藤野駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
藤野駅
新駅舎(2012年10月20日)
新駅舎(2012年10月20日)
ふじの - Fujino
相模湖 (3.7km)
(3.5km) 上野原
所在地 相模原市緑区小渕1698
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 中央本線
キロ程 66.3km(東京起点)
電報略号 フノ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
2,655人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1943年昭和18年)7月15日
備考 業務委託駅
旧駅舎(2005年11月)
駅前広場から駅舎を見る(2007年3月)
ホーム、甲府方面を見る

藤野駅(ふじのえき)は、神奈川県相模原市緑区小渕にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線である。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅。ホーム用地幅が狭いため、上下線が互い違いに配置されている(上りホームが東京寄り、下りホームが甲府寄り)。ホームの南側に木造の駅舎が置かれ、ホームとの間を跨線橋が結んでおり、それに付設する形でエレベーターが2基設置されている。ホームと駅舎はともに地平より高い位置にあるため、駅前からは階段が降りている。

JR東日本ステーションサービスが業務を行う業務委託駅で、相模湖駅が当駅を管理している。自動改札機自動券売機l設置駅。2006年みどりの窓口が廃止され、その代替として「もしもし券売機Kaeruくん」が設置されたが、2012年2月13日をもって営業終了し撤去された。[要出典]1940年に建築された木造平屋建ての駅舎が供用されてきたが、築70年を超えたこと及び旅客の増加等に合わせた増改築等により動線等も複雑化していたことから、駅舎を建て替えることとなった[1]。2012年2月1日に駅舎改築工事が着工され、同年8月5日より新駅舎の供用を開始した[2]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 中央本線 下り 大月塩山甲府方面
2 中央本線 上り 八王子立川新宿方面

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗車人員は2,655人である。近年の推移は下記の通り。

年度 1日平均
乗車人員
1998年 3,092[3]
1999年 3,018[4]
2000年 2,969[4]
2001年 2,944[5]
2002年 2,983[5]
2003年 2,949[6]
2004年 2,937[6]
2005年 3,007[7]
2006年 2,978[7]
2007年 2,991[8]
2008年 2,946[8]
2009年 2,871[9]
2010年 2,775[10]
2011年 2,691[11]
2012年 2,655[12]

駅周辺[編集]

バス[編集]

駅前のロータリにある藤野駅停留所に以下の路線が乗り入れ、津久井神奈交バス富士急山梨バスにより運行されている。

  • [野05] 奥牧野行(神奈交)
  • [野11] やまなみ温泉行(神奈交)
  • [野12] やまなみ温泉経由奥牧野行(神奈交)
  • [野08] 和田行(神奈交)
  • [湖23] 相模湖駅行(神奈交)
  • [系統番号なし] 名倉循環(富士急)

歴史[編集]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
中央本線
相模湖駅 - 藤野駅 - 上野原駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中央線藤野駅駅舎新築、鉄道建築ニュース2012年11月号、Page46
  2. ^ JR八王子支社プレスリリース「中央線藤野駅に新しい駅舎が誕生します。」 (PDF)
  3. ^ 神奈川県県勢要覧(平成12年度)221ページ
  4. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成13年度)223ページ
  5. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成15年度)221ページ
  6. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成17年度)223ページ
  7. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成19年度)225ページ
  8. ^ a b 神奈川県県勢要覧(平成21年度)239ページ
  9. ^ JR東日本「各駅の乗車人員」
  10. ^ JR東日本「各駅の乗車人員」
  11. ^ JR東日本「各駅の乗車人員」
  12. ^ JR東日本「各駅の乗車人員」
  13. ^ 中央線 藤野駅が生まれ変わります、2012年2月23日、東日本旅客鉄道八王子支社プレス、2012年12月31日閲覧
  14. ^ 中央線 藤野駅に新しい駅舎が誕生します!、2012年8月3日、東日本旅客鉄道八王子支社プレス、2012年12月31日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]