国道135号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道135号
一般国道

国道135号標識

国道135号
総距離 104.5 km(総延長・実延長)
94.5 km(現道)
制定年 1953年指定
起点 静岡県下田市
主な
経由都市
静岡県伊東市熱海市
終点 神奈川県小田原市
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0136.svg国道136号
Japanese National Route Sign 0414.svg国道414号
Japanese National Route Sign 0001.svg国道1号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
国道135号(熱海市伊豆山交差点)
国道135号と相模灘(熱海市)

国道135号(こくどう135ごう)は、静岡県下田市から伊豆半島東海岸を経由して神奈川県小田原市に至る一般国道である。

概要[編集]

一般国道の路線を指定する政令[1][注釈 1]に基づく起終点および経過地は次のとおり。

歴史[編集]

路線状況[編集]

バイパス[編集]

西湘バイパス石橋IC - 真鶴道路のバイパス整備[編集]

西湘バイパス石橋ICから真鶴道路までの区間はバイパス道路が整備されておらず、2005年度の道路交通センサスによれば休日は1時間平均で上下線合わせて2,000台以上が走行している。当該区間は地元住民の生活道路でもあるため、1981年より小田原市、真鶴町と湯河原町は協議会を設置して国や神奈川県へ西湘バイパスの延伸を申し立てた。しかし日本道路公団およびその業務を継承した中日本高速道路側に動きは見られないため、2008年2月8日に神奈川県は当初予算案の中で当該区間のバイパス道路整備計画を示した。

整備計画では当該区間を西湘バイパスの延伸ではなく、神奈川県が主体となり国道135号のバイパスを整備するものとなっている。2008年度に基礎調査を実施し、2009年度以降に設計都市計画決定やルート選定を実施する。神奈川新聞によると静岡県熱海市もこの計画について歓迎の意向を示すコメントを出している[7]

有料道路[編集]

無料開放[編集]

道路施設[編集]

道の駅[編集]

交通量[編集]

2005年度(平成17年度道路交通センサスより)
平日24時間交通量(台)

  • 伊東市玖須美元和田字長美代715-83 : 13,369
  • 熱海市上多賀曽我1027-27 : 19,734
  • 熱海市大黒崎 : 14,209

首都圏から伊豆半島にアクセスする主要道路であるため、観光シーズンには渋滞する。

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  2. ^ 2012年4月1日現在
  3. ^ 1971年に市制施行して下田市発足。

出典[編集]

  1. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年9月23日閲覧。
  2. ^ 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2013. 国土交通省道路局. p. 7. 2014年1月19日閲覧。
  3. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2012年9月23日閲覧。
  4. ^ ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  5. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)
  6. ^ 国道135号と県道740号(小田原湯河原)について (PDF)”. 神奈川県小田原土木事務所. 2013年1月11日閲覧。
  7. ^ “西湘バイパスを延伸/県主体で渋滞緩和目指す”. (2008年2月9日). オリジナル2008年2月10日時点によるアーカイブ。. http://wayback.archive.org/web/20080210051411/http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiiifeb0802220/ 2008-02-09日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]