九大学研都市駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
九大学研都市駅
北口
北口
きゅうだいがっけんとし
- Kyūdai-Gakkentoshi -
今宿 (1.3km)
(1.6km) 周船寺
所在地 福岡市西区北原一丁目1番1号
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 筑肥線
キロ程 6.5km(姪浜起点)
電報略号 トシ
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
6,610人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 2005年平成17年)9月23日
備考 業務委託駅
みどりの窓口

九大学研都市駅(きゅうだいがっけんとしえき)は、福岡市西区北原一丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)筑肥線である。

2005年10月1日に開校した九州大学伊都キャンパスの玄関口として開業した。平日のみ快速の停車駅となっていたが、2014年3月15日より、土曜・休日も快速が停車するようになった[1]

駅構造[編集]

ICカード専用の自動改札機

島式ホーム1面2線を有する高架駅

JR九州鉄道営業が駅業務を行う業務委託駅で、みどりの窓口マルス)が設置されている。自動改札機を備え、SUGOCAの使用が可能である。駅構内には九大の大学生協が経営する売店のほか、不動産屋、歯科医院、居酒屋が入居する。売店は2012年8月に閉店し、9月には跡地にファミリーマートおよび喫茶店(コーヒーショップ)が開店した。

のりば[編集]

1 筑肥線(上り) 姪浜天神博多福岡空港方面
2 筑肥線(下り) 筑前前原筑前深江唐津方面

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗車人員は6,610人である[2]

乗車人員推移[3]
年度 1日平均人数
2005年 1,278
2006年 3,085
2007年 3,652
2008年 4,122
2009年 4,957
2010年 5,799
2011年 6,257
2012年 6,610

駅周辺[編集]

福岡市の西端部に立地している。国道202号より500mほど南側にあり、駅の600m南側を福岡前原有料道路が通っている。幹線道路から離れた場所であり、駅が開設される前は周辺一面に田畑が広がっていた。現在、九州大学伊都キャンパスへの交通の拠点として駅前の整備と商業施設の進出が進んでいる。

九州大学伊都キャンパスの玄関口であるが、当駅から同キャンパスまでは5kmほど離れており、駅とキャンパスの間を徒歩で移動することは一般的ではない。交通手段としてはキャンパスへの路線バスが運行されているほか、タクシーも常駐している。

バス路線[編集]

昭和バス
九州大学線
九大学研都市駅⇔(北原)⇔横浜西⇔玄洋高校⇔(元岡)⇔九大工学部前
九大学研都市駅⇔(北原)⇔周船寺⇔富士見⇔元岡農協前⇔九大工学部前
西の浦線
九大学研都市駅⇔今宿駅前⇔今津⇔大原⇔小田⇔宮の浦⇔西の浦
九大学研都市駅⇔横浜西⇔今津⇔大原⇔小田⇔宮の浦⇔西の浦

歴史[編集]

九州大学移転事業に伴って進められている伊都土地区画整理事業の一環として設置された駅である。今宿 - 周船寺間が高架化された1999年時点で、既に当駅の設置も決定しており準備工事がなされていた。2005年に九州大学伊都キャンパスが開校するのにあわせて駅として開業した。

その他[編集]

  • 当駅の所在地は福岡市であるが、筑肥線が姪浜駅までであり、福岡市内の他駅とJRだけでつながっていないため、旅客営業規則上の「福岡市内」の駅には含まれていない。なお、筑肥線が博多駅まであった時代には、筑肥線も博多駅 - 周船寺駅が「福岡市内」として扱われていたが、当駅は福岡市地下鉄との直通後に開業したため、「福岡市内」の駅であった時代を持たない。

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
筑肥線
快速(土休日)
姪浜駅 - 九大学研都市駅 - 筑前前原駅
快速(平日)・普通
今宿駅 - 九大学研都市駅 - 周船寺駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平成26年春 筑肥線ダイヤ改正 - 九州旅客鉄道、2014年1月31日。
  2. ^ KYUSHU RAILWAY COMPANY 2012会社案内”. 九州旅客鉄道. 2013年7月26日閲覧。
  3. ^ 糸島市統計白書(運輸・交通) 九州旅客鉄道駅別乗降者数(JR筑肥線)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]