タロコ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タロコ族
Mokka and their house.jpg
日本統治時代に撮影された、バトラン社の村人。 花蓮渓の支流・木瓜渓の流域に居住する彼らは、「木瓜蕃」とも呼ばれていた。
総人口

約25,857人[1]

居住地域
台湾花蓮県北部
言語
タロコ語台湾語北京語日本語
宗教
キリスト教アニミズムシャーマニズム
関連する民族

タイヤル族セデック族

タロコ族(Taroko、トゥルクTruku、中国語:太魯閣族)は、台湾の東部に居住する台湾原住民の一部族である。

概要[編集]

台湾東部・花蓮県北部の秀林郷卓渓郷を中心に分布する。元来は南投県仁愛郷に居住していたが17世紀に人口増加と漢人入植者の増大による耕地不足により、花蓮地区に移動した。日本統治時代ではタイヤル族の支族とされていた。その分類は、戦後も引き継がれたが、2004年1月14日中華民国内政部より独自の民族としての認可を受け、台湾における12番目の原住民とされた。

現在、約18,000人から23,000人が存在し、農耕、採集、狩猟を中心とした生活を送っている。父系小家族社会であり世襲の頭目が村落を取りまとめている。

著名人[編集]

注釈[編集]


外部リンク[編集]