本長篠駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本長篠駅*
駅舎(2009年6月)
駅舎(2009年6月)
ほんながしの - Hon-nagashino
長篠城 (1.3km)
(3.5km) 三河大野
所在地 愛知県新城市長篠字具津67
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 飯田線
キロ程 32.1km(豊橋起点)
電報略号 ホナ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
372人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 1923年大正12年)2月1日
備考 簡易委託駅
* 改称経歴
- 1929年 鳳来寺駅→鳳来寺口駅
- 1943年 鳳来寺口駅→本長篠駅
本長篠駅
ほんながしの - Hon-nagashino
(2.6km) 三河大草
所在地 愛知県南設楽郡鳳来町字具津67
所属事業者 豊橋鉄道
所属路線 田口線*
キロ程 0.0km(本長篠起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1929年昭和4年)5月22日
廃止年月日 1968年昭和43年)9月1日
備考 *1956年昭和31年)9月30日までは田口鉄道

本長篠駅(ほんながしのえき)は、愛知県新城市長篠字具津にある、東海旅客鉄道(JR東海)飯田線である。かつては、飯田線と豊橋鉄道田口線の分岐駅であった。

概要[編集]

本長篠駅は、豊橋駅愛知県)から飯田駅長野県)を経て辰野駅(同)までを結ぶJR飯田線の中間駅(途中駅)の一つである。新城市の長篠地区に位置する。豊橋と飯田を結ぶ特急伊那路」の停車駅の一つであるほか、普通列車ではこの駅で折り返す列車が存在する。

1923年大正12年)の開業。開業当初は鳳来寺鉄道という私鉄の駅であったが国有化により国鉄飯田線の駅となり、民営化によりJR東海に継承されて現在に至っている。鳳来寺鉄道時代は、「鳳来寺駅」(ほうらいじえき)または「鳳来寺口駅」(ほうらいじぐちえき)という駅名であった。1929年昭和4年)に、この路線とは別に、北設楽郡設楽町三河田口駅までを結ぶ田口鉄道(後の豊橋鉄道田口線)が開通し乗換駅となったが、同線は1968年(昭和43年)に廃止されている。

鉄道同士の乗換駅としての役目は終えたものの、3つの路線バスとの乗換駅であり続けている。3つのうち2つの路線は駅と旧長篠町域各地を結ぶが、残る1路線は田口線の代替バスであり、旧長篠町域を越えて設楽町までを結んでいる。

構造[編集]

配線[編集]

ホームが地面に接する地上駅である。ホームは1面あり、その南北両側に線路が接する島式ホームである[1]。ホーム番線は北側が1番線、南側が2番線であり[1]、以下の表の通りに使用されている[2]

番線 路線名(方向) 行先 備考
1 飯田線(下り) 中部天竜飯田方面
飯田線(上り) 豊橋方面 本長篠始発列車の一部が使用
2 飯田線(上り) 豊橋方面 中部天竜方面からの列車と本長篠始発列車の一部が使用

ホームに接しない線路も、1・2番線双方の外側に1線ずつ存在する[1]

駅舎・設備[編集]

駅舎は構内北側にあり、木造の建物が使用されている[3]。駅舎と前述のホームとは構内踏切で繋がっている[1]。かつてはこの駅舎に接するホームに田口線の列車が発着していた[3]

営業形態については2007年の時点で、駅長配置駅(管理駅)である豊川駅の管理下に置かれた業務委託駅(夜間無人駅)で[4]みどりの窓口を設置していた[4]。JR東海は子会社の東海交通事業に業務を委託していたのであるが、利用者減に伴い2012年3月末をもって業務委託を打ち切り無人駅とする方針を打ち出した[5][6]。これを受けて新城市は2012年度の予算に「乗車券類販売事業」の費用を計上[7]、JR東海から新城市が簡易委託を受けて、同年4月1日から窓口業務を引き継ぐこととした。期間は3年間で、その後継続か撤退かを判断する、としている[8][9]

歴史[編集]

本長篠駅を開設した鳳来寺鉄道は、現在のJR飯田線中南部にあたる大海三河川合間を運営していた私鉄である。1923年2月に同区間が開通した際、あわせて本長篠駅も開設された。ただし当初は「鳳来寺駅」を称した。それから6年後の1929年(昭和4年)3月、最終的には三河田口駅へと路線を延ばす田口鉄道線が乗り入れる。この田口鉄道が鳳来寺により近い場所に開設した新・鳳来寺駅を駅名を譲って、同鉄道の開通に先立って鳳来寺駅から「鳳来寺口駅」へと駅名が変更されている。

1943年(昭和18年)8月、鳳来寺鉄道のみ買収・国有化される。これによってこの駅は鳳来寺鉄道線等の後身である国鉄飯田線と田口鉄道の接続駅に変わった。また駅名も鳳来寺口駅から現在の「本長篠駅」へ再度変更された。1956年(昭和31年)10月には田口鉄道が豊橋鉄道合併され、同鉄道線は豊橋鉄道田口線へと改名した。しかしこの田口線は利用者の減少によって1968年(昭和43年)9月に廃止され、本長篠駅は国鉄飯田線の単独駅となった。

1971年(昭和46年)、飯田線の多くの駅と同様に、開業時から行われていた貨物の取り扱いを終了した。1984年(昭和59年)には残っていた荷物の取り扱いも廃止され、旅客専用駅に変わった。そしてそのまま1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化を迎え、JR東海に継承された。

年表[編集]

  • 1923年(大正12年)2月1日 - 鳳来寺鉄道の「鳳来寺駅」として開業[10]
  • 1929年(昭和4年)3月15日 - 「鳳来寺口駅」に改称届出[11][12]。少なくとも同年4月3日には「鳳来寺口」と称していた[11]
  • 1929年(昭和4年)5月22日 - 田口鉄道線(のちの豊橋鉄道田口線)が開業。
  • 1943年(昭和18年)8月1日 - 鳳来寺鉄道線が国鉄飯田線として国有化。国鉄と田口鉄道の駅となり、同時に「本長篠駅」に改称[10]
  • 1956年(昭和31年)10月1日 - 会社合併により田口鉄道線が豊橋鉄道田口線となり、国鉄と豊橋鉄道の駅となる。
  • 1968年(昭和43年)9月1日 - 豊橋鉄道田口線全廃、国鉄単独駅に。
  • 1971年(昭和46年)12月1日 - 貨物の取り扱いを廃止[10]
  • 1984年(昭和59年)2月1日 - 荷物の取り扱いを廃止[10]
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 分割民営化によりJR東海が継承[10]

停車列車[編集]

優等列車に関しては、豊橋・飯田間を結ぶ特急伊那路」が1996年3月の運転開始時から停車駅としている。1983年まで運行されていた急行伊那」の停車駅の一つでもある(例えば1972年3月改正の時点では、上下各4本すべてが停車していた[13])。

普通列車は、豊橋駅方面行きの上り列車が1日21本(1時間あたり概ね1本(最大3本))、中部天竜方面行きの下り列車が1日13本(ほぼ1-3時間に1本)それぞれ設定されている(2010年3月改正時点)。上下で本数の差があるのは豊橋と本長篠までを結ぶ列車があるためである。また、上りのみに1日1本ある快速列車も停車する。

2006年10月のダイヤ改正まで、飯田線には東海道本線名古屋方面直通の快速列車(特別快速ないし新快速)が乗り入れていたが、2006年3月改正時点ではこのうち朝ラッシュ時の特別快速1本が本長篠駅まで乗り入れていた。

駅周辺[編集]

バス[編集]

駅北側にバスターミナルがあり、豊鉄バス新城市営バス路線バスが発着している。バス停留所(バス停)の名称は豊鉄バスが「本長篠駅前」、市営バスが「本長篠」である。両バス停に発着する路線は以下の通り。

  • 豊鉄バス本長篠駅前バス停
    • 田口新城線おでかけ北設) : 新城市中心部の新城病院前を起点に、新城東高校大海駅前等を経由し、本長篠駅前からは北上して田口(設楽町田口地区)へと至る路線である。本長篠から田口までは、豊橋鉄道田口線の代替交通機関として運行を開始した。平日の登下校時間帯は本長篠駅前 - 海老車庫前、11月の土休日は本長篠駅前 - 鳳来寺山頂の各支線が追加運行される。
  • 新城市営バス本長篠バス停
    • 秋葉七滝線 : 本長篠を起点とし、三河大野駅を経てその東方の新城市七郷地区を結ぶ。
    • 長篠山吉田線 : 本長篠を起点とし、その南方の下山田・黄柳野等の新城市山吉田地区を結ぶ。

隣の駅[編集]

※特急「伊那路」の隣の停車駅は列車記事を参照のこと。

東海旅客鉄道(JR東海)
飯田線
快速(上りのみ運転)
大海駅 - 本長篠駅 - 三河大野駅
普通
長篠城駅 - 本長篠駅 - 三河大野駅

かつて存在した路線[編集]

豊橋鉄道
田口線
本長篠駅 - 三河大草駅

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『中部ライン全線・全駅・全配線』第4巻、35頁(配線図)・75頁。方角は配線図と実際の地図との対照から補記。
  2. ^ 本長篠駅 発駅時刻表 (PDF) (JR東海ウェブサイト)、2012年6月14日閲覧
  3. ^ a b 『タイムスリップ飯田線』、98頁
  4. ^ a b 『東海旅客鉄道20年史』、732・733頁
  5. ^ 『しんしろ市議会だより』No.27 平成24年2月15日 (PDF) 、p6(新城市ウェブサイト)
  6. ^ 「飯田線の3駅、4月から無人化へ 利用者大幅減に伴う措置」東愛知新聞、2011年11月23日配信
  7. ^ 新城市 平成24年度予算案の概要 (PDF) 」、p9,26(新城市ウェブサイト)
  8. ^ 『しんしろ市議会だより』N0.28 平成24年5月15日 (PDF) 、p11(新城市ウェブサイト)
  9. ^ 『平成24年3月定例会 予算・決算委員会(当初予算)記録』 (PDF) 、p3(新城市ウェブサイト)
  10. ^ a b c d e 『停車場変遷大事典』2、100頁
  11. ^ a b 梁山泊会所告示(5)」(『停車場変遷大事典』補遺データ)、2011年1月16日閲覧
  12. ^ 『日本鉄道旅行地図』7号、36頁
  13. ^ 『時刻表復刻版 戦後編2』1972年3月号、104-107頁

参考文献[編集]