沢駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
沢駅
待合所(2009年9月20日)
待合所(2009年9月20日)
さわ - Sawa
伊那松島 (2.6km)
(1.9km) 羽場
長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪500
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 飯田線
キロ程 189.7km(豊橋起点)
電報略号 サワ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
314人/日(降車客含まず)
-2007年-
開業年月日 1923年大正12年)3月16日*
備考 駅員無配置駅
標高:702m
* 伊那松島 - 辰野間の新線上の駅としての開業日
ホーム(2005年11月)。現在は手前の下り線が撤去されている

沢駅(さわえき)は、長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪にある、東海旅客鉄道(JR東海)飯田線である。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅待合所は旧上り線側(東側)にある。伊那市駅管理の無人駅である。なお、2008年9月13日までは2面2線の交換可能駅であったが、下り線側が廃止された。

駅周辺[編集]

周辺には住宅地帯が広がる。沢簡易郵便局が駅前にある。

  • 国道153号
  • 箕輪北小学校
  • 箕輪町国民健康保険北部診療所

バス[編集]

  • 箕輪町「みのちゃんバス」(伊那バス委託):東コース

歴史[編集]

  • 1909年明治42年)12月28日 - 伊那電車軌道(1919年伊那電気鉄道へ改称)が松島(現・伊那松島) - 辰野間で開業した際に、沢停留場設置。
  • 1923年大正12年)3月16日 - 伊那松島 - 辰野間が軌道から鉄道への移行に伴い新線に切り替えられ、旧線上の沢停留場廃止。新線上に沢駅が開業。一般駅
    • なお、旧線の沢停留場と、新線の沢駅は、別の駅として扱われている。
  • 1943年昭和18年)8月1日 - 伊那電気鉄道線が飯田線の一部として国有化され、国鉄の駅となる。
  • 1971年(昭和46年)4月1日 - 荷物・貨物の取扱を廃止(旅客駅となる)。
  • 1983年(昭和58年)2月24日 - CTC化に伴い無人化。
  • 1980年代 - ホーム延長(4両編成の列車はホームより長く、一部車両のドアが開けられないために実施したが、同年に3両編成での運行が開始された)。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により東海旅客鉄道(JR東海)の駅となる。
  • 1996年平成8年)1月頃 - 駅舎解体、待合所新築。
  • 2008年(平成20年)9月14日 - 下り線ホーム廃止、棒線駅となる。

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
飯田線
快速(「みすず」含む)・普通
伊那松島駅 - 沢駅 - 羽場駅

関連項目[編集]