唐津駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
唐津駅
北口(2010年2月)
北口(2010年2月)
からつ - Karatsu
所在地 佐賀県唐津市新興町2935-1
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
電報略号 カラ
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
2,232人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1898年明治31年)12月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 唐津線
キロ程 40.3km(久保田起点)
鬼塚 (3.7km)
(2.2km) 西唐津
所属路線 筑肥線
キロ程 42.6km(姪浜起点)
和多田 (1.7km)
(-km) (西唐津)*
備考 直営駅
みどりの窓口
* 大半の列車が西唐津駅まで乗り入れ。
南口を俯瞰(2010年2月)
南口を俯瞰(2010年2月)
ホーム
ホーム
構内
構内
改札口
改札口

唐津駅(からつえき)は、佐賀県唐津市新興町にある、九州旅客鉄道(JR九州)のである。

概要[編集]

佐賀県北部の中心都市である唐津市の代表駅で全列車が停車する。当駅の所属線である唐津線[1]、当駅を終点とする筑肥線(東区間)の2路線が乗り入れている。このほかに唐津線山本駅を起点とする筑肥線(西区間)の列車が全て当駅まで乗り入れている。筑肥線の列車は両区間とも一部はさらに唐津線の終点である西唐津駅まで乗り入れている。

当駅は開業当初は唐津線の中間駅にすぎず、筑肥線の主要駅であった東唐津駅、唐津線と筑肥線の唯一の接続駅だった山本駅も含めて、唐津市には代表駅格の駅が3つ分立する状況であったが、1983年の筑肥線の新線開業・部分廃止によって筑肥線が当駅に乗り入れ、唐津線と筑肥線姪浜駅博多駅方面との接続駅が山本駅から当駅に移行したため、当駅は名実ともに唐津市の代表駅となった。

歴史[編集]

  • 1898年明治31年)12月1日 - 唐津興業鉄道開通に伴い開業。
  • 1900年(明治33年)4月18日 - 唐津興業鉄道の社名変更に伴い、唐津鉄道の駅となる。
  • 1902年(明治35年)2月23日 - 唐津鉄道が合併されたことに伴い、九州鉄道の駅となる。
  • 1907年(明治40年)7月1日 - 鉄道国有法により国有化され、唐津線の駅となる。
  • 1974年昭和49年)10月1日 - 貨物取扱が廃止され、旅客駅となる。
  • 1982年(昭和57年)10月9日 - 国鉄唐津線の連続立体交差化事業完了に伴い高架化。
  • 1983年(昭和58年)3月22日 - 筑肥線新線開業・部分廃止に伴い高架の筑肥線部が開業。筑肥線の区間が博多駅 - 東唐津駅 (初代) - 山本駅 - 伊万里駅間から伊万里駅 - 山本駅 - 唐津駅 - 姪浜駅間に変更され、山本駅 - 当駅間は唐津線と筑肥線の二重戸籍区間となる。
  • 1983年(昭和58年)12月3日 - 南口広場が完成。市の唐津駅南土地区画整理事業として工費8400万円を投じた。
  • 1984年(昭和59年)4月21日 - 北口広場が完成。市と国鉄が1億1千万円で整備。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄の民営化に伴い、九州旅客鉄道へ継承される。これに合わせて山本駅 - 当駅間を唐津線の単独区間に戻したため筑肥線は東西2本に分断され、当駅は東区間の終点となる。
  • 2008年平成20年)9月26日 - 南口広場のロータリー改良工事終了。駅南駐車場の供用開始。
  • 2010年(平成22年)2月13日 - 自動改札機供用開始。
  • 2010年(平成22年)3月13日 - ICカードSUGOCAの利用を開始。同日、筑肥線エリア拡大記念SUGOCAが500枚限定で発売される。

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を有する高架駅。高架下に中2階と改札口およびコンコースがあり、改札口と中2階は階段およびスロープで連絡し、中2階よりホームまでのエレベータが設置されている。ホーム上に待合室はなく、中2階コンコースに存在する。改札口は北口と南口を連絡する通路にある。ステップ付き気動車が発着するため、ホームの大部分は嵩上げされておらず、電車の場合20cm程度の段差が生じる(ただし、ホーム中央部のみ嵩上げされているため、気動車列車はホーム中央部を避けて停車する)。

終日駅員配置の直営駅で、みどりの窓口(営業時間 6:00 - 22:00、年中無休)を有する。SUGOCA対応の自動改札機及び自動券売機を設置している。なお、SUGOCAは姪浜方面および西唐津方面のみ利用可能であり、佐賀伊万里方面は利用できない。

コンコースにはKIOSK(Kpit)と観光案内所(唐津観光案内所)、キャッシュコーナー及びコインロッカーがあり、改札口を出て向かい側はテナント街となっている(ミュー唐津)。地元老舗のほか、飲食店や雑貨屋、美容室などが入る。

高架化以前は単式ホーム・島式ホーム混合2面3線の地上駅で貨物取扱も行っていたが、1974年に貨物取扱が廃止され区分が一般駅から旅客駅となり、末期には島式ホームが撤去され単式ホーム1面1線のみとなっていた。

のりば[編集]

1 - 4 唐津線 (下り) 西唐津行き
(上り) 多久佐賀方面
筑肥線 (唐津線経由)伊万里行き
筑肥線 筑前前原姪浜天神博多福岡空港方面
  • 基本的にどのホームをどの路線が使用するかは決まっていないが、1番線は唐津線の列車のみが発着する。

ミュー唐津[編集]

ミュー唐津は九州旅客鉄道(JR九州)グループのジェイアール九州ビルマネジメント株式会社が運営する唐津駅高架下のテナント街である。

店舗一覧
  • 生活雑貨専門店パステルイン
  • 茶亭 開花堂
  • 萬坊 JR唐津駅店
  • えきのパンやさん
  • 整骨院スッキリステーション
  • 木屋 JR唐津駅店
  • 北島マルボーロ唐津駅店
  • ラーメンきあげ
  • 大原松露饅頭 ミュー唐津駅店
  • お菓子の村岡屋 ミュー唐津店
  • コルザ甘夏ジュレー
  • 唐津観光協会
  • 白木屋 唐津駅店
  • ヘアーアクティブ
  • 和 STYLE 丸屋
  • クレディセゾンCD

利用状況[編集]

2011年度の1日平均乗車人員は2,232人である[2]

年度 1日平均
乗車人員
2000年 2,625
2001年 2,489
2002年 2,404
2003年 2,258
2004年 2,168
2005年 2,139
2006年 2,150
2007年 2,134
2008年 2,120
2009年 2,049
2010年 2,136
2011年 2,232

福岡方面へ向かう昭和自動車高速バスからつ号」に対しては運賃・所要時間とも劣勢に立たされており、2008年のダイヤ改正で平日・土休日ともに快速列車を運行するようになったが、厳しい状況となっている。

1983年(昭和58年)の筑肥線新線開業および福岡市地下鉄空港線との相互直通運転開始にともない乗換駅となり、飛躍的に利用者数が増加したが、近年はモータリゼーションの進行や中心市街地衰退で減少基調が続いている。
筑肥線の新線開業についての詳細は、唐津市#筑肥線の電化と新線開業を参照

駅周辺[編集]

唐津駅前を通る昭和自動車の高速バス
大手口界隈
シンボルロード(市道唐津駅旭が丘線)
図書館広場のオブジェクト

北口[編集]

唐津市の中心部(大手口)に近く、官公庁や地元金融機関の本店・支店が点在し、業務ビルや商店が集中する唐津市の中心市街地となっている。市役所通り東側の地域には特に商店が集中しているため複数の商店街があり、京町商店街と呉服町商店街で構成される唐津中央商店街には全蓋式アーケードが設置され、賑わいを見せている。

1982年(昭和57年)頃、唐津駅北地区で国鉄用地を取得し、市街地再開発事業により地上5階地下1階の商業ビルを建設する構想が発表された。実際に地権者らが唐津駅北地区市街地再開発準備組合を組織し、核店舗として西友の誘致活動を行ったほか、計画説明書を県や市、商工会議所に提出していたが、計画に反対していた商店街との合意形成が困難となり計画は立ち消えとなった。

現在は、唐津駅北口駅前広場の整備が行われており、2013年度(平成25年度)に完成する予定である。

南口[編集]

駅前には唐津市近代図書館が立地し、図書館前の広場ではイベントが催される。周辺にはマンションビジネスホテルなどが立地する。

南口周辺にはかつて雑然とした市街地が広がっていたが、1980年(昭和55年)より唐津駅南土地区画整理事業が実施されており、整然とした街並みとなりつつある。

バス路線[編集]

駅北口に昭和バスの「唐津駅」バス停があるが、発着するバスは呼子方面など唐津市内の一部の路線・便に限られ、本数は多くない。駅から北に約400m離れた唐津大手口バスセンターが唐津市内の路線バスの基点となっており、各方面のバスが発着する。
なお、駅北口から道路を挟んで東隣にある「ふるさと会館アルピノ」の前に「アルピノ前」バス停があり、福岡行き高速バス「からつ号」が発着している。

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
唐津線
鬼塚駅 - 唐津駅 - 西唐津駅
筑肥線(唐津駅 - 西唐津駅間は唐津線)
快速・普通
和多田駅 - 唐津駅 - 西唐津駅

その他[編集]

「金持ち神社」
  • 改札横に、現駅長である「金持(かねもち)さん」の名前に由来する「金持ち神社」が存在し、金持さんと思われる似顔絵の記念スタンプと手形、ミニチュアの鳥居がある。
  • 現在の駅舎は無機質なデザインであるとして、唐津市出身の建築家である辰野金吾が手がけた建築物の多くに見られる赤煉瓦風デザインへの改築を求める運動を市民団体が行っている。


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  2. ^ 佐賀県統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 唐津駅(駅情報) - 九州旅客鉄道