春日居町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
春日居町駅*
駅構内(2006年1月)左 - 下り線(塩尻方面)・右 - 上り線(東京方面)
駅構内(2006年1月)
左 - 下り線(塩尻方面)・右 - 上り線(東京方面)
かすがいちょう - Kasugaichō
山梨市 (2.8km)
(2.8km) 石和温泉
所在地 山梨県笛吹市春日居町別田393-5
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 中央本線
キロ程 125.0km(東京起点)
電報略号 カウ
ヘツ(改称前)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
510人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 1954年昭和29年)12月1日
備考 無人駅(自動券売機 有)
* 1993年に別田駅から改称。

春日居町駅(かすがいちょうえき)は、山梨県笛吹市春日居町別田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。ホームは嵩上げされていない。当駅の東京寄り約150メートル手前で分岐して当駅の松本方面ホーム手前に至る短い側線が1本ある。この側線終点には保守作業車用の車庫が設置されている。線路はほぼ北東から南西に敷設されており、東京方面ホームが線路の北西に、松本方面ホームが線路の南東にある。

当駅には駅舎は無く、各ホームの東京方が階段になっており改札がある。ホーム間は跨線橋構内踏切等で結ばれていないため、改札を通らないと往来できない。駅に隣接している別田踏切を使用する。

無人駅自動改札は設置されていない。各ホームの出入り口に簡易Suica改札および乗車駅証明書発行機が設けられている。自動券売機は東京方面ホームの改札付近に設置されている。

かつてはホーム有効長が短いために塩山・韮崎間のみ運行する区間普通列車(身延線の間合い運用)のみ停車していたが、現在は全ての普通列車が停車する。

のりば[編集]

ホーム 路線 方向 行先
南側 中央本線 下り 石和温泉甲府小淵沢松本方面
北側 中央本線 上り 塩山大月高尾東京方面

※案内上の番線番号は設定されていない。

駅周辺[編集]

春日居町唯一の鉄道駅で、町域南部平坦地の山梨市寄りに位置する。東京方面ホームの出口脇には観光案内所(案内所内にパンフレットがおかれているのみ)と公衆トイレがあり、松本方面ホーム脇にはロータリーと日中は無料で入浴可能な足湯が整備されている。春日居の中心部、笛吹市春日居支所周辺へは直線距離で約800メートルの距離である。

バス路線[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
春日居町駅       山梨厚生病院 栄和交通 土、日、祝日と12/30~1/3の間は運休
    山梨リハビリテーション病院 石和温泉駅

利用状況[編集]

1日平均乗車人員は以下の通りとなっている。

  • 362人(1998年度)
  • 382人(1999年度)
  • 380人(2000年度)
  • 379人(2001年度)
  • 382人(2002年度)
  • 391人(2003年度)
  • 403人(2004年度)
  • 399人(2005年度)
  • 461人(2006年度)
  • 490人(2007年度)
  • 505人(2008年度)
  • 498人(2009年度)
  • 510人(2010年度)

歴史[編集]

太平洋戦争後に設置された駅である。開業当初は所在地の地名から別田駅と名乗っていたが国鉄の民営化後の1993年平成5年)に春日居町にある唯一の駅として春日居町駅に改称された。

その他[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
中央本線
山梨市駅 - 春日居町駅 - 石和温泉駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]