中井侍駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中井侍駅
ホーム
ホーム
なかいさむらい - Nakaisamurai
小和田 (4.0km)
(2.3km) 伊那小沢
所在地 長野県下伊那郡天龍村平岡2290
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 飯田線
キロ程 87.8km(豊橋起点)
電報略号 ナカ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
7人/日(降車客含まず)
-2007年-
開業年月日 1936年昭和11年)12月30日
備考 駅員無配置駅
標高:289m

中井侍駅(なかいさむらいえき)は、長野県下伊那郡天龍村平岡にある、東海旅客鉄道(JR東海)飯田線である。標高289m。県内で最も海抜の低い駅[1]

長野県で最も南にある駅で、「信州ワイド周遊券」のあった時代は、自由周遊区間の南限の駅であった。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を持つ地上駅飯田駅管理の無人駅である。秘境駅に数えられることもあるが、周辺には民家が散在し、道幅は狭いものの駅前まで車道が通じており、自動車での到達も可能である。

駅周辺[編集]

駅前眼下に茶畑が広がる。急傾斜地に位置し、ホームには切り立った斜面があり、コンクリートで被覆されている。駅前には民家が2軒あり、坂道を徒歩3~5分ほど登っていくと民家が連続する集落に出る。

歴史[編集]

特記事項[編集]

ネットなどで、飯田線のある駅で、通学する女子高校生1人のために毎朝、快速が臨時停車し、卒業式の朝、「卒業おめでとう。列車は明日から駅を通過しますがこれからもがんばって下さい」という車内アナウンスが流れた、という噂があり、それが当駅の話であるとされるが、JR東海は「事実関係を確認できない」とし、村役場職員などはその噂自体を知らなかったという[2]

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
飯田線
快速
通過
普通
小和田駅 - 中井侍駅 - 伊那小沢駅

脚注[編集]

  1. ^ 『秘境駅-中部・東海編』(DVD) 販売元 GPミュージアムソフト
  2. ^ 「ひとえきがたり 中井侍駅 秘境の女子高生ネット伝説」『朝日新聞』2012年12月25日付・大阪本社版夕刊。同じ記事 朝日マリオン・コム 2012年12月25日

関連項目[編集]