綏遠省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華民国 綏遠省
1928年 - 1949年
簡称:


綏遠省の位置
綏遠省の位置
簡体字 {{{simplified}}}
繁体字 綏遠
Suìyuán
カタカナ転記 スイユアン
国家 中華民国
行政級別
政府所在地 帰綏県1928-1947
帰綏市1947-1949
建置 1928年
消滅 1949年 
面積
- 総面積({{{area_metro_as_of}}}) 329,397 km²
人口

綏遠省(すいえん-しょう)は中華民国にかつて存在した

管轄区域[編集]

現在の内モンゴル自治区フフホト市包頭市バヤンノール市オルドス市ウランチャブ市に相当する。

東は察哈爾省、西は寧夏省山西省及び陝西省、北は蒙古地方に接していた。

沿革[編集]

綏遠特別区域[編集]

清代漠南蒙古の一部であり、綏遠将軍が駐留して山西省綏道に属していた。

中華民国が成立すると1914年民国2年)、北京政府山西省帰綏道の12県及び内モンゴルの烏蘭察布盟伊克昭盟綏遠特別区を新設、綏遠都督が各県盟の行政事務を統括することと定められ、都督公署は帰綏県に設置された。 1914年(民国3年)6月、豊鎮、涼城、興和、陶林の4県が察哈爾特別区域に移管されている。

綏遠省[編集]

1928年(民国17年)9月5日、国民党中央政治会議第153回会議で綏遠特別区域を綏遠省と改編することを決定、10月20日に綏遠省政府が正式に発足し、初代省政府主席に徐永昌が就任した。1929年(民国18年)1月1日、察哈爾省より豊鎮、涼城、興和、陶林の4県が移管され行政区画がほぼ確定している。1937年(民国26年)、日中戦争が勃発すると省域の大部分は日本軍により占領され、省政府は伊克昭盟及び河套地区の一部を管轄するに過ぎなくなっていた。

1945年(民国34年)、日本の敗戦に伴い中華民国の施政権が回復したが、1949年(民国38年)9月19日、省主席であった董其武中国共産党勢力に帰依したため、中華民国は施政権を喪失した。

省成立後よりモンゴル族漢族の間で省行政主導権を巡る対立が続き、1936年には日本関東軍支援を受けたモンゴル人の反乱(綏遠事件)が発生している。

行政区画[編集]

中華人民共和国建国直前、下部に3市20県17旗を管轄した。(50音順)

歴代長官[編集]

綏遠将軍(北京政府[編集]

  1. 堃岫1912年1月 - 10月
  2. 張紹曽:1912年10月 - 1914年4月(1913年10月まで署理)
  3. 潘矩楹:1914年4月 - 7月(署理)

綏遠都統(北京政府)[編集]

  1. 潘矩楹:1914年7月 - 1916年10月(1915年11月まで署理)
  2. 蒋雁行:1916年10月 - 1917年7月
  3. 陳光遠:1917年7月 - 8月
  4. 蔡成勲:1917年8月 - 1921年5月(1920年12月より甘粛督軍兼任)
  5. 馬福祥:1921年5月 - 1925年1月
  6. 李鳴鐘:1925年1月 - 1926年1月(署理)
  7. 劉郁芬:1926年1月 - 9月
  8. 商震:1926年9月 - 1927年11月
  9. 汲金純:1927年11月 - 1928年6月
  10. 李培基:1928年6月 - 11月

省政府主席(国民政府)[編集]

  1. 徐永昌:1928年10月 - 1929年8月
  2. 李培基:1929年8月 - 1931年8月
  3. 傅作義:1931年8月 - 1946年10月(1931年12月まで代理)
  4. 董其武:1946年10月 - 1949年10月

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』(中華書局:1995年)
前の行政区画
山西省
内モンゴル自治区歴史的地名
1928年 - 1954年
次の行政区画
内モンゴル自治区