花蓮県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
花蓮県
別称: 迴瀾・後山
Hualien County Montage.png
時計回りに上から: 鯉魚潭太魯閣花蓮駅付近の花蓮市内、花東縦谷清水断崖七星潭鳳林鎮煙楼
地理
Taiwan ROC political division map Hualien County.svg
位置 北緯23°05' - 24°22'
東経120°58' - 121°46'
面積: 4,628.5714 km²
各種表記
繁体字: 花蓮縣
日本語読み: かれん
漢語: Huālián
ウェード式: Hualien
注音符号: ㄏㄨㄚ ㄌㄧㄢˊ
片仮名転写: ファーリェン
行政
Hualien County flag.svg
行政区分:
下位行政区画: 1210
政府所在地: 花蓮市府前路17号
花蓮県長: 傅崑萁
公式サイト: 花蓮県政府
情報
総人口: 333,823 人(2014年1月)
戸数: 123,471 戸(2014年1月)
郵便番号: 970~983
市外局番: 03
花蓮県の木: 菩提樹
花蓮県の花: 蓮花
花蓮県の鳥: 朱鸝

花蓮県(かれんけん)は台湾東部に位置する。県政府所在地は花蓮市

地理[編集]

花蓮県は台湾東部中央に位置し、南北137.5Km、東西寬約43Km、西は台湾中央山脈、東を太平洋に面する地勢である。

面積は同国の県の中で最大であるが、大部分を山岳地帯が占め、平地は僅か7%でしかない。人口の大部分もこの平地に集中している。地理学上は沖積扇地形が形成されており、この地域は花東縦谷と称されている。

花蓮県東岸の東岸山脈は400万年前という比較的新しい時代に形成されている。標高は高くなく東岸山脈の最高標高は1,682mである。これに対して中央山脈では3,000mを越す山脈が続き、南湖大山、奇萊山、秀姑巒山など台湾島を代表する山岳が連なっている。

東海岸の総延長は124Km、多くは海に河川が流れでた影響で侵食を受けており景観地点として有名である。特に有名なのは平渓南側の清水断崖であり。その高さは1,000m以上を誇り、蘇花公路での最大の景観地となっているが、落石による災害も頻発している。

歴史[編集]

花蓮は元来奇莱と称されていた。『花蓮県志』によれば、1622年にスペイン人が来航し、この地で砂金の採取を行い、多羅満と呼んでいたとある。

漢人が初めて入植したのは1851年であるが、当時は台湾東部への交通は海路に限られており、それは日本統治時代の1932年に臨海道路(現・蘇花公路)が開通するまで続いた。日本統治時代は多くの日本人移民がこの地に入植していた。

1945年以降は中華民国により領有され、花蓮県が設置され現在に至っている。

行政区画[編集]

区分 名称
1 花蓮市
2 鳳林鎮 | 玉里鎮
10 新城郷 | 吉安郷 | 寿豊郷 | 光復郷 | 豊浜郷 | 瑞穂郷 | 富里郷 | 秀林郷 | 卓渓郷 | 万栄郷

教育[編集]

大学[編集]

慈濟大学 東華大学

技術学院[編集]

高中・高職以下の教育機関は下部行政区域の項目を参照

交通[編集]

  • 鉄道:北廻線台東線
  • 航空:花蓮空港
  • 道路:台8線(東西橫貫公路)、台9線(蘇花公路)、台11線(海岸公路)、 台14線、台16線、台18線、台23線

特産品[編集]

観光[編集]

  • 太魯閣渓谷
立霧渓沿いにある大理石が浸食された渓谷。断崖絶壁が約20キロにかけて続く。日本統治時代から景勝地として知られ、1934年には次高タロコ国立公園として日本の国立公園に指定され、現在は太魯閣国家公園に指定されている。タクシーをチャーターするか、定期観光バスを利用すると良い。
花蓮市から18KM西南側、東虎子山の下に位置し、鯉の形をした鯉魚山の麓にある湖。その美景から「東部の日月潭」とも言われる。花東公路の途中にある天然湖で、ボートや釣りが楽しめるほか、近くに森林浴自然公園もある。面積およそ20ヘクタール。潭は山の側にあるため、山の姿が水の中に映えかなりきれいだ。湖畔には謝緯記念青年営が建てられ、キャンプもできる。またキリスト教宿泊処もあり、付近に花や木も植えられた様は風光に秀でる。
  • 鉄道文化園
日本統治時代に建てられた旧花蓮駅周辺が整備され、鉄道文化館として公開されている[1]
  • 吉安慶修院
日本人の初の移民村である吉安郷1917年に建てられた真言宗本願寺吉野布教所が市の史跡に指定され、修復・公開されている[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鉄道文化園台湾文化部
  2. ^ 花蓮県 吉安慶修院台湾文化部

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]