肥前久保駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
肥前久保駅*
駅待合所「さくら館」(2008年12月)
駅待合所「さくら館」(2008年12月)
ひぜんくぼ - Hizen-Kubo
山本 (5.1km)
(1.5km) 西相知
所在地 佐賀県唐津市相知町久保
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 筑肥線
キロ程 5.1km(山本起点)
電報略号 セク
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
16人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1935年昭和10年)3月1日
備考 無人駅
* 1937年に播随院駅から改称。
ホーム(2008年12月)

肥前久保駅(ひぜんくぼえき)は、佐賀県唐津市相知町久保にある、九州旅客鉄道(JR九州)筑肥線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。駅舎は無人化後待合室の部分のみを残して解体され、しばらくはその状態で残存したが、JR移行後に残りも解体された。駅舎が解体された後、駅にはトイレと待合所の入った「さくら館」という建物が建てられている。

無人駅。かつては駅前の商店(既に閉店)で切符を販売していた。なお、当駅のホームから唐津線の線路が見える。

利用状況[編集]

2011年度の1日平均乗車人員は16人である[1]

年度 1日平均
乗車人員
2000年 19
2001年 16
2002年 17
2003年 15
2004年 13
2005年 12
2006年 9
2007年 13
2008年 12
2009年 13
2010年 15
2011年 16

駅周辺[編集]

江戸時代の有名な侠客幡随院長兵衛の出身地。当駅も開業時は幡随院を名乗った。住宅は少ない。

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
筑肥線
山本駅 - 肥前久保駅 - 西相知駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 佐賀県統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]