勝沼ぶどう郷駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
勝沼ぶどう郷駅*
駅舎(2009年7月)
駅舎(2009年7月)
かつぬまぶどうきょう - Katsunumabudōkyō
甲斐大和 (6.0km)
(4.4km) 塩山
所在地 山梨県甲州市勝沼町菱山3052
所属事業者 JR logo (east).svg東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 中央本線
キロ程 112.5km(東京起点)
電報略号 ヌマ←ツマ(改称前)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
471人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1913年(大正2年)4月8日
備考 業務委託駅
* 1993年に勝沼駅から改称
駅ホームの様子(臨時快速「ビューやまなし号」が停車中)

勝沼ぶどう郷駅(かつぬまぶどうきょうえき)は、山梨県甲州市勝沼町菱山にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線である。

歴史[編集]

勝沼はすでにこの地域に開通していた中央本線上に新しく設置された駅である。まず1913年(大正2年)に大日影信号場が設置され、それが駅に昇格する形で同年4月8日に勝沼駅は開業した。

当時は勾配上にホームを設けるのを避け、通過可能なスイッチバック駅であったが、1968年(昭和43年)にスイッチバックは廃止された。

1993年平成5年)に現在の勝沼ぶどう郷駅へ改称された。さくらんぼ東根駅井川さくら駅などこの後地名と名物を組み合わせた駅名がJR東日本には多く登場するが、この駅はその嚆矢となった。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を持つ地上駅。のりばは駅舎側から1番線、2番線である。この地域に中央本線が開通した後に開設された駅であり、開業当初はホームなどを急勾配にしないためスイッチバック駅であった。

スイッチバック駅といっても通過が可能な構造で、当駅に停車する列車のみ駅の甲府寄りで本線から分岐した線路をすすみ当駅に入っていた。

スイッチバックが廃止されたのは1968年8月30日のことである。このときからこの駅のホームは25の勾配がある本線上に設けられているが、スイッチバック時代の遺構が残っており、公園として整備中である。日本国有鉄道(国鉄)形式の駅名標「勝沼」を復刻した旧ホームなどの整備が行われており、復刻のため駅名標の隣駅は「甲斐大和」ではなく「初鹿野」になっている。

ホームは駅舎より高い位置にあり、駅舎の2階から階段と小さな橋でホームの脇に業務用の通路が延びている。駅前には約1000本のサクラが植えられており、毎年4月ごろに見頃をむかえるが、線路が駅舎や駅前広場より高い位置を通っているため通過する列車の内部からもこの様子を見ることができる。

駅舎は1980年に供用を開始したもので、2階建てである。駅舎内部にはコンコースのほか駅事務室や独立した待合所があるほか市の観光案内所をかねたコーヒー店と市営のワインショップが併設されており、特産の甲州ワインの販売がある。コンコースのホーム側の端に出札口と改札が設けられていてその脇に自動券売機が1台設置されている。

みどりの窓口未設置の業務委託駅JR東日本ステーションサービス委託)でPOS端末が設置されている。簡易Suica改札設置駅。

優等列車の停車について[編集]

優等列車は原則として当駅には停車しないが、3月から11月の観光シーズンにおいて停車する列車がある。詳細はJR東日本公式サイト「駅の時刻表 勝沼ぶどう郷駅」を参照。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 中央本線 下り 甲府上諏訪松本方面
2 中央本線 上り 大月八王子新宿方面

利用状況[編集]

一日平均乗車人員は以下の通りとなっている。

乗車人員推移
年度 一日平均人数
1998 380
1999 372
2000 404
2001 424
2002 425
2003 417
2004 421
2005 429
2006 401
2007 377
2008 432
2009 430
2010 427
2011 420
2012 471

駅周辺[編集]

静態保存中のEF64形18号機

この駅は勝沼を名乗ってはいるが、勝沼の中心部からみて東側の笹子峠を下り甲府盆地に入る位置にある。これは笹子峠と甲府盆地との標高差を距離で稼ぐため、盆地の縁に沿って迂回する路線形状を取らざるを得ないことによる。駅を出ると駅前広場をはさんですぐのところが崖のようになっていてそこから勝沼の町・甲府盆地を一望できるほか、駅前からは勝沼の市街へ通じる急な坂が左右に降りている。冬の晴れた日には駅前広場から南アルプス八ヶ岳までもが一望できる。

この駅の所在地は勝沼のうちの菱山というところで、開設当初には当時の菱山村がこの駅を菱山駅とするよう求めたというエピソードもあるが、この駅は勝沼のぶどうを多く出荷することとなっていたので結局勝沼となった。

駅の周りから駅の南4キロメートルほどのところまでが当駅の駅名ともなった勝沼ぶどう郷である。勝沼の中心部までは直線距離でも1.5キロメートルほどの距離がある。

駅近くの鉄道遺産記念公園(2014年現在整備中、改札口を出て左方向に100メートル弱)には国鉄EF64形電気機関車の18号機(東芝製)が静態保存されている。もとは、廃車後に塩尻機関区篠ノ井派出構内で留置されていたが、甲州市が日本貨物鉄道(JR貨物)より譲り受け、国道18号国道141号国道20号を経由して陸送された。なお、展示にあたっては塗色をし直すなどの整備がなされている(当機は国鉄、JR貨物時代とも国鉄色)。

バス路線[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行事業者 備考
勝沼ぶどう郷駅   ぶどうコース1 中原・ぶどうの丘・勝沼病院・等々力公民館 健康福祉センター 甲州市市民バス
ぶどうコース2 上町・釈迦堂入口・図書館文化館・勝沼病院・山交差点西 健康福祉センター 甲州市市民バス
ワインコース1 ぶどうの丘・山交差点西 健康福祉センター 甲州市市民バス
ワインコース2 深沢共撰所・上町・勝沼病院・図書館文化館・四季の里団地 健康福祉センター 甲州市市民バス

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
中央本線
甲斐大和駅 - 勝沼ぶどう郷駅 - 塩山駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]