きらめき (列車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
きらめき
「きらめき」に用いられる787系
「きらめき」に用いられる787系
運行事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
列車種別 特急列車
運行区間 門司港駅小倉駅 - 博多駅
経由線区 鹿児島本線
使用車両
(所属区所)
787系電車南福岡車両区
783系電車(南福岡車両区)
運行開始日 2000年3月11日
備考 2014年3月15日現在

きらめきは、九州旅客鉄道(JR九州)が門司港駅小倉駅 - 博多駅間を、鹿児島本線経由で運行する特急列車である。

概要[編集]

特急「きらめき」は、2000年3月11日にそれまで「つばめ102号」「にちりん101号」として運行されていた、博多駅→門司港駅間運行の特急に独立した列車名を与える形で設定された。翌年には「ホームライナー・エアポートライナー」などの乗車整理券が必要な快速列車をすべて「きらめき」に編入し、種別統一を図った。ただし、「ホームライナー」時代は乗車整理券300円で着席が保証されたが、「きらめき」は普通車自由席のみとしたため、特急券500円(25kmまでは300円)を払っても着席が保証されなくなった。そのため、連結両数が各列車の走行時間帯の需要より多めに設定されていた。

運行当初から前身の列車を受け継ぐ形でホームライナーに近い形態で運行され、朝もしくは夕方以降の運行に限られてきたが、2011年3月12日九州新幹線鹿児島ルートの全線開業に伴い廃止された「リレーつばめ」「有明」の門司港駅・小倉駅 - 博多駅間は「きらめき」に編入する形で存続することになり、日中の運転も含めて本数が大幅に増えた[1]

なお、「きらめき」の列車名は1988年から1997年まで、西日本旅客鉄道(JR西日本)が北陸本線米原駅 - 金沢駅間で運行する速達形特急の愛称に用いられていた(「しらさぎ」の項を参照)。ほかのJRで採用されていた特急列車の名称を全く別系統の特急列車の名称に採用するという比較的珍しいケースである[注 1]

運行概況[編集]

783系の「きらめき」の側面方向幕

門司港駅 - 博多駅間下り3本(土曜・休日5本)・上り7本、小倉駅 - 博多駅間下り8本・上り7本の計下り11本(土曜・休日13本)・上り14本が運行されている。下りが土曜・休日に2本増えるのは、平日に12両編成で運行している3・5号を土曜・休日にそれぞれ2本の列車に分けて運行している[注 2]ためで、土曜・休日基準で下りが上りより1本少ないのは小倉駅 - 博多駅間で「にちりん(シーガイア)」との合計で本数をそろえるため[注 3]である。小倉駅 - 博多駅間では「ソニック」2本、「きらめき」1本により特急の毎時3本運転を行っているが、2014年3月15日のダイヤ改正で日中の「きらめき」が3往復削減されたため、この原則は一部崩れた。

九州新幹線鹿児島ルートの全線開業以前は下り3本(土曜・休日4本)・上り7本の運行で、ほとんどの列車が門司港駅発着で運行されていた。

停車駅[編集]

門司港駅 - 門司駅 - 小倉駅 - 戸畑駅 - (八幡駅) - 黒崎駅 - 折尾駅 - 赤間駅 - (東郷駅) - (福間駅) - (香椎駅) - (吉塚駅) - 博多駅

  • ( )は一部の列車のみ停車
  • 時期によってスペースワールド駅に臨時停車する列車がある。
  • ( )を含めたこの停車駅は2000年までの快速列車停車駅とほぼ同等である。

使用車両・編成[編集]

2014年3月15日現在の編成図
きらめき
← 博多
小倉・門司港 →
1・16・20・21号(787系)
1 2 3 4 5 6 7
DX, G G個4 自・b
2 - 4・6 - 15・17 - 19・22・28・103号(787系)
1 2 3 4 5 6
DX, G G個4 自・b
  • 3号は平日のみ上記編成を2本連結(増結編成は7 - 12号車として運行、8号車は自由席。6・7号車間の通り抜けは不可)
5・24号(783系)
1 2 3 4 5 6 7 8
G G
  • 1 - 4号車は「ハウステンボス」編成、5 - 8号車は「みどり」編成で運転(4・5号車間の通り抜けは可)
  • 5号は平日のみ下記の旧「にちりん」編成を9 - 12号車として連結(8・9号車間の通り抜けは不可)
26・101号(783系)
1 2 3 4
G
  • 旧「にちりん」編成で運転

  • 全車禁煙
  • 座席種別は変更される場合がある
凡例
G=グリーン車座席指定席
G個4=グリーン車4人個室(座席指定席)
DX=DXグリーン席(座席指定席)
指=普通車座席指定席
自=普通車自由席
b =普通車4人用ボックスシート(自由席)

南福岡車両区に所属する787系電車783系電車(ハイパーサルーン)が充当されている。783系は各車両とも中央の乗降口を境に博多寄りのA室と小倉・門司港寄りのB室に分かれており、駅や車内でもそのように案内されている。

運行開始当初は通勤時間帯にのみ運転されるという使命を持っていたため、ほかの特急列車の間合い運用によって運行されており、九州新幹線鹿児島ルート全線開業直前の2011年2月時点では以下の車両により運行されていた。

  • 783系(2001年より充当)
    • みどり」+「ハウステンボス」編成:1往復
    • CM35編成:1往復
      • なお平日の下り列車は「ハウステンボス」編成+「みどり」編成+CM35編成(3編成連結)による1本の列車として運行。
  • 787系(運行開始当初より充当)
    • 「リレーつばめ」編成:上り2本
    • 「有明」6両編成:下り2本・上り1本
    • 「有明」4両編成:上り1本
  • 883系(「ソニック」編成。2008年の一時期および2009年より充当):上り1本

2011年3月12日の鹿児島ルート全線開業以降は引き続き783系での運行となった2往復(平日は下り1本・上り2本)を除き、すべての列車が「リレーつばめ」「有明」から捻出された、DXグリーン・グリーン車4人個室を連結した787系6両編成による運行となっている。なお3号は平日のみ2編成連結で運行し、土曜・休日は2本に分けて3・103号として運行する。2014年3月15日のダイヤ改正では長崎本線系統の優等列車に充当される787系が7両編成に増結されたのを受け、「きらめき」でも2往復について7両編成で運行されるようになった。

783系はCM35編成が旧「にちりん」編成に変更された以外は、2011年3月11日以前の運用をそのまま引き継いで運行している。

運行開始当初から2005年までと、2008年から2009年までは885系電車も充当されていた。なお2005年までは「かもめ」編成、2008年から2009年は「ソニック」編成での運行であった。


利用状況と競合交通機関[編集]

福岡市北九州市小倉)を結ぶ交通機関としては、ほかに西日本旅客鉄道(JR西日本)が博多駅 - 小倉駅間で山陽新幹線を、西日本鉄道(西鉄)が天神小倉北区を結ぶ高速バスなかたに号」「ひきの号」「いとうづ号」を運行している。山陽新幹線は同区間を約20分で結び、「こだま」の一部には両駅間のみ運行する列車も設定されている。また、西鉄の高速バスは運賃をJR九州の普通運賃よりも安い1,100円としているほか、運行本数では高速バス路線として日本最多となる高頻度運行となっており、福岡市の中心市街地である天神や中洲の複数箇所および、小倉北区内の駅から離れた地域からの利用も可能となっている。

これに対し、JR九州は門司港駅・小倉駅 - 博多駅間には特定特急料金(自由席510円)を設定しているほか、2枚きっぷ・4枚きっぷなどの特別企画乗車券を発売するなど、実質的な割引を行っている。一方で、同区間において山陽新幹線や高速バスのルートから外れており直接競合しない赤間駅にも停車している。

沿革[編集]

  • 2000年平成12年)3月11日:JR九州が門司港駅 - 博多駅間を鹿児島本線経由で運行する特急「きらめき」が運転開始。当時は上り2本の設定で、787系電車885系電車を使用。
  • 2001年(平成13年)3月3日:博多駅発着の「ホームライナー」系統を全て「きらめき」に統合し、下り2本・上り5本の運転となる。783系の使用を開始。小倉駅発着列車も設定。
    • このときの「ホームライナー」の特急格上げ及び「にちりん」の博多駅撤退により、博多駅に発着する485系電車使用の定期列車は消滅。
  • 2003年(平成15年)3月15日:それまで小倉駅 - 水前寺駅間で運行していた「有明」1号の博多駅以北が「きらめき」1号として独立し、下りは3本の運行となる。
  • 2004年(平成16年)3月13日:前年独立した「きらめき」1号は、「リレーつばめ」に編入され、下りは2本の運転に戻る。
  • 2005年(平成17年)
    • 3月1日:上り1本を中津駅行きの「ソニック」に変更し、上りは4本の運転となる。885系の充当は終了。
    • 10月1日:「きらめき」が1往復増発し、下り3本・上り5本の運転となる。
  • 2007年(平成19年)3月18日:全列車全車両が禁煙とされる。
  • 2008年(平成20年)
    • 3月15日:「きらめき」が上り1本増発され、下り3本・上り6本になる。883系の使用開始。
      • 883系で運行される6号は、翌日の朝に運転される小倉駅始発の「ソニック」201号の送り込み列車を兼ねるが、「ソニック」系統以外の定期特急列車に883系が充当されるのは「きらめき」6号が初めてになる。またこれにより、「きらめき」はJR九州が開発した特急形電車(783系・787系・883系・885系)がすべて所定のダイヤ上で定期列車に充当された経験を持つ初めての列車となった(車両不足時の臨時充当も含めれば「ソニック」もこれに該当する)。
    • 7月19日:「きらめき」6号→「ソニック」201号の運用を885系電車に変更。これにより883系は4か月で「きらめき」から撤退し、代わりに885系が3年4か月ぶりに「きらめき」運用に復帰。
  • 2009年(平成21年)3月14日:1往復増発し(下りは土曜・休日のみの運転)、下り3 - 4本・上り7本の運行となる。また「ソニック」の車両運用の変更に伴い885系は再び撤退し、代わりに883系が「きらめき」運用に復帰。
  • 2011年(平成23年)3月12日:ダイヤ改正。「リレーつばめ」の廃止・「有明」の大幅削減を受けて、両列車の門司港駅・小倉駅 - 博多駅間を編入する形で「きらめき」が増発され(増発列車には「リレーつばめ」「有明」同様に787系6両編成を充当)、下り14本(土曜・休日は16本)・上り17本の運行となり、日中毎時1本の運転になる。日中毎時2本運転される「ソニック」と合わせて、ダイヤ改正前同様に小倉駅 - 博多駅間で毎時3本の特急が運転される[1]
  • 2012年(平成24年)7月2日 - 9月7日:電力不足による節電対策として、平日に限り日中の3往復を運休する[2]
  • 2014年(平成26年)3月15日:ダイヤ改正。日中の小倉駅発着3往復を削減し、下り11本(土曜・休日は13本)・上り14本の運行とする[3]。また、787系充当列車のうち2往復を7両編成とする。

脚注[編集]

注記[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新幹線がらみであれば、東京 - 九州間の寝台特急の列車名から新幹線の列車名に転じた「さくら」「はやぶさ」の例がある。
  2. ^ 平日の3号運用編成(787系12両)を3号(6両)と103号(6両)に、平日の5号運用編成(783系12両)を5号(8両)と101号(4両)に分割して充当している。
  3. ^ 博多駅発着の「にちりんシーガイア」は博多駅発1本、博多駅行き2本の運行で、別に小倉駅始発の「にちりん」が運行されているため、「にちりん」系統としては博多駅→小倉駅間の運行本数が1本少ない。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平成23年春ダイヤ改正(別紙詳細) (PDF) - 九州旅客鉄道ニュースリリース 2010年12月17日
  2. ^ “今夏における節電対策について” (PDF) (プレスリリース), 九州旅客鉄道, http://www.jrkyushu.co.jp/save_energy.pdf 2012年6月26日閲覧。 
  3. ^ 平成26年春ダイヤ改正 (PDF) - 九州旅客鉄道ニュースリリース 2013年12月20日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]