西唐津駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西唐津駅*
駅舎(2005年3月撮影)
駅舎(2005年3月撮影)
にしからつ - Nishi-Karatsu
唐津 (2.2km)
所在地 佐賀県唐津市二タ子二丁目1-15
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 唐津線
筑肥線直通含む)
キロ程 42.5km(久保田起点)
電報略号 ニシ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
474人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1898年明治31年)12月1日
備考 業務委託駅
* 1905年に妙見駅から改称。
北側から構内を見る
構内にある車両基地(唐津運輸センター

西唐津駅(にしからつえき)は、佐賀県唐津市二タ子二丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)唐津線である。同線の終着駅となっている。

筑肥線の東側区間(姪浜 - 唐津間)を運行する列車のうち、半数以上の列車が当駅まで乗り入れる。また、朝夕には筑肥線の西側区間(山本 - 伊万里間)の列車も乗り入れる。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を持つ地上駅であるが、構内は広く側線が多数ある。これらの側線は唐津鉄道事業部唐津運輸センターとなっており、特に筑肥線で運用する電車が多数留置されている。なお、唐津線唐津駅から当駅までの1駅間のみ電化されている。

駅舎はコンクリート造り平屋で、中には出札窓口や飲み物などの自動販売機のほかに出札窓口隣に駅員が物を販売する簡易な売店がある。当駅は改札等の業務をJR九州の完全子会社であるJR九州鉄道営業が行う業務委託駅となっている。マルスは無いがPOS端末の設備があるほか、自動券売機(1台)とSUGOCA専用簡易改札機が設置されている[要出典]

当駅には唐津線や筑肥線の西側区間を扱うCTCセンターが併設されており、列車運行管理や駅構内での車両入換えなどの運行管理業務についてはJR九州の社員が行っている。

利用状況[編集]

2011年度の1日平均乗車人員は474人である[1]

年度 1日平均
乗車人員
2000年 409
2001年 421
2002年 393
2003年 384
2004年 379
2005年 360
2006年 373
2007年 431
2008年 498
2009年 500
2010年 493
2011年 474

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

駅前の国道上に昭和バスの「西唐津駅前」バス停が設置されており、唐津市中心部(大手口・市民グラウンド前)方面と、呼子町玄海町方面のバスが発着する。

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
唐津線・筑肥線
快速・普通
唐津駅 - 西唐津駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 佐賀県統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]