわずに装飾に使うことが可能になっている。塗装に比べて施工や契約終了後の撤去作業が容易であるため、イベントや新製品などの短期間の広告にも向く。ただしこの方法は高速で移動し気圧の激しく変化する旅客機や、高速列車には全面に用いることは出来ない。

このように、車両をフィルムで包み込む(wrap)ことから「ラッピング車両」と名づけられている。

広告の問題点[編集]

屋外広告条例やラッピングの内容で問題となることもある。日本では主に京都市内では街の景観を維持するため屋外広告が規制され、京都市交通局を初めとする京都の中心街を走行する路線バス各社は、京都の印象や景観にそぐわないラッピング車両の多くが短期間で契約解除となった例がある。また、小田急電鉄3000形藤子・F・不二雄作品のラッピング編成が東京都の指摘により、予定より大幅に早くラッピングを解除する事例も出ている(その後、デザインを変えて復活している)。

媒体別の利用状況[編集]

バス[編集]

前述のように、一部の地方事業者で少しずつ採用されていたが、2000年に東京都交通局が路線バスに採用したことで、これまで全面広告バスのなかった土地にも普及し、現在では日本各地で見られるようになっている。公営・私営とも経営が苦しい事業者が多いため、運賃収入以外の収益源を確保する目的のラッピング車両の運行に際して、前述の東京都などで屋外広告物条例が改正された事例がある。

一般路線バスに広告を貼り付けるケースが大半だが、一部では高速バス観光バスコミュニティバスにラッピングを行っているケースもあり、宣伝のために乗客を乗せずに駅前などの繁華街を巡回する場合もある。特異例としては、メーカーから、他のバス事業者へ短期間貸し出された車輌にそのバス事業者の塗装のラッピングをして、他の車輌と塗装をそろえたケースもある。

車体全体を広告フィルムで覆うことから、バス停留所にいる利用者からは運行しているバス会社が分からなくなる弊害があるため、正面だけフィルムを貼らずそのままにしたり、側面の窓やドア付近にバス会社名を表示する事業者が多い。中には、京阪宇治バスの一部車両の様に、後面のみをラッピングし、側面と正面には行わない例もある。

タクシー・ハイヤー[編集]

日の丸交通「アディダス円陣タクシー」

タクシーハイヤーにもごく少数ながらラッピング車両が存在する。

日本では北海道厚岸郡浜中町の霧多布中央ハイヤーの車両のうち2台が2012年よりルパン三世のラッピングハイヤーとなっている[1]。 東京都の共同無線タクシー協同組合では、2012年のマレーシア独立55周年を記念して加盟タクシー100台にマレーシア政府観光局の観光キャンペーンのラッピング装飾を施している[2]日の丸交通では、アディダスがスポンサーとなり2014年のFIFAワールドカップサッカー日本代表を応援する「円陣タクシー」として、ユニフォームをイメージした青のラッピング装飾が11台のトヨタ・プリウスに施される。[3]

鉄道[編集]

路面電車ではない鉄道車両でも、都道府県や政令指定都市の屋外広告物条例の規制を受ける形であるもの、同様な手法で広告媒体として鉄道事業者が用いる場合がある。このような事例として古くは江ノ島電鉄近畿日本鉄道のアートトレイン(アートライナー)等がある。

鉄道車両の車体外部を使った広告の場合、バスや路面電車のような車体のほぼ全体を覆ったものは少なく、多くはドア周辺や窓の下などに帯状やスポット的に広告フィルム(ポスター)を張る手法である。また、1編成が同じ広告主(スポンサー)で統一されるものがほとんどであるが、女性専用車を実施している路線では編成中の該当車輌に対し女性向けの商品(化粧品等)のラッピングをするという事例もある(大阪市交通局など)。

2002年東京都屋外広告条例が緩和され、鉄道車両へのラッピング広告が可能になって以来、ADトレインなどが日本の至る地域で見掛けられるようになった。

古くは1987年にJR東日本がコカ・コーラ社と契約し、全面広告の115系一編成を信越本線で運用していた例(通称「コカ・コーラ電車」)もある。なお、この全面広告編成では車内に自動販売機も設置されていた。

路面電車においては基本的にバス同様、車体のほぼ全体に広告を印刷したフィルムを張る手法である。バス同様に公営・私営とも経営が苦しいところが多いため、運賃収入以外の収益源を確保する目的で、ほとんどの路線で全面広告車両が運行されている。なお鉄道雑誌などではラッピング車両なる呼称が定着する以前から、「広告電車」という呼称が広く使われていた。

航空機[編集]

かつてスカイマークエアラインズ(現スカイマーク)など新規参入会社で、初期の頃に機体全体を使った広告機[4][5][6](スポンサーはYahoo!DirecTVなど)が存在したが、2010年時点でこの形のものは存在していない。

純粋な広告とは言いにくいが、航空会社と外部企業などとの提携によるイベント的な塗装(オリンピックFIFAワールドカップなど国際的なスポーツイベントに関連するもの、ポケモンディズニーなどのキャラクターをあしらったものが多い)がされることがある。

機体に直接色を塗る方法と、あらかじめ印刷されたフィルムを貼る方法があり、『お花ジャンボ』は塗装で18日間かかった。フィルムは住友スリーエムが大手メーカーで『JAL悟空』はフィルム210枚を使用している。

広告型・キャンペーン連動型[編集]

機体を広告として用いるもの、またはある特定のキャンペーンの一環として塗装されるもの。

映画「キャプテン・ハーロック わが青春のアルカディア」の公開キャンペーン。ミステリーツアーとして目的地を事前に明かさず、広告機で鹿児島まで飛行し、種子島でのキャンプを行うという企画が実施された。

航空会社のキャンペーン型[編集]

航空会社自身の広告宣伝としてキャラクター等を使用するもの。

全日本空輸国内線搭乗旅客数5億人を記念した塗装でデザインは小中学生から公募され20110点の応募の中から千葉県の小学6年生のデザインが採用された。1995年5月に塗装終了。
  • 1993年12月 全日本空輸767-300 『マリンジャンボJr』
1995年に塗装終了。
1995年12月に運行終了。
1997年5月に運行終了
  • 1997年11月 全日本空輸747-400 1機、747SR 1機計2機 スヌーピージェット1998
1998年5月に運行終了
1998年の夏休み限定予定の予定であったが好評のために延長。
  • 1999年2月 全日本空輸国際線用747-400 『ポケモンジェット』
  • 1999年6月 全日本空輸747-400 1機、767-300 2機計3機 ポケモンジェット(新デザイン『ポケモンジェット99』追加)日本国内合計6機
  • 1999年7月 日本航空 GLAYジャンボ(羽田函館線10周年記念)
同年9月で運行終了
デザインは小学生から公募し兵庫県の小学生の案が採用。
  • 2005年 日本航空 ムシキング
  • 2005年 日本航空 悟空ジェット
  • 2006年 日本航空 ドイツワールドカップ サムライブルー
  • 2006年 日本航空 先得塗装(イメージキャラクターの相武紗季の写真を使用)
  • 2007年4月 日本航空 「ワンワールド 加盟記念特別塗装機」
  • 2009年12月 全日本空輸767-300 モヒカンジェット
  • 2010年 日本航空 JALJET
  • 2010年 日本航空 JALドラえもんジェット
  • 2010年 日本航空、全日本空輸「JAPAN.Endless Discovery.」(ビジット・ジャパン・キャンペーン)
  • 2011年 日本航空 JAL嵐JET2011
  • 2011年7月 全日本空輸777-300 ポケモンジェット(新デザイン『ピース★ジェット』追加)日本国内合計9機
  • 2011年11月 日本航空 JAL怪物くんJET
  • 2012年 日本航空 JAL嵐JET2012
  • 2012年12月 日本航空 JALドラえもんジェット2013
  • 2013年3月 日本航空777,737の計6機 ミッキーマウス他のディズニーキャラクター『JALハピネスエクスプレス』

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「北海道浜中町・ルパン三世はまなか宝島プラン」ルパン三世ラッピング列車・バス・ハイヤーの紹介 - 浜中町
  2. ^ 「マレーシア独立55周年記念 ラッピングタクシー走行中」 - 共同無線タクシー協同組合、2014年4月26日閲覧
  3. ^ 「“プレミア円陣タクシー”運行!乗車すると「手帳」ゲット」 - サンスポ.com 2014年3月11日
  4. ^ 機材広告_マイクロソフト/JA767B ※:現在は通常塗装に戻されている。
  5. ^ 機材広告_ヤフージャパン/JA767A ※:現在は通常塗装に戻されている。
  6. ^ 機材広告_USEN/JA767A ※:現在は通常塗装に戻されている。

関連項目[編集]

  • 広告宣伝車
  • 宣伝車(宣伝カー) - トラックの荷台を改造し、ラッピング広告を施した車を繁華街に走らせる広告の一手法。
  • 広告貸切列車
    共に鉄道事業者による広告用途に1編成貸し切る形で運行されるもの。ただし、一般運用されており乗客の選別は行っていない。
  • ベロタクシー - 都市部を運行する自転車タクシー。主にラッピング広告による収益によって運営が行われている。
  • アジ電車 - 1960年代(昭和40年代)の日本国有鉄道の労使紛争が酷かった時代、アジテーション(扇動)の言葉を落書きのように書きなぐったり、労組の宣伝ビラを貼り付けて使用されていた車両。
  • スカイマーク - かつて広告入り航空機を就航させ、その広告で得られた収入を運営費の一部に充てていた格安航空会社
  • バイナルグラフィックス
  • 痛車(いたしゃ) - 広告としての方向性を追求するというよりは、自分たちの趣味性をアピールする目的で、おもにおたくと呼ばれる人たちがアニメゲームギャルゲーなど)のキャラクターの図柄をボディ部にあしらった自動車。一部からはアニメなどのラッピング車両を「痛電(いたでん)」と呼ばれているほか、同様の趣向を凝らした自転車を「痛チャリ(いたちゃり)」とも呼ばれている。
  • 痛タク - 車体にキャラクターなどをラッピングしたタクシー。代表的な例では地域活性化を目的に無料広告活動を行う。

外部リンク[編集]