伊那北駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
伊那北駅
駅舎(2008年3月)
駅舎(2008年3月)
いなきた - Inakita
伊那市 (0.9km)
(2.1km) 田畑
所在地 長野県伊那市山寺1930
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 飯田線
キロ程 178.9km(豊橋起点)
電報略号 ナキ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
1,076人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1912年明治45年)1月4日
備考 駅員無配置駅
標高:643m

伊那北駅(いなきたえき)は、長野県伊那市山寺にある、東海旅客鉄道(JR東海)飯田線である。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線を持ち、列車交換が可能な地上駅。単式ホーム側(下り線)に駅舎があり、島式ホーム側とは伊那市駅側にある構内踏切で連絡している。1・2番線が本線で、3番線が上り副本線である。貨物取扱駅であったため、構内には複数本の側線がある。かつては駅舎の北側に有蓋車用の貨物ホームがあった。

伊那市駅管理の無人駅。2013年3月までは東海交通事業の職員が業務を担当する業務委託駅で、みどりの窓口が設置されていた。

伊那北駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 飯田線 下り 辰野方面[1]  
2・3 飯田線 上り 飯田天竜峡方面[1] 一部1番のりば

利用状況[編集]

「伊那市統計書」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
2005年 1,096
2006年 1,114
2007年 1,123
2008年 1,142
2009年 1,116
2010年 1,081
2011年 1,056
2012年 1,076

駅周辺[編集]

伊那北高校高遠高校上伊那農業高校の最寄駅のため学生も多い。観桜シーズンには高遠城址公園へのアクセス駅として賑わう。

バス路線[編集]

駅前にJRバス関東が運行する高遠町方面バス(高遠線)と伊那バスが運行する伊那市街地循環バスの乗り場がある。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
飯田線
快速(「みすず」含む)
伊那市駅 - 伊那北駅 - (一部田畑駅) - 北殿駅
普通
伊那市駅 - 伊那北駅 - 田畑駅
※国有化以前は、伊那市駅(当時は伊那町駅)と当駅の間に入舟停留場が存在した。
1923年大正12年)までは、当駅と田畑駅(当時は田畑停留場)の間に山寺停留場、御園停留場、神子柴停留場が存在した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 駅掲示用時刻表の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(2011年1月現在)。
  2. ^ 飯田市内2駅が無人駅に JR飯田線 - 中日新聞(2013年2月9日)2013年3月8日閲覧。

関連項目[編集]