上三依塩原温泉口駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上三依塩原温泉口駅
駅舎(2006年3月)
駅舎(2006年3月)
かみみよりしおばらおんせんぐち
- Kamimiyori-shiobaraonsenguchi -
中三依温泉 (4.2km)
(4.0km) 男鹿高原
所在地 栃木県日光市上三依804
所属事業者 野岩鉄道
所属路線 会津鬼怒川線
キロ程 21.0km(新藤原起点)
駅構造 地上駅
ホーム 島式 1面2線
乗車人員
-統計年度-
20人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1986年昭和61年)10月9日
改札口(2011年10月)

上三依塩原温泉口駅(かみみよりしおばらおんせんぐちえき)は、栃木県日光市上三依にある野岩鉄道会津鬼怒川線である。

歴史[編集]

野岩線建設段階での仮称駅名は「上三依駅」であったが、同線が接続する予定の国鉄会津線(現・会津鉄道会津線)に上三寄(かみみより)駅(現・芦ノ牧温泉駅)が存在したため、1986年の開業時に下野上三依(しもつけかみみより)となった。1988年、上三依地区より那須郡塩原町(現・那須塩原市)方面へ抜ける国道400号尾頭トンネルが開通し、塩原温泉郷と駅が結ばれたため、上三依塩原(かみみよりしおばら)に変更された。同温泉郷へのアクセス駅であることを強調するため、2006年3月のダイヤ改正にあわせ上三依塩原温泉口駅に改称された。

年表[編集]

  • 1986年昭和61年)10月9日 - 下野上三依駅として開業。
  • 1988年(昭和63年)10月19日 - 尾頭トンネル開通に合わせて上三依塩原駅に改称。
  • 1998年(平成10年) - 関東の駅百選に選定される。選定理由は「山岳駅をイメージした一際目立つ洋風とんがり帽子の屋根の駅」。
  • 2006年平成18年)3月18日 - 上三依塩原温泉口駅に改称。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅で、列車交換が可能。

利用状況[編集]

2011年度の乗車人員7,372人である[1]。したがって、同年度の1日平均乗車人員は20人である。

近年の年度別乗車人員の推移は下表のとおりである。

年度別乗車人員[1]
年度 乗車人員 1日平均
乗車人員
2008年(平成20年) 11,749 32
2009年(平成21年) 11,601 32
2010年(平成22年) 9,053 25
2011年(平成23年) 7,372 20

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行事業者 備考
  塩原・上三依線 上塩原、塩原温泉バスターミナル、夕の原 塩原温泉バスターミナル 那須塩原市営バス 塩原温泉バスターミナルから塩原温泉街を循環

隣の駅[編集]

野岩鉄道
会津鬼怒川線
快速「AIZUマウントエクスプレス」(当駅より中三依温泉方面の各駅に停車)
中三依温泉駅 - 上三依塩原温泉口駅 - 会津高原尾瀬口駅
東武鉄道内快速・区間快速・会津鬼怒川線内普通
中三依温泉駅 - 上三依塩原温泉口駅 - 男鹿高原駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]