ジャバニカ米

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャバニカ米
KerbauJawa.jpg
ジャワ島での米の栽培風景
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: イネ目 Poales
: イネ科 Poaceae
亜科 : タケ亜科 Bambusoideae
: イネ属 Oryza
: イネ O. sativa
亜種 : ジャバニカ O. s subsp. javanica
学名
Oryza sativa subsp. javanica

ジャバニカ米(ジャバニカまい、javanica)は、イネの品種群の1つ。ジャヴァニカジャワニカとも。

特徴[編集]

幅が広く、大粒である。ジャポニカ米インディカ米に比べると生産量が少なく、マイナーな品種といえる。粘りはインディカ米に近い。日本でも過去には(主に陸稲として)栽培されており、古くは泡盛の原料であった。

パエリアリゾットなどの料理に向いている。

主な生産地域[編集]

インドネシアジャワ島)、アジアの熱帯地域、中南米など。

関連項目[編集]