世界の温泉地一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

世界の温泉地一覧(せかいのおんせんちいちらん)は、鉱泉の定義に適うもので、著名な温泉地を列挙する。

アジア[編集]

中国[編集]

台湾[編集]

大韓民国[編集]


朝鮮民主主義人民共和国[編集]

モンゴル[編集]

日本[編集]

詳しくは、日本の温泉地一覧を参照のこと

タイ[編集]

マレーシア[編集]

シンガポール[編集]

インドネシア[編集]

ネパール[編集]

イラン[編集]

トルコ[編集]

パムッカレの石灰棚


ヨルダン[編集]

イスラエル[編集]

オセアニア[編集]

オーストラリア[編集]

ニュージーランド[編集]

ヨーロッパ[編集]

アイスランド[編集]

イギリス[編集]

世界遺産登録物件、英語のbathの元になった)
バース市のローマ風呂


イタリア[編集]

  • イスキア島温泉

ドイツ[編集]

フランス[編集]

ブルガリア[編集]

ベルギー[編集]

オーストリア[編集]

スイス[編集]

チェコ[編集]

ハンガリー[編集]

ポーランド[編集]

ギリシア[編集]

北アメリカ・中央アメリカ[編集]

北アメリカ西部(アラスカを含む)の至る所に数千もの温泉が存在し、その多くが激しい火山活動により2000万から4500万年前につくられた。 温泉の大きさは、カリフォルニア州ブリジポート北部のフォールス・ホット・ディッチ (Fales Hot Ditch) のような間欠泉がしみ出ただけの小さいものから、アリゾナ州トノパの地底湖といった大規模なものまである。トノパの熱水泉では自然のミネラルウォーターを摂取し、温泉が7つ以上作られていた。この温泉のうち2つが廃墟として現在も見ることができる。

ネイティブ・アメリカンと熱水泉[編集]

北アメリカには多数の熱水泉が存在し、大きなものは全てネイティブ・アメリカンによって使用されていた記録が残っており、1万年以上前から使用されていた温泉もある。ネイティブ・アメリカンは温泉を聖なる癒しの場所と考えていた。アリゾナ州トノパでは、数千年の間地面から自然に熱水が沸き出ていた可能性がある。そのため住民はこの地域を「茂みの下の熱い湯」を意味するトノパと名づけた。この温泉のふちにネイティブ・アメリカンの廃墟はないが、泉のすぐ西に、穀物をひいて粉にする臼の穴が複数、土器のかけらや古器物が発見されたことから、遊牧の狩猟採集民が長年この地を行き来していたことは確かである。 現在残っているトノパの泉あるいはその傍で、非常によくできた石鏃が発見されており、狩猟の場としてよく利用されたことがうかがえる。古器物が豊富あることは、温泉が有史以前の人々にとって大切であったことを示している。

アメリカ合衆国[編集]

外部リンク(アメリカ合衆国)[編集]

カナダ[編集]

メキシコ合衆国[編集]

グアテマラ[編集]

南アメリカ[編集]

エクアドル[編集]

  • バニョス近郊の温泉郷

ペルー[編集]

  • アグアスカリエンテス

チリ[編集]

  • プコン
  • カウケーネス温泉
  • ソコス温泉

アフリカ[編集]

エジプト[編集]

ウガンダ[編集]

南極[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]