宇都宮駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
宇都宮駅
正面
正面
うつのみや - Utsunomiya
所在地 栃木県宇都宮市川向町1-23
所属事業者 JR logo (east).svg東日本旅客鉄道(JR東日本)
JR logo (freight).svg日本貨物鉄道(JR貨物)
電報略号 ミヤ
駅構造 高架駅(新幹線)
地上駅(在来線)
ホーム 2面2線(新幹線)
3面5線(在来線)
乗車人員
-統計年度-
36,176人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1885年明治18年)7月16日
乗入路線 5 路線
所属路線 東北新幹線
山形新幹線
キロ程 109.5km(東京起点)
小山 (28.9km)
(48.3km) 那須塩原
所属路線 東北本線宇都宮線
烏山線直通含む)
キロ程 109.5km(東京起点)
雀宮 (7.7km)
(6.2km) 岡本
所属路線 日光線
キロ程 0.0km(宇都宮起点)
(4.8km) 鶴田
備考 みどりの窓口
西口(2009年3月)
西口(2009年3月)
東口(2009年1月)
東口(2009年1月)
新幹線ホーム
新幹線ホーム

宇都宮駅(うつのみやえき)は、栃木県宇都宮市川向町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)および日本貨物鉄道(JR貨物)のである[1][2][3][4]

乗り入れ路線[編集]

東日本旅客鉄道宇都宮駅の所属路線は、東北本線日光線東北新幹線山形新幹線および秋田新幹線である[3][5][6][7][8][9]。なお、正式な線路名称上では東北新幹線は東北本線に包括され、山形新幹線、秋田新幹線という線路名称は存在しない[10]

当駅は1885年明治18年)7月16日日本鉄道第二区線の駅として開業、1890年(明治23年)6月1日には同じく日本鉄道が宇都宮駅から日光に至る支線を開業し、国有化後の1909年(明治42年)10月12日、日本鉄道第二区線および日光に至る支線の線路名称はそれぞれ東北線および日光線と制定された。その後、国有鉄道時代の1982年昭和57年)6月23日には東北新幹線の開業と同時に東北新幹線の駅となり、分割民営化され東日本旅客鉄道に継承された後の1990年平成2年)3月10日には上野-黒磯間が宇都宮線の愛称へと改称された[10][11][12][13][14]

現在、当駅には在来線の宇都宮線列車(上野駅発着、湘南新宿ライン黒磯駅発着など)、日光線列車、烏山線列車[注釈 1]、東北新幹線「やまびこ」「なすの」、山形新幹線「つばさ」が発着し、在来線の列車はほぼ全ての列車において当駅が始発、終着駅となっている[3][10][15][16]。また、東北新幹線「はやぶさ」、同「はやて」および秋田新幹線「こまち」は当駅を通過するが、仙台駅盛岡駅などで改札を出ずに乗り換える場合に限り、いずれも1枚の新幹線特急券で利用可能となっている[15][16][17]

歴史[編集]

宇都宮駅の歴史は以下のとおり。

駅構造[編集]

駅舎[編集]

南北に伸びる地上の東北本線(宇都宮線)、高架の東北新幹線の線路西側に沿うように建設された地上3階建ての駅舎である。うち3階設備は新幹線ホームのみで、1-2階は主に南側がJR東日本の駅施設、北側は宇都宮ステーション開発駅ビルパセオ」として利用されている。駅ビル「パセオ」と駅改札前「PASEO Glassbox」を中心に駅舎ビル全体で商業施設が展開されている[1][2][3][14][31][32][33]

駅施設[編集]

改札は駅舎ビル2階にあり、改札外にはみどりの窓口(営業時間 6:00 - 22:00)やびゅうプラザ(営業時間 平日10:30 - 18:30、土曜日10:30 - 17:30)、駅事務室、近距離自動券売機指定席券売機(営業時間 初電 - 23:50)、えきねっと券売機(営業時間 5:30 - 23:00)などのほか、インフォメーションセンター(観光案内所)などが置かれている。また改札内には待合室や新幹線乗り換え改札、精算所・精算機コインロッカー多目的トイレ等が設置されている。在来線ホームは駅舎ビルの東側地上、新幹線ホームは駅舎ビル3階に敷設されており、駅改札内コンコースと各ホーム間には階段のほかエスカレーターエレベーターが設置されている。駅北東には宇都宮運転所が併設されている[1][2][3][31][34][35][36]

駅舎ビル2階には駅西口にペデストリアンデッキ、および駅東口への東西自由通路が取り付けられており、それぞれ階下はバスのりばタクシーのりばとなっている。東西両口にも階段に加えエスカレーター、エレベーターが設置されており、バリアフリー化されている[1][2][31][34]

駅構内施設[編集]

構内には駅ビルパセオやPASEO Glassboxをはじめ、駅舎2階を中心にカフェBECK'S COFFEE SHOP(改札外および新幹線改札内)やコンビニエンスストアNEWDAYS(在来線改札内および新幹線改札内)、駅売店KIOSK(駅舎1階西口交番脇、在来線改札内および新幹線改札内)、喜多そば(改札外および新幹線改札内)などの商業施設各種小売店が入居している[1][3][14][31][33][37]

駅舎ビル北側1、2階に入る駅ビル「パセオ」にはカフェスターバックスコーヒー)やファーストフードモスバーガー)、讃岐うどん専門店(丸亀製麺)などの飲食店のほか、スーパーマーケット成城石井)、ドラッグストアマツモトキヨシ)、菓子専門店(東京風月堂おかしのまちおか)など食料生鮮食品(以上1階)、雑貨服飾品小売店書店八重洲ブックセンター、以上2階)などが入居している。また宇都宮駅改札に面する「PASEO Glassbox」には土産店やNEWDAYS、宇都宮餃子小町(宇味屋、悟空、餃子来風、宇都宮餃子館)、土産餃子店『来らっせ』、同青源、足利銀行ATMどが入居しているほか、東西自由通路口にはロッテリア宇都宮駅ビル パセオ店が出店している[32][38][39]

また3階は宇都宮みんみん、銀座コージーコーナー等が入居するレストランエリア、およびホテル アール・メッツ宇都宮フロントがあり、4階以上は同ホテルの客室となっている。

警察機関[編集]

  • 交番(KOBAN)

駅舎ビル南側1階には宇都宮東警察署の『宇都宮駅KOBAN』が所在する。1903年明治35年)2月に『宇都宮警察署停車場巡査派出所』として設置されたのが起源で、1982年昭和57年)6月の東北新幹線開業に際して現在の駅舎ビル1階に移設された[40]

のりば[編集]

新幹線ホームは、高架上に16両編成対応の相対式ホーム2面を有し、この間に通過線(本線)2線(2・3番線)をはさむ。

在来線ホームは単式、島式ホーム3面5線の地平ホーム(15両編成対応)となっているほか、5番線と7番線の間に貨物列車等待避線(6番線)を有する。島式ホームの7・8番線および9・10番線ホーム上にはグリーン券券売機が設置されている。

すべての新幹線ホームおよび在来線ホームには、改札階である2階コンコース間を結ぶ階段のほかエスカレーターおよびエレベーターが設置され、バリアフリーに対応している[31][35]

番線 路線 方向 行先 備考
新幹線 高架ホーム[31]
1 東北・山形新幹線 下り 郡山仙台盛岡新青森山形新庄秋田方面  
4 新幹線 上り 大宮上野東京方面  
在来線 地上ホーム[31]
5 日光線 - 鹿沼今市日光方面 一部は7番線
7 - 10 宇都宮線(東北線 下り 氏家矢板黒磯方面 一部は5番線
宇都宮線(東北線) 上り 小山・大宮・上野・新宿横浜方面
横須賀線直通の「湘南新宿ライン」含む)
 
烏山線 - 仁井田大金烏山方面  

駅弁[編集]

宇都宮駅は、日本国有鉄道の駅構内販売機関自らの沿革において「地元業者『白木屋』がホームで発売したおにぎりが最初の駅弁である」「駅弁発祥の地」とされている(駅弁#起源も参照)[20][21]

かつては、富貴堂弁当部と松廼家の2社が営業していたが、富貴堂の撤退に伴い現在は松廼家1社のみの営業である。かつては松廼家・富貴堂の両社とも駅構内で立ち売りを行っていた[41]が、現在は消滅した。

主な駅弁は下記の通り[42]

  • 玄氣いなり
  • ふるさと宮まつり川一太鼓(土曜・休日のみ)
  • とりめし
  • 下野山菜弁当
  • 宮の釜めし
  • 大人の休日
  • 駅弁発祥地より汽車辨當
  • とりめし(上)
  • 日光強めし
  • 宮小町
  • 日光杉並木
  • ふるさと幕の内
  • とちぎ霧降高原牛めし
  • 平泉うにごはん
  • よくばりスタミナ弁当

以下は現在は入手できないもの

  • 宇都宮餃子駅弁(富貴堂) - テレビ番組の企画で開発・数量限定
  • 餃子駅弁・味味(富貴堂) - 宇都宮餃子会から供給された餃子を使用
  • チキン茶めし弁当(富貴堂)
  • 茶めし弁当(富貴堂)
  • ハイカラ弁当(富貴堂)
  • ひれかつ弁当(富貴堂)

利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗車人員は36,176人で、JRの駅としては北関東3県で最も多く、南関東1都3県を除くJR東日本管内の駅では仙台駅新潟駅に次いで3番目に多い数字である。JR東日本全体では第119位となっている。なお旅客収入額はJR東日本で第13位(2009年度)で、東京電車特定区間以外のJR東日本の駅では仙台駅、新潟駅に次いで三番目に多い[14][43]。また、JR東日本エリア内の新幹線の1日平均の乗車人員は12,685人で、東京駅大宮駅仙台駅高崎駅に次いで5番目に多い数字である。[44]

乗車人員推移
年度 1日平均乗車人員
2000 36,295
2001 35,832
2002 35,136
2003 34,922
2004 34,890
2005 35,545
2006 35,773
2007 35,921
2008 35,416
2009 34,160
2010 33,985
2011 34,023
2012 35,018
2013 36,176

駅周辺[編集]

西口から伸びる大通り。宇都宮中心市街地は写真奥。手前沿道にはオフィスビルが並ぶ。
西口から伸びる大通り。宇都宮中心市街地は写真奥。手前沿道にはオフィスビルが並ぶ。
ひびき像(JR宇都宮駅西口ペデストリアンデッキ上)と大通り方面の夜景
ひびき像(JR宇都宮駅西口ペデストリアンデッキ上)と大通り方面の夜景
JR宇都宮駅東口広場にあった頃の餃子像 2006年1月8日
JR宇都宮駅東口広場にあった頃の餃子像 2006年1月8日

宇都宮市の中心市街地は、駅西側を流れる田川の対岸1 - 2km西方に広がり、栃木県庁や宇都宮市役所などの地方行政の諸主要機関や国の地方機関などが二荒山神社オリオン通り周辺の中心市街地とその周縁部に所在する。宇都宮駅西口はこの中心市街地に面し、ビジネス客や観光客が訪れる宇都宮の玄関口である[1][2][40]

宇都宮駅は日本鉄道第二区線大宮 - 宇都宮間の開業に伴い開設されたが、当時より国内有数の人口を擁する地方都市であった宇都宮では、線路が街中(市街地)を避けた田川対岸、宇都宮の東側に謂わば追いやられた格好で設置された。一方で路線敷設工事が急ピッチで進められたこともあり駅周辺整備が十分でないまま開業となったこともあって、当初は駅と現中心街を結ぶ大通りが開通しておらず、日本鉄道第二線区の開通式に参列し栃木県庁を訪問した宮内卿伊藤博文、鉄道局長井上勝、東京府知事渡辺洪基らは田川下流部にかかる押切橋を渡って宇都宮の街中に入り県庁を目指した。その後小袋町(現在の上河原付近)と簗瀬村の土地を買い上げて道路とし、田川には宮の橋を架けることによって現在の大通りが開通した[11]

現在、駅前広場の南側ロータリーには5面のプラットホームに計18のバス乗降場とタクシー降車場が、また北側ロータリーにはタクシー乗降場と一般車両乗降場、タクシープールが設けられている。一般車両については、広場内で待機する車両への市営駐車場(20分まで無料)利用と、南側ロータリーへの進入を回避し博労町交差点(旧奥州街道との交差点)方面への走行を誘導している。当駅西口と市街中心地の間は大通りで結ばれ、関東自動車東野交通JRバス関東路線バスが頻回運行され(所要時間5分程度、運賃大人片道150円)、広い歩道も整備されている(所要時間は15分から20分程度)。大通り沿いにはビジネスビルが立ち並ぶが、一歩路地裏に入ると寺社が林立し、城下町宇都宮の面影を残している。なお現在西口は宇都宮市の市街地再開発事業の一環として再開発中で、西口第四B地区の住宅棟とホテル棟の建設が進められており、うちホテル棟は2010年平成22年)12月1日に開業し、残る住宅棟も同年度中には竣工する計画となっている[1][2][45][46][47][48] [49][50]

一方、宇都宮駅東口は、宇都宮駅開業時より構内の車両留置線や貨物の積み下ろし設備等として機能してきた用地を、1971年昭和46年)に宇都宮貨物ターミナル駅へと移転し、また車両基地宇都宮運転所の機能の一部を田端運転所に移し、余剰となった線路跡地に設置されたものである。東口再開発事業の開始とともに20線を超えた留置線も撤去され、2008年平成20年)11月1日には宇都宮東警察署交番『宇都宮駅東口KOBAN』、バスのりば、タクシーのりば、一般車乗降場が新設された。2つのプラットホームに6つのバスのりば、タクシー乗降所、および一般車両乗降場が設けられている。また再開発にあわせて川向町および東宿郷一丁目のそれぞれ一部の町名称が変更され、市の公募により宮みらいと命名された。東口には高層商業施設が建設される予定であったが、2009年3月、再開発事業への参画を予定していた建設大手清水建設を中心とする企業グループ(グループ七七八)が折からの不況を理由に事業からの撤退を表明し、再開発事業は頓挫している。その後、2013年3月まで期限付きで暫定利用されている[48][51][52]

宇都宮駅周辺の主な施設は以下のとおり[1][2][53][54][55]

西口[編集]

近接地区(川向町、駅前通り)

近接地区(今泉)

北部地区

南部地区

  • 善願寺(大豆三粒の金仏、南大通一丁目)
  • ホテルサンロイヤル宇都宮(南大通四丁目)

中心市街地地区

中心市街地西部地区

東口[編集]

近接地区(宮みらい、宿郷、東宿郷)

  • 東口バス乗り場 - 駅東地区へ向かうバスも、一部を除き大半は西口を発着する。(宮みらい)
  • 宇都宮中央病院(東宿郷二丁目)
  • 宇都宮ポートホテル - イシン・ホテルズ・グループ(東宿郷二丁目)
  • ホテルエストイン(宿郷一丁目)
  • ホテルサンシャイン(東宿郷二丁目)
  • 宇都宮宿郷郵便局(東宿郷二丁目)
  • カルナショッピングセンター(宿郷三丁目)
  • 宇都宮東郵便局(宿郷三丁目)

北東地区(元今泉)

  • TSUTAYA 宇都宮駅東口店(元今泉四丁目)
  • 宇都宮市役所駅東出張所(元今泉五丁目)
  • 駅東公園、宇都宮市体育館(元今泉五丁目)
  • 栃木県立宇都宮白楊高等学校(元今泉八丁目)
  • 栃木県立宇都宮産業展示館(マロニエプラザ)(元今泉六丁目)
  • ヤマダ電機 テックランド宇都宮本店(元今泉三丁目、徒歩10分)

南西地区(峰、陽東)

なお、当初東口の出口階段下のタクシー乗り場前にあった餃子像は、2008年11月の東口新駅前広場オープンの前に西口バス乗場に移動された。移設作業中の同10月6日に事故により破損したが、同11月1日]の餃子祭までに石材業者により修復された[56][57]

東武宇都宮駅との位置関係[編集]

市街地の東部・田川の対岸に建設された当駅と宇都宮中心市街地の西部に立地する東武宇都宮駅とは西に約1.5km離れており、徒歩の場合、大通りやオリオン通りなどを経由して約20分を要する。

路線バス[編集]

西口に市内各地への路線バスや高速バス羽田空港成田空港名古屋京都大阪水戸ひたちなか方面)のターミナルがある。東口には駅東地区に向かう一部路線バスの停留所があるが、便数は限られている[45][58][59][60][61]

ロケーションサービス[編集]

JR東日本が提供しているロケーションサービスの一環として、宇都宮駅でも種々の作品で撮影が行われている[14][62]

2009年度

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
東北新幹線
小山駅 - 宇都宮駅 - 那須塩原駅
山形新幹線
大宮駅 - 宇都宮駅 - 郡山駅
宇都宮線
通勤快速・快速「ラビット」・普通
雀宮駅 - 宇都宮駅 - 岡本駅
湘南新宿ライン快速・湘南新宿ライン普通
雀宮駅 - 宇都宮駅
烏山線
宇都宮駅 - 岡本駅
日光線
宇都宮駅 - 鶴田駅

出典[編集]

参考文献
[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h ゼンリン 栃木県宇都宮市川向町周辺(ほか)地図
  2. ^ a b c d e f g 昭文社 MAPPLE 栃木県宇都宮市川向町周辺(ほか)地図
  3. ^ a b c d e f 東日本旅客鉄道公式ホームページ『宇都宮駅』
  4. ^ 貨物時刻表 平成22年3月ダイヤ改正 財団法人日本貨物協会
  5. ^ JR東日本ホームページ「東北本線の駅」
  6. ^ JR東日本ホームページ「日光線の駅」
  7. ^ JR東日本ホームページ「東北新幹線の駅」
  8. ^ JR東日本ホームページ「山形新幹線の駅」
  9. ^ JR東日本ホームページ「秋田新幹線の駅」
  10. ^ a b c 『停車場変遷大事典』国鉄・JR編、石野哲編、1998年(JTB発行)
  11. ^ a b c d e f g 大町雅美著『郷愁の野州鉄道 -栃木県鉄道秘話-』(随想社刊)
  12. ^ a b 『とちぎ20世紀 上巻』下野新聞とちぎ20世紀取材班編、2000年(下野新聞社発行)
  13. ^ 『とちぎ20世紀 下巻』下野新聞とちぎ20世紀取材班編、2001年(下野新聞社発行)
  14. ^ a b c d e f g h i 東日本旅客鉄道 会社要覧 2010
  15. ^ a b JTB時刻表2011年6月号(JTBパブリッシング)
  16. ^ a b JR時刻表2011年6月号(交通新聞社)
  17. ^ JR旅客営業規則 第二編 「旅客営業」
  18. ^ a b c d 『停車場変遷大事典』2、395頁
  19. ^ a b c d 『停車場変遷大事典』1、189・190頁
  20. ^ a b 『会員の家業とその沿革』(国鉄構内営業中央会刊)
  21. ^ a b JR東日本ホームページ「鉄道の歴史」『明治18年 1885年 7月 宇都宮駅(日本鉄道)で、にぎり飯を売り出す(駅弁の始まり)』
  22. ^ a b c 『停車場変遷大事典』1、195頁
  23. ^ a b c d e f g h i j k l m 『宇都宮駅100年史』日本国有鉄道 宇都宮駅 編、1985年
  24. ^ 大阪朝日新聞京都付録1904年2月11日
  25. ^ a b c 日清製粉70年史、同100年史
  26. ^ a b 『炎 鎮火せず』(宇都宮平和祈念館建設準備会、下野新聞社、栃木新聞社編集・発行)
  27. ^ 鉄道ピクトリアル 1967年2月号(電気車研究会刊)
  28. ^ a b ジェイクレス・リアルエステート株式会社 会社沿革
  29. ^ 『停車場変遷大事典』2、423頁
  30. ^ 東日本旅客鉄道プレスリリース(2003年9月10日)『10月12日(日)、「SuicaFREX 定期券」デビュー!』 (PDF)
  31. ^ a b c d e f g 東日本旅客鉄道公式ホームページ『宇都宮駅 構内図』
  32. ^ a b 駅パラ 宇都宮/パセオ ショップリスト
  33. ^ a b 東日本旅客鉄道 『Suicaが使えるお店一覧 宇都宮駅』
  34. ^ a b らくらくおでかけネット『駅・ターミナル情報検索 宇都宮駅』
  35. ^ a b らくらくおでかけネット『駅案内図一覧 宇都宮駅』
  36. ^ JR気動車客車編成表 2010 交通新聞社刊
  37. ^ 東日本旅客鉄道 『Suicaが使えるお店一覧 栃木県-グルメ』
  38. ^ 宇都宮駅ビルPASEO公式ホームページ『フロアマップ1F』
  39. ^ 宇都宮駅ビルPASEO公式ホームページ『フロアマップ2F』
  40. ^ a b 宇都宮東警察署HP『宇都宮駅交番』
  41. ^ 鉄道ジャーナル 2003年12月号より
  42. ^ JR時刻表 2010年9月号(交通新聞社刊)601ページ
  43. ^ 東日本旅客鉄道ホームページ 『各駅の乗車人員 2013年度 ベスト100以外の駅』
  44. ^ JR東日本:新幹線駅別乗車人員(2013年度)
  45. ^ a b 関東バス『路線バスのご案内 JR宇都宮駅乗り場のご案内』
  46. ^ 宇都宮市HP『宇都宮駅西口広場の「一般車乗降ルール」を守りましょう』
  47. ^ 宇都宮市『宇都宮駅西口広場の「一般車乗降ルール」を守りましょう』広告ポスター (PDF)
  48. ^ a b 宇都宮市HP『市街地再開発事業』
  49. ^ 宇都宮市HP『宇都宮駅西口第四B地区』
  50. ^ リッチモンドホテル宇都宮駅前アネックス『2010年12月1日 リッチモンドホテル宇都宮駅前アネックス グランドオープン』
  51. ^ 宇都宮市HP『宇都宮駅東口新駅前広場の概要』 (PDF)
  52. ^ 宇都宮市『宇都宮駅東口地区整備事業について』平成21年8月12日 (PDF)
  53. ^ 宇都宮観光コンベンション協会『文化・歴史』
  54. ^ 宇都宮観光コンベンション協会『美術館・博物館』
  55. ^ 宇都宮観光コンベンション協会『宮の街歩き』
  56. ^ 宇都宮の餃子像が真っ二つ 駅前で移転作業中壊れる
  57. ^ 宇都宮でギョーザ祭り 壊れた餃子像も復活(共同通信社 47News 2008年11月1日)
  58. ^ 関東バス時刻表(宇都宮駅西口発大通り方面行き、平日)
  59. ^ 関東バス時刻表(宇都宮駅東口発鬼怒通り方面行き、平日)
  60. ^ JRバス関東宇都宮支店時刻表(平日下り)2010年11月1日改正 (PDF)
  61. ^ JRバス関東宇都宮支店時刻表(平日上り)2010年11月1日改正 (PDF)
  62. ^ 宇都宮フィルムコミッション実績

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 烏山線列車の大半は宇都宮線宇都宮駅を始発、終着駅とするが、一部は烏山線の線路名称上の起点である宝積寺駅を始発、終着駅とするため、これら宝積寺駅を始発終着駅とする烏山線列車を利用する場合は、宇都宮駅 - 宝積寺駅間は宇都宮線黒磯駅発着列車を利用し、宝積寺駅で烏山線列車に乗り換えとなる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]