すずらんの里駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
すずらんの里駅
全景
全景
すずらんのさと - Suzurannosato
富士見 (3.2km)
(1.9km) 青柳
所在地 長野県諏訪郡富士見町富士見535
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 中央本線
キロ程 186.1km(東京起点)
電報略号 スサ
駅構造 地上駅(盛土上)
ホーム 2面2線
開業年月日 1985年昭和60年)10月31日
備考 無人駅(乗車駅証明書発行機 有)
標高:949.6m
下り線側
上り線側
上りホームの待合室

すずらんの里駅(すずらんのさとえき)は、長野県諏訪郡富士見町富士見にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線である。

概要[編集]

当駅の近隣に事業所を持つセイコーエプソン株式会社が、事業所へのアクセス確保と、鉄道の有効利用を目的に設置を希望し、設置費用およそ2億円を負担して1985年昭和60年)10月にできた駅である。

「すずらんの里」という駅名は、当時の国鉄としては特異なものであり、物議を醸した。由来は、地元入笠高原の別名「すずらん高原」である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線をもつ地上駅である。ホームは盛土上に設置されており、線路両脇に各ホームへあがるための階段が設置されている。跨線橋がないため、反対側のホームに行くには、一度階段で外に出て線路の下を通る公道を経由して、再び階段を上がらなくてはならない。勾配の途中にある。

茅野駅管理の無人駅で、自動券売機の設置がないため乗車券の購入は出来ないが、乗車駅証明書発行機が各ホームに設置されている。開業以来無人駅だが、毎年8月15日諏訪湖祭湖上花火大会および9月第一土曜日の全国新作花火競技大会開催時のみ社員による臨時発売がある。

各ホームには待合所が設けられており、また、特急列車が高速で通過するため、電車接近表示機が設置されている。さらに、JR東日本長野支社の無人駅では珍しく、発車ベルが備え付けられている。

駐車場が整備されている。駐車場脇にはトイレが設けられている。

のりば[編集]

ホーム 路線 方向 行先
西側 中央本線 下り 上諏訪塩尻松本方面
東側 中央本線 上り 小淵沢甲府新宿方面

※案内上の番線番号は設定されていない。

駅周辺[編集]

駅周辺には国道20号が通り、御射山神戸(みさやまごうど、単に神戸とも)という集落がある。近辺に中央自動車道諏訪南ICがあるので、交通量は多い。当駅の開業でセイコーエプソンの富士見・諏訪南両事業所へのアクセスは飛躍的に向上した。

周辺には、これらの他にカゴメの工場、富士見パノラマリゾート等がある。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
中央本線
富士見駅 - すずらんの里駅 - 青柳駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]