盛土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小田急線座間駅付近の盛土

盛土(もりど)とは、低い地盤や斜面に土砂を盛り上げて高くし、平坦な地表を作る、または周囲より高くする工事。またはそれが施された道路鉄道の区間。またその工事によって盛られた土砂そのもののことも指す。

住宅地の開発や道路整備などで平坦な地表が必要なときに行われることが多い。しかし軟弱な地盤の上にただ土を盛り上げただけでは時とともに地盤沈下が発生しやすい。それを防ぐため、転圧や地盤の改良工事などの対策をあわせて行う。

公共工事の場合、盛土に要する土はかつては地山から購入土として買ったものを使い、切土掘削などで生じた発生土は処分場での埋め立て処分とする場合が多かったが、それに対する費用的な批判(土の購入にも処分にも費用が発生するため)や環境対策などの観点から、現在は公共事業・民間の需要に関わらず、発生した土を別の工事で使うための情報交換システムの構築が行われている[要出典]。また、山間部の工事では山体の切土と谷に施す盛土の量を等しくするか近づけて、工費を節約する[要出典]

周囲より高くして道路鉄道を通した部分については築堤と言うことも多い。また特に、水域や湿地を横断するために設けた盛土のことを土手道という。

関連項目[編集]

  • 切土 - 盛土の対義語
  • 高架橋 - 築堤も広い意味では高架に含まれる
  • 法面(のりめん)

外部リンク[編集]