菜畑遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

菜畑遺跡(なばたけいせき)は、福岡市博多区にある板付遺跡と共に、日本で一番古い水稲耕作遺跡である。佐賀県唐津市の西南部、JR唐津駅から西に2キロメートルほどのところにあり、国の史跡に指定されている。

概要[編集]

本遺跡は1979年(昭和54年)に発見され、1980年12月から1981年(昭和56年)8月にかけて発掘調査が実施された。1983年(昭和58年)に史跡に指定された。

遺跡は、海抜10メートル前後の谷底平野に面した、緩やかな丘陵斜面に立地している。

遺跡の古環境 - この遺跡の古環境の変遷は、縄文時代晩期後半谷底平野には湿原が広がっており、背後の丘陵には照葉樹林が育っていた。 縄文時代晩期後半に入ると谷底平野の斜面下部や低地の縁辺で、陸稲的な状況でイネの栽培が始まった。 縄文時代晩期終末に入ると雑草の種子は大半が水田雑草で占められる。

縄文時代晩期後半の水田跡 - 遺構は16層から成っており、水田の遺構が確認されたのは縄文時代晩期後半の12層からである。それより上層にも弥生時代中期までの水田遺構が検出された。水田遺構は、18平方メートル余りで小さな4枚の田で、当時は直播きで栽培された推測されている。

花粉分析の結果、イネ属の花粉は夜臼式土器以前から出現し、第12層の上部で突発的に増加する。このような突発的増加は人間が搬入したものと考えられる。一方、種子は第12層以下ではアリノトウグザ水湿性植物の種子が多く出た。

遺物の土器は、これまで最古とされていた板付遺跡の夜臼式土器よりも少し古い山ノ寺式土器であった。炭化米も250粒ほど出土し、そのうち100粒以上がジャポニカ種であることが分かっている。

弥生時代前期初頭の水田跡 - 1980年-81年の発掘で、弥生時代前期の地層から、大規模な水田が営まれていたことを裏付ける水路、取排水口、木の杭や矢板を用いた畦畔(けいはん)が発掘され、これは縄文時代後期、今から2500年から2600年前ぐらいに日本で初めて水田耕作による稲作農業が行われていたことを実証するものと考えられている。

魏志倭人伝に出てくる末盧国に因んだ末盧館という資料館が建てられ、この遺跡から出土した炭化米や石包丁などの農業用具ほか発掘に関連した資料が展示され、竪穴式住居や水田跡も復元されている。

アクセス [編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯33度26分55.1秒 東経129度57分27.9秒 / 北緯33.448639度 東経129.957750度 / 33.448639; 129.957750