日光駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日光駅
駅舎
駅舎
にっこう - Nikkō
今市 (6.6km)
所在地 栃木県日光市相生町115
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 日光線
キロ程 40.5km(宇都宮起点)
電報略号 ニコ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
815人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1890年明治23年)8月1日
乗換 東武日光駅東武日光線
備考 みどりの窓口

日光駅(にっこうえき)は、栃木県日光市相生町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)日光線。日光線の終着駅である。

歴史[編集]

東北本線などを建設した私鉄であった日本鉄道が、その支線の終着駅として1890年(明治23年)8月1日に開設した。開業式は日光駅において、小松宮彰仁親王の臨席を仰いで挙行された。当時から日光東照宮中禅寺湖など景観の美しい日光は日本有数の観光地で、皇族や外国人観光客なども多く訪れる駅であった。1906年(明治39年)11月1日に日本鉄道が国有化されて国有鉄道の駅となり、1909年(明治42年)10月12日に線路名称が制定されて日光駅の所属する路線は日光線と名付けられた[1]。初代の駅は質素な平屋建てであった[2]

1912年(大正元年)8月に、2012年現在も使用されている2代目の駅舎が落成した。ネオ・ルネサンス様式の木造洋風建築2階建てで、長らく設計者は不明であったが、2012年になり地元の郷土史家の研究で、当時の鉄道院技手の明石虎雄が設計したものにほぼ間違いないと判明した[2]

1929年(昭和4年)には東武鉄道東武日光駅まで開通して国鉄と東武の競争が始まった。1959年(昭和34年)9月22日には日光線の電化が完成し、デラックスな157系を使用した準急「日光」の運転を開始して東武鉄道に対抗したが、運賃・所要時間ともに東武鉄道の方が勝り、1982年(昭和57年)に上野から直通する列車が全廃となり、当駅に優等列車の発着は無くなった。2006年(平成18年)からJR東日本は東武鉄道と直通しての優等列車の日光乗り入れを再開し、以後は東武日光駅にJRからの直通優等列車も発着している状況にある[1]

年表[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の地上駅である。駅舎は1912年(大正元年)8月に落成した2代目のもので、洋風木造2階建て延べ床面積363平方メートル、幅55.51メートル、奥行き20.02メートルある[2]。駅舎2階にはかつての一等車利用者用待合室「ホワイトルーム」があり、現在は駅ギャラリーとして一般公開している。駅舎右手にある屋根のついた広場は団体待合所であるが、現在はほとんど使われていない。1階には貴賓室もあるが普段は公開していない。貴賓室は広さ約40平方メートルで、シャンデリアと大理石製の暖炉が備えられている。Suica対応自動改札機みどりの窓口(営業時間 6:00 - 18:00)設置駅。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1・2 日光線 今市鹿沼宇都宮方面
  • 通常は駅舎側の1番線を使用する。2番線が使われるのは昼間のごく一部の列車のみである。
  • 夜間滞泊は2本設定されている。

利用状況[編集]

  • 2011年度の1日平均乗車人員は815人である。
乗車人員推移
年度 1日平均乗車人員
2000 1,154
2001 1,063
2002 1,048
2003 1,054
2004 1,013
2005 976
2006 966
2007 946
2008 962
2009 876
2010 896
2011 815

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

駅前
  • 東武バス日光
    • 世界遺産めぐり循環バス
    • 湯元温泉 行(西参道→清滝→中禅寺温泉→菖蒲ヶ浜経由)
    • 光徳温泉経由 湯元温泉 行(西参道→清滝→中禅寺温泉駅→菖蒲ヶ浜経由)
    • 中禅寺温泉駅 行(西参道→清滝経由)
    • 奥細尾 行(西参道→清滝経由)
    • やしおの湯経由 奥細尾 行(西参道→やしおの湯→清滝経由)
    • 清滝 行(西参道経由)
    • 西参道 行
    • 霧降高原経由大笹牧場 行(夏季)
    • アーデル霧降 行(冬季)
国道上

その他[編集]

  • 関東の駅百選に選定されている。選定理由は「明治時代の面影を残す白亜の木造建築の駅」。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
日光線
今市駅 - 日光駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『週刊JR全駅・全車両基地 No.05 上野駅 日光駅 下館駅ほか92駅』 朝日新聞出版、2012年9月9日、12 - 13頁。
  2. ^ a b c JR日光駅:駅舎の設計者が判明 追跡10年、郷土史家が近く発表”. 毎日jp (2012年12月14日). 2012年12月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]