ジャバニカ米

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャバニカ米
KerbauJawa.jpg
ジャワ島での米の栽培風景
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: イネ目 Poales
: イネ科 Poaceae
亜科 : タケ亜科 Bambusoideae
: イネ属 Oryza
: イネ O. sativa
亜種 : ジャバニカ O. s subsp. japonica
学名
Oryza sativa subsp. javanica

ジャバニカ米(ジャバニカまい、javanica)は、イネの品種群の1つ。ジャヴァニカジャワニカとも。ジャポニカ米やインディカ米と同等の亜種として扱われることもあるが、現在はジャポニカ米の1グループ(熱帯ジャポニカ)として扱うことが多い。

特徴[編集]

種子は、幅が広く、大粒であり、脱粒性が低い[1]ジャポニカ米インディカ米に比べると生産量が少ない。粘りはインディカ米に近い。日本でも過去には(主に陸稲として)栽培されており、古くは泡盛の原料であった。

パエリアリゾットなどの料理に向いている。

分類[編集]

遺伝的近縁度を解析した結果、イネの品種群は6つのグループに分類することができ、ジャバニカ米はジャポニカ米と同じグループに所属するという結果が得られた[2]。RAPD、RFLP、SSLPの解析結果からはジャバニカがジャポニカと近縁であることを示唆する結果が得られた[3]。ジャポニカ米とジャバニカ米との間の形態的変異は連続的である[4]。こうした結果から、ジャバニカ米をインディカ米やジャポニカ米と同等の亜種として扱うのではなく、ジャポニカ米の変異型の一つとして扱うことが多くなっている。この場合「熱帯ジャポニカ」と呼称されることがある。

ジャバニカ米を亜種として扱う場合はOryza sativa subsp. javanicaとなる[5]

主な生産地域[編集]

インドネシアジャワ島)、アジアの熱帯地域、中南米など。

参考文献[編集]

  1. ^ Cultivated rice species”. 2015年5月21日閲覧。
  2. ^ Khush GS (1997). "Origin, dispersal, cultivation and variation of rice.". Plant Mol Biol. 35 (1-2): 25–34. PMID 9291957. 
  3. ^ Bautista NS et al. (2001). Genes Genet Syst 76 (2): 71-79. PMID 11434461. 
  4. ^ 1. Rice plant type variation: "Japonica" - "Javanica" relationships”. 2015年5月21日閲覧。
  5. ^ 例えば、http://ecocrop.fao.org/ecocrop/srv/en/cropView?id=8144

関連項目[編集]