公津の杜駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
公津の杜駅
駅舎
駅舎
こうづのもり - Kōzunomori
KS38 宗吾参道 (1.6km)
(2.6km) 京成成田 KS40
所在地 千葉県成田市公津の杜四丁目11-2
駅番号 KS39
所属事業者 京成電鉄
所属路線 本線
キロ程 58.6km(京成上野起点)
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
9,160人/日
-2012年-
開業年月日 1994年平成6年)4月1日
改札付近(2007年2月)
ホーム、宗吾参道方面を見る(2007年2月)
ホーム、京成成田方面を見る(2007年2月)

公津の杜駅(こうづのもりえき)は、千葉県成田市公津の杜四丁目11-2[1]にある、京成電鉄本線。駅番号はKS39[2]

駅構造[編集]

掘割部に相対式ホーム2面2線があり、地上部に橋上駅舎を有している[3]

ホームへは階段のほかエスカレーターが設置されている。バリアフリー設備として、改札階と各ホーム間を連絡する車椅子対応エレベーターと、改札付近に多機能トイレが設置されている[3]

駅舎の2階部分は「公津の杜駅ビル」となっており、事務所向けのテナントが入居している(2階部分の廊下部分が吹き抜けに面している)。2012年12月までエアアジア・ジャパンのオフィスとして利用されており、2014年現在、春秋航空日本の本社が3階にある。

駅のコンコースには大きなモニュメントが設置されている。タイトルは『陽琴』(英題:The Harp)で、作者はデザイナーの時忠彦。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 京成本線 上り 日暮里上野押上都営浅草線京急線方面
2 京成本線 下り 成田空港東成田方面
  • 上表の路線名は成田空港線開業後の旅客案内の名称に基づいている。

利用状況[編集]

2012年度の一日平均乗降人員は9,160人[4]で、京成線内69駅中第39位であった。

近年の一日平均乗車人員推移は下表の通り。

年度 一日平均
乗車人員
1998年 1,021 [5]
1999年 1,530 [6]
2000年 1,918 [7]
2001年 2,060 [8]
2002年 2,146 [9]
2003年 2,365 [10]
2004年 2,828 [11]
2005年 2,975 [12]
2006年 3,322 [13]
2007年 3,835 [14]
2008年 4,124 [15]
2009年 4,219 [16]
2010年 4,258 [17]

駅周辺[編集]

公津の杜地区の住宅地を分譲・販売している京成電鉄や京成グループ京成不動産などにより、駅前のマンション建設が行われ、中高層のマンションが建ち並んでいる。

宗吾参道駅方面には、区画整理された更地が広がっている。

路線バス[編集]

千葉交通および成田空港交通による路線バスが運行されている。詳細は千葉交通成田営業所を参照。
また、都内からの深夜急行バスをちばグリーンバス平和交通が運行している。

公津の杜駅[19][20]

ユアエルム・ヨーカドー[21]

歴史[編集]

  • 1994年平成6年)4月1日 - 開業。
  • 1997年(平成9年) - 「関東の駅百選」の第一次選定駅となる。選定理由は「ホームに透明な幕を使用した美術館を思わせるモダンなデザインの駅」。
  • 2009年(平成21年) - 駅舎とホームを連絡する車椅子対応エレベーターが設置される。

その他[編集]

隣の駅[編集]

京成電鉄
本線
快速特急
通過
特急・通勤特急・快速・普通
宗吾参道駅 (KS38) - 公津の杜駅 (KS39) - 京成成田駅 (KS40)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]