辰野駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
辰野駅
駅舎(2012年4月)
駅舎(2012年4月)
たつの - Tatsuno
所在地 長野県上伊那郡辰野町大字辰野1941
所属事業者 JR logo (east).svg東日本旅客鉄道(JR東日本)*
JR logo (central).svg東海旅客鉄道(JR東海)
JR logo (freight).svg日本貨物鉄道(JR貨物)
電報略号 タノ
駅構造 地上駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
573人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1906年明治39年)6月11日
乗入路線 2 路線
所属路線 JR logo (east).svg中央本線(辰野支線)
キロ程 9.5km(岡谷起点)
東京から219.9km
川岸 (6.0km)
(4.3km) 信濃川島
所属路線 JR logo (central).svg飯田線
キロ程 195.7km(豊橋起点)
宮木 (1.1km)
(-km) (川岸)**
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
標高:722.8m
* 会社境界駅(旅客営業において、JR東日本の管轄駅)
** ほとんどの列車が中央本線に直通。

辰野駅(たつのえき)は、長野県上伊那郡辰野町大字辰野にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)、東海旅客鉄道(JR東海)、日本貨物鉄道(JR貨物)のである。JR東日本とJR東海の境界駅の一つである。

概要[編集]

岡谷駅 - 塩尻駅間を結ぶ中央本線の支線を所属線とし[1]豊橋駅を起点・当駅を終点とする飯田線を加えた2つの鉄道路線が乗り入れる。かつては両線とも日本国有鉄道(国鉄)の路線であったが、1987年国鉄分割民営化により中央本線支線はJR東日本、飯田線はJR東海の路線となり、また両線ともJR貨物が第二種鉄道事業者として貨物営業を行っている。旅客営業においては当駅がJR東日本・JR東海の境界駅となっている。駅舎・ホームなどは鉄道資産はJR東日本の所属であり、同社とJR東海との境界は飯田線の下り場内信号機である。

当駅は中央本線開通と同時、1906年(明治39年)に開業した。その後、駅西方から伊那谷方面を結ぶ伊那電車軌道(後の伊那電気鉄道)が開業し、1916年(大正15年)には駅に直接乗り入れた。伊那電気鉄道は1943年(昭和18年)に国有化され、飯田線として国鉄の路線網に組み込まれた。

以降、中央本線と飯田線の乗換駅として栄えたが、1983年に辰野駅を迂回する塩嶺トンネル経由の新線が岡谷駅 - 塩尻駅間に開通し、中央本線のメインルートから外れ、定期特急の停車がなくなった。その後、1986年11月に急行こまがね」、2002年12月に夜行急行「アルプス」も廃止され、辰野駅を経由する中央本線の定期の優等列車は全廃された。

現在、かつての優等列車の代替として快速みすず」のみが停車する。塩嶺トンネル開通後、特に分割民営化以降、飯田線列車は上下各1本が当駅発着である他は、全ての列車が岡谷・上諏訪方面へ直通する。塩尻方面へは当駅との間での区間運転が大半を占めているため、実質飯田線の中間駅かつ地元で辰野線と呼ばれる塩尻への旧線の起点駅のようになっている。

歴史[編集]

  • 1906年明治39年)6月11日 - 官設鉄道 岡谷 - 塩尻間延伸と同時に開業。
  • 1909年(明治42年)10月12日 - 線路名称設定。中央東線の所属となる。
  • 1911年(明治44年)5月1日 - 線路名称が改定され、所属が中央東線から中央本線に変更。
  • 1916年大正5年)11月23日 - 伊那電車軌道(1919年伊那電気鉄道へ改称)が西町駅から延伸し当駅に乗り入れ。この区間の開業以前は西町駅が、伊那電車軌道の「辰野駅」を名乗っていた。
  • 1923年(大正12年)3月16日 - 伊那電気鉄道の伊那松島 - 当駅間が、軌道から鉄道への移行のために新線へ切り替え。
  • 1943年昭和18年)8月1日 - 伊那電気鉄道が飯田線の一部として国有化され、国有鉄道単独駅となる。
  • 1983年(昭和58年)6月15日 - 鉄筋2階建ての駅ビル新築。塩嶺トンネル供用による対価として駅舎の改良が行われた。
  • 1984年(昭和59年)1月15日 - 専用線発着を除く車扱貨物の取扱を廃止。
  • 1986年(昭和61年)11月1日 - 荷物の取扱を廃止。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、旅客営業はJR東日本(JR東海は乗入れ)、貨物営業はJR貨物が継承。
  • 2006年平成18年)6月11日 - 開業100周年を記念し、記念行事開催。記念弁当も限定発売された。また、6月10日には塩尻 - 岡谷間でレトロ客車「たつのぴっかり号」が運転された。

駅構造[編集]

2面4線のホームを有する地上駅改札口正面に1番線(下り副本線)があり単式ホームとなっているが、ホーム西側・1番線反対側に行止り式の0番線(飯田線専用)が設けられている。0番線は2012年3月改正時点で、下り最終の当駅止まりと翌朝の折返し上り始発列車のみが使用している。島式ホームの改札口側が2番線(下り本線)、その反対側が3番線(上り本線)となっている。3番線以降も9番線まであるが、いずれもホームはない。4・5番線は上り副本線で、主に貨物列車の着発線となっている。6 - 9番線は側線である。

駅舎は構内南側にある。改札口左手に跨線橋があり、単式ホーム北側にある島式ホームと連絡している。

JR東日本の直営駅駅長配置)であり、管理駅として信濃川島駅小野駅を管理している。駅舎内にはみどりの窓口(営業時間 5:50 - 19:40)のほか、自動券売機が2台設置されており、オレンジカードが利用できる。尚自由席特急券を購入できるのは片方の券売機のみである。かつては、JR東日本区間とJR東海区間を区別する機能が付いていたが、現在この機能は廃止された。ちなみに、この機能が付いていたときは、東日本区間のボタンを押すと券面に「東日本会社線」と表示されていたのに対して、東海区間のボタンを押すと、券面に「宮木経由」と表示されていた。

2009年3月14日から、JR東海管内の在来線全駅のホームが終日禁煙となったが、当駅はJR東海管轄の飯田線が接続しているものの、前述の通り当駅はJR東日本の管轄のため対象外で、従来通り喫煙所が設けられている。

発車メロディサウンドファクトリー製の曲を使用している。かつては東洋メディアリンクスの「Water Crown(0・2番線)」・「Gota del Vient(1・3番線)」を使用していた[要出典]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
0 JR logo (central).svg飯田線 - 宮木伊那松島伊那市方面 1日1本のみ
1 JR logo (east).svg中央本線 上り 川岸岡谷方面 通常はこのホーム
JR logo (central).svg飯田線 - 宮木・伊那松島・伊那市方面 1日1本のみ
2 JR logo (central).svg飯田線 - 宮木・伊那松島・伊那市方面 通常はこのホーム
JR logo (east).svg中央本線 下り 信濃川島小野塩尻方面 岡谷方面からの直通含む一部列車
3 JR logo (east).svg中央本線 下り 信濃川島・小野・塩尻方面 当駅始発のみ、通常はこのホーム
上り 川岸・岡谷方面 当駅始発

2013年3月時点で、岡谷方面の列車は飯田線からの直通と当駅始発のみで、定期での塩尻方面からの直通列車は存在しない。

貨物取扱・専用線[編集]

着発線へ向かうタキ車(2009年1月)

JR貨物の駅は専用線発着の車扱貨物の取扱駅となっているが、2009年3月14日のダイヤ改正以降、貨物列車の発着がなくなっている。

2009年3月までは、駅南側の豊島屋辰野油槽所専用線向けの根岸駅からの灯油やガソリンの到着があった。また、1996年3月まで、駅西側にあったJA東日本くみあい飼料辰野工場(2003年閉鎖)へ続く専用線もあった。この路線は、知多駅発送の穀物を取り扱っていた。

利用状況[編集]

  • JR東日本
JR乗車人員推移
年度 1日平均人数
2000 1,089
2001 1,002
2002 923
2003 739
2004 673
2005 637
2006 623
2007 599
2008 626
2009 586
2010 596
2011 562
2012 573
  • JR貨物
    • 2005年度の貨物取扱量は、約37,600トンであった。

駅周辺[編集]

少し歩いた所に商店街がある。

路線バス[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
中央本線(辰野支線)
快速「みすず
川岸駅 - 辰野駅 (- 飯田線 宮木駅)
普通(殆どの列車は当駅で乗換)
川岸駅 - 辰野駅 - 信濃川島駅
東海旅客鉄道(JR東海)
飯田線
快速(「みすず」含む)
伊那新町駅 - (「みすず」のみ宮木駅) - 辰野駅 (- 中央本線 川岸駅)
普通
宮木駅 - 辰野駅 (- 中央本線 川岸駅)
※ただし、上りの「みすず」は宮木駅に停車するが伊那新町駅には停車しない(宮木駅の次は羽場駅に停車)。
※国有化以前は、宮木駅と当駅の間に西町駅が存在した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]