足湯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
湯村温泉の足湯「ふれ愛の湯」
小浜温泉の足湯「ほっとふっと105」

足湯(あしゆ)とは、足だけ温泉入浴するための浴槽、およびそれが設置してある場所のことである。

概要[編集]

服を脱がずに手軽に温泉を楽しめるため、温泉街の街角に設置されることが多い。他にも、鉄道駅道の駅公園など、観光客が多く集まる場所で見かけることができる。日本の場合、ほとんどの足湯は無料で利用できるが、一部では寸志または料金として200円以下の金額で楽しむことが可能な場合もある。

全身で入浴する通常の温泉と違って、膝下だけお湯に浸かるため、のぼせしにくく、足に太い血管が通っているため全身を温めることができる。靴・靴下類を脱ぎ裸足にならなければ入ることはできない。更衣室が用意された足湯があるがそれはごく僅かである。しかし鳴子温泉城崎温泉のように、下駄履きを前提としてある温泉地もあり、そこでは素足に下駄で過ごせば問題ない。

着衣のまま利用できる温浴施設として、足湯の一部には手湯がある施設もある。また温泉蒸気を利用したものとしては鉄輪温泉の「足蒸し」や、酸ヶ湯温泉の「まんじゅうふかし」などがある。

医学的効用[編集]

国立循環器病センターの研究グループが心臓機能の改善効果の症例発表した。それによれば全身浴のできない20~40歳代の移植待機患者4人に対して、温かい蒸気の出る「足湯」装置を使い、42度で15分間温め、30分間保温する治療を2週間行い体の深部の温度が上がって末梢(まっしょう)血管の血流がスムーズになることで、心臓のポンプ機能への負担が軽減する一定の効果が認められた。研究グループでは拡張型心筋症の患者に足湯を行った結果、心筋に酸素や栄養を送る血管の広がりやすさ(血管内皮機能)が正常値まで改善した。研究グループでは今後も検証を進めで研究を進める方針[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「足湯」で心臓機能改善…大阪・循環器病センター 読売新聞 2007年11月25日