鹿家駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鹿家駅
待合室(2013年1月)
待合室(2013年1月)
しかか - Shikaka
福吉 (4.1km)
(5.2km) 浜崎
所在地 福岡県糸島市二丈鹿家1799
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 筑肥線
キロ程 30.2km(姪浜起点)
電報略号 シカ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
79人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 1923年大正12年)12月5日
備考 無人駅
旧駅舎(2008年12月)
ホームから望む旧駅舎(2005年1月)

鹿家駅(しかかえき)は、福岡県糸島市二丈鹿家にある、九州旅客鉄道(JR九州)筑肥線である。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅。駅舎からホームには跨線橋を渡って出入りする。

無人駅で、ホーム北側にプレハブの駅舎(簡易待合所)がある[1]。簡易型(食券・入場券用タイプ)の自動券売機が設置されている。

利用状況[編集]

2010年度の1日平均乗車人員は79人である。

乗車人員推移[2]
年度 1日平均人数
2005年 108
2006年 104
2007年 90
2008年 89
2009年 82
2010年 79

駅周辺[編集]

旧・二丈町の西の外れに位置しており、周辺に民家は少なく、小さな漁港と旅館がある。筑肥線に並行する形で通る国道202号からは細い坂道を上って100mほど。

  • 姉子浜の鳴き砂 - 北へ1.5km

歴史[編集]

筑肥線の前身である北九州鉄道の最初に開業した区間の駅であり、筑肥線では最も古い駅の一つである。

駅舎[編集]

2012年(平成24年)3月までは、1938年(昭和13年)に完成した木造の駅舎が使われていた[1]。しかし、老朽化で痛みが激しいことなどからプレハブの新駅舎が建設されることとなり、2012年3月の新駅舎完成に合わせて、木造の旧駅舎は閉鎖された[1]。新駅舎建設に際して、市民の間から旧駅舎の保全と活用を求める声があがり、JR九州への譲渡に前向きな姿勢を見せたものの、維持・管理の問題で実現せず、同年夏前に取り壊された[1]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
筑肥線
快速
通過
普通
福吉駅 - 鹿家駅 - 浜崎駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 青木絵美 (2012年4月2日). “潮風と共に去りぬ:築74年の鹿家駅舎 8日にお別れ会 福岡”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/news/20120402k0000e040199000c.html 2012年4月2日閲覧。 
  2. ^ 糸島市統計白書(運輸・交通) 九州旅客鉄道駅別乗降者数(JR筑肥線)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 鹿家駅(駅情報) - 九州旅客鉄道