行政院新聞局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
行政院新聞局
各種表記
繁体字 行政院新聞局
簡体字 行政局新闻局
拼音 Xíngzhèngyuàn Xīnwénjú
注音符号 ㄒ|ㄥˊ ㄓㄥˋ ㄩㄢˋ ㄒ|ㄣ ㄨㄣˊ ㄐㄩˊ
英文 Government Information Office
テンプレートを表示

行政院新聞局(ぎょうせいいん しんぶんきょく、Government Information Office, ROC)は、かつて存在した、中華民国(台湾)の行政院に属する、国内の言論や政府広報に関する業務を所管していた行政機関。

日本語の広報媒体として台湾週報、ウェブサイト「Taiwan Today」を運営していた。

2012年1月11日日本経済新聞デジタルメディアと提携契約を結び、「Taiwan Today」のコンテンツを日経テレコン21に提供することになった[1]

2012年5月、省庁再編に伴い廃止された。新聞局の業務のうち、国際広報業務は外交部に、メディア業務は新設された文化部にそれぞれ移行し、国内広報業務は行政院の直轄となった[2]

沿革[編集]

  • 1947年05月2日南京国民政府によって設立。
  • 1949年12月7日国共内戦により台北に移転。
  • 1951年5月 - 英語版広報誌『Free China Review』創刊。
  • 1959年7月 - 日本語広報誌『中華週報』創刊。
  • 1964年5月 - 英語広報誌『Free China Weekly』創刊。
  • 1984年1月 - 『Free China Weekly』を『Free China Journal』に改称。
  • 2000年1月 - 『Free China Journal』を『Taipei Journal』に改称。
  • 2000年4月 - 『Free China Review』を『Taipei Review』に改称。
  • 2001年1月 - 『中華週報』を『台北週報』に改称。
  • 2003年3月 - 『Taipei Review』を『Taiwan Review』に改称。
  • 2003年5月 - 『Taipei Journal』を『Taiwan Journal』に改称。
  • 2004年1月 - 『台北週報』を『台湾週報』に改称。
  • 2009年6月 - ウェブサイト「Taiwan Today」英語版を開設。
  • 2011年5月 - 楊永明新聞局長就任(~現在)。
  • 2011年8月 - ウェブサイト「Taiwan Today」日本語版を開設。
  • 2012年1月 - ウェブサイト「台湾ごちそうナビ」(台湾美食文化網)六か国語版を開設。
  • 2012年5月 - 省庁再編により廃止。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「Taiwan Today日本語版」日本最大級の会員制データベースと提携(Taiwan Today 2012年1月11日)
  2. ^ “行政院新聞局、省庁再編で歴史の一部に”. Taiwan Today. (2012年5月1日). http://taiwantoday.tw/ct.asp?xItem=189936&ctNode=1778&mp=9 2012年5月26日閲覧。 

外部リンク[編集]