根府川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
根府川駅
駅舎
駅舎
ねぶかわ - Nebukawa
早川 (4.4km)
(5.4km) 真鶴
所在地 神奈川県小田原市根府川109
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 東海道本線
キロ程 90.4km(東京起点)
電報略号 ネフ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
639人/日(降車客含まず)
-2008年-
開業年月日 1922年大正11年)12月21日
備考 無人駅(自動券売機 有)

根府川駅(ねぶかわえき)は、神奈川県小田原市根府川にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東海道本線である。

関東の駅百選認定駅。

歴史[編集]

1896年(明治29年)から1922年(大正11年)までは、人車鉄道軽便鉄道の豆相人車鉄道(のちの熱海鉄道)も存在していた。同線の「根府川駅」は、当駅よりも高台の位置に設けられていた。

駅は翌年再建されたが、沖合の海底には当時のプラットホームが横たわっている。ホーム跡は漁礁のようになり、スキューバダイビングの潜水ポイントにもなっている。なお、ホーム跡にある駅名標は後に付けられたものである。
ホームとともに沈んでいた機関車と客車は1934年昭和9年)9月23日に地元真鶴町の業者によって海中から引き揚げられた。[3]。当時の新聞記事では一部は鉄道省に寄付、一部を地元で鉄屑として処分するつもりとある。直後に鉄道博物館(旧)で牡蠣の殻が大量に付着したバキュームホースと機関車のナンバープレート「977」(960形蒸気機関車)が展示された[4]。 現在バキュームホースは所在不明で唯一ナンバープレートのみが残されており、交通博物館から鉄道博物館に引き継がれ展示されている。
この事故で娘を亡くした岡野喜太郎(スルガ銀行創業者)によって1932年昭和7年)に真鶴駅寄りの海に面した場所に慰霊碑が設置され、1973年(昭和48年)には、改札横に根府川駅職員一同によって『関東大震災殉難碑』(写真参照)が設置された。

年表[編集]

駅構造[編集]

2面3線のホームを有する地上駅。1番線は貨物列車専用のホームだったが1970年頃に撤去された[5]ため、のりばは2番線から4番線となる。東側の4番線は国道135号を挟んで相模湾に面しており、よく晴れた日には房総半島伊豆大島まで見渡すことができる。ちなみに詩人茨木のり子は、当駅を舞台にした「根府川の海」というを発表している。元旦にはJR東日本が運行する初日の出号が停車する。

高度差が大きいため(ホームの海抜は45m)、ホームはがけの下、駅舎はがけの上にある。ホームから上った跨線橋と同じ高さに木造瓦葺駅舎がある。エスカレータエレベーター、証明写真撮影機などは設置されていない。

東海道本線の中では美濃赤坂支線を除けば唯一の完全な無人駅である(真鶴駅管理)。簡易Suica改札機、自動券売機(稼働時間8:30 - 16:30)と乗車駅証明書発行機が設置されているが、自動精算機は設置されていない。時折近辺の駅から出張してくる駅員が乗車券の回収や乗越精算を行っている。また、駅員不在時に連絡するものとして真鶴駅につながるインターホン自動券売機の横に設置されている。

ホーム延伸工事が行われる以前[いつ?]は、15両編成停車時にドアカットが行われていた。

自動券売機の稼働時間外でのグリーン車への乗車の際は、駅で乗車駅証明書を取った後、車内改札でグリーンアテンダントに乗車駅証明書を見せれば、事前料金の値段で乗車することができる。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
2 東海道線 上り 小田原横浜東京方面  
3 東海道線 上り 小田原・横浜・東京方面 待避時
下り 熱海伊東沼津方面
4 東海道線 下り 熱海・伊東・沼津方面  

当駅は駅の構造上、鉄道写真の撮影に適した駅(撮影ポイント)であり臨時列車などが運行される際は多数の撮影者が当駅を訪れる。そのため駅の架線柱などには注意書きがある。

利用状況[編集]

2008年度の1日平均乗車人員は639人である[6]。近年の推移は下記の通り。

年度 1日平均
乗車人員
1998年 498 [7]
1999年 466 [8]
2000年 460 [8]
2001年 595 [9]
2002年 640 [9]
2003年 627 [10]
2004年 620 [10]
2005年 610 [11]
2006年 607 [11]
2007年 633 [6]
2008年 639 [6]
2009年


駅周辺[編集]

根府川付近では箱根火山の溶岩である根府川石が産出されていた。現在では根府川ではなく北側にある米神の谷で採取されている。また、一帯はかつて日本でも有数のみかん栽培地であったが、その後の需要低迷や後継者不足により生産量は減りつつある。

4番線ホームからは眼下に海を臨むことができる。

また、当駅熱海寄りの白糸川橋梁かながわの橋100選に選出されている。関東大震災で倒壊し、翌年再建されたもの。かつては鉄道写真の撮影ポイントとして有名であったが、防風柵設置により撮影には不向きになった。

バス路線[編集]

駅前広場に箱根登山バス「根府川駅」バス停留所が設置されている。

  • 石名坂 ※平日のみ
  • 小田原駅東口 ※平日のみ
  • なお上記とは別に小田原駅 - 湯河原駅線(平日のみ運行)「根府川」バス停が海そばの道路に下りた所にある。

ギャラリー[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
東海道線
快速「アクティー」・普通
早川駅 - 根府川駅 - 真鶴駅

なお、湘南新宿ラインの特別快速が小田原 - 熱海駅間で延長運転されることがあるが、その列車は早川駅と当駅を通過する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 熱海線:根府川駅フォトライブラリー|東日本大震災の記録(日本鉄道旅行地図帳)(2012年1月18日閲覧)
  2. ^ 関東大地震震害調査報告掲載写真(土木学会附属土木図書館)第二巻鉄道・軌道之部112-114、171-175が根府川駅の写真。(2012年1月18日閲覧)
  3. ^ 東京朝日新聞1934年9月24日朝刊11面
  4. ^ 佐々木冨泰・網谷りょういち『事故の鉄道史―疑問への挑戦』(日本経済評論社、1993年)P108より。呉服橋の高架下にあった頃という事なので、著者が展示を見たのは1936年4月以前。
  5. ^ 住友堅一 (2010年8月15日). “かながわ駅めぐり[6] JR東海道線根府川駅(小田原市) 歴史とミカンの香り”. 読売新聞 (株式会社読売新聞東京本社): p. 25(地域面 横浜版). http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kanagawa/feature/yokohama1280766292480_02/news/20100814-OYT8T00834.htm 2010年8月15日閲覧。 
  6. ^ a b c 神奈川県県勢要覧(平成21年度)238ページ
  7. ^ 神奈川県県勢要覧(平成12年度)220ページ
  8. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成13年度)222ページ
  9. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成15年度)220ページ
  10. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成17年度)222ページ
  11. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成19年度)224ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]