織田裕二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おだ ゆうじ
織田 裕二
本名 織田 裕二
生年月日 1967年12月13日(47歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県川崎市
身長 177cm
血液型 A型
職業 俳優歌手
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1987年4月25日 -
活動内容 1987年:俳優デビュー
1991年:『東京ラブストーリー
1997年:『踊る大捜査線
1997年-:『世界陸上
2003年:『踊る大捜査線 THE MOVIE2
事務所 BAC CORPORATION
公式サイト Yuji Oda Official Web Site
主な作品
映画
踊る大捜査線 THE MOVIE
ホワイトアウト
踊る大捜査線 THE MOVIE2
ドラマ
東京ラブストーリー
振り返れば奴がいる
お金がない!
踊る大捜査線
CDシングル
歌えなかったラヴ・ソング
Love Somebody
備考
世界陸上』メインキャスター

織田 裕二(おだ ゆうじ、1967年12月13日 - )は、日本俳優歌手神奈川県川崎市生まれ。BAC CORPORATION所属。身長177cm[1]体重70kg[1]。既婚。

来歴[編集]

桐蔭学園小学校・中学校・高等学校卒業。中学1年から高校1年までテニス部に所属していたが膝を壊して退部。高校時代はDepsという名のバンドを組み、ギターを担当していた(その後、「Deps」というバンド名は、織田自身のファンクラブの名称になっている)。高校卒業後はピッツバーグ大学日本校へ入学するも、俳優の道へ進む。

1987年4月公開の東映映画『湘南爆走族』に、出演者オーディション数万人の参加者の中から、望んでいた石川役に抜擢されてデビュー。同時に主役デビューの江口洋介と共演。当時は二輪免許は持っておらず、映画撮影のために取得した。

1989年6月公開の東宝映画『彼女が水着にきがえたら』で主演の原田知世の相手役に起用され、知名度が高まった。

1991年、フジテレビ系ドラマ『東京ラブストーリー』の永尾完治(カンチ)役で大ブレイク。「月9」という言葉もこの作品から生まれた。ただし、人気とは裏腹に織田自身は、ストーリーが進むにつれ、原作と脚本と自分のイメージとのギャップに悩み、結果的には途中放棄といえるくらい演技的に失敗だったと語っている。そのため、以降の作品では企画・脚本作りの段階から作品に関わるという姿勢を強めることになる[2]

1993年、フジテレビ系ドラマ『振り返れば奴がいる』で、石黒賢とダブル主演で出演する。織田演じる非情な医師司馬と石黒演じる正義感ある医師石川との男の対立が話題を呼び、ドラマもヒットする。

1997年の『踊る大捜査線』は、ドラマ放送終了後のビデオレンタルなどで評判が良く、映画化されて人気を博した。劇場版1作目の『踊る大捜査線 THE MOVIE』は興行収入101億円、観客動員数700万人を記録し、それに続く『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』も、興行収入173.5億円、観客動員数1250万人と、前作を大きく上回るばかりか実写邦画歴代1位(2013年現在)の記録を残し、自身の代表作となった。

歌手としては1987年4月にデビュー映画『湘南爆走族』の挿入歌のシングルレコード「BOOM BOOM BOOM」でデビュー。1991年2月に発売された『スズキ・セルボ』CMソング「歌えなかったラヴ・ソング」が最高位2位、57.5万枚を記録、自身最大のヒット曲となった。その他ヒットした代表曲には、AGF「マキシムレギュラーコーヒー」・参天製薬「サンテFX」各CMソングの「現在、この瞬間から」(1991年6月、最高位3位、20.7万枚)、映画『お金がない!』の主題歌「OVER THE TROUBLE」(1994年7月、最高位14位、26.4万枚)、『踊る大捜査線』の主題歌「Love Somebody」(1997年1月、最高位9位、47.8万枚)などがある。2005年日本ゴールドディスク大賞・ソング・オブ・ザ・イヤー部門受賞「Last Christmas/Wake Me Up GO!GO!」(Yuji Oda with Butch Walker名義として)。

しかし、2008年10月15日ベストアルバム「BEST OF BEST 〜20th Anniversary〜」ライブDVD「YUJI ODA 20th Anniversary Special Live 3920」を同時リリースして以降、目立った音楽活動は見られず、デビュー20周年を記念して立ち上げた歌手としての新プロジェクト「UZ」もシングル「君の瞳に恋してる」をリリース後、活動は見られていない。ライブ活動も同年11月に行われた「CONCERT TOUR『2008』-U-kai3- 〜君の瞳に恋してる〜」を最後に行われていない。

私生活においては長らく独身だったが、2010年8月16日に12歳年下の一般人女性と結婚。2014年10月末には長男が誕生した[3]

人物・エピソード[編集]

  • 2年に1度開催されるTBSのスポーツ中継番組『世界陸上』のメインキャスターを、1997年のアテネ大会から中井美穂と共に担当。2013年のモスクワ大会で9大会連続メインキャスターとなる。ハイテンションぶりが話題となり、山本高広を筆頭に、陣内孝則関根勤ナインティナイン岡村隆史らに物真似をされている。
  • 2001年、主演ドラマ『ロケット・ボーイ』放送時、持病腰痛が悪化し、椎間板ヘルニアによる緊急入院で撮影を中断する事態となった。そのため『ロケット・ボーイ』は全11話の予定だったが全7話に再構成され、第2話放映後の4週分は『ロケット・ボーイ』を休止し、同作共演のユースケ・サンタマリア市川染五郎の新撮シーンと『踊る大捜査線』の再放送で穴埋めするという異例の措置が取られた。
  • 続編について、『踊る大捜査線』に関するインタビューでは嫌いだと発言していた。その理由について「同窓会的なゆるい作品作りになってしまうのが嫌だから」と答えていたが、これは『振り返れば奴がいるSP』での経験からきているという。しかし、『踊る大捜査線』シリーズは1997年から15年間に渡る長い作品となり、連続ドラマから始まるドラマシリーズに加えて劇場版4作が作られ、『外交官・黒田康作』シリーズは劇場版2作品の間に連続TVドラマが放映される異例のメディア展開を見せるなど続編ものが多い。その背景には「織田の演じるキャラクターは視聴者に定着しやすい」との見方が制作側にあるものと考えられる。
  • SMAP×SMAP』で、香取慎吾が『踊る大捜査線』のパロディコント「踊れ大捜査線」で織田の物まねをするコーナーへ香取に内緒でゲスト出演した際、「バラエティは、ダメなんだよ。苦手。恥ずかしい」と語った。しかし、長年スポーツキャスターを務めている『世界陸上』の中継などで、軽妙なトークやハイテンションな司会ぶりを垣間見ることが出来る。
  • 2007年4月19日放送『うたばん』では、本人に説明なく行われた体力測定で実年齢39歳にして25歳と診断されていた。
  • 2007年8月23日放送『うたばん』にて12年ぶりに的場浩司と共演した際、互いを「織田ちゃん」と「マッキー」の名で呼び合うほど当時は仲が良かったと話している(浅野温子によると「お前は人間の末期的症状だ」から「マッキー」とのこと)。
  • 多趣味であり、主にゴルフやパイプ、葉巻、熱帯魚、ベラブナ釣り、野鳥観察などを挙げている。釣りに関してはかなり詳しく、バラエティ番組に出演した時に、よく釣り好きを公言している。この多趣味な部分は自身の父親からの影響だとエッセイ『脱線者』で語っている。
  • 恋愛観については、相手のルックスや仕草よりも、自分の足りないところを足してくれる相手が好きであり、同時に相手の足りないところを足せるような自分になれたらと語っている。また男性が働いて稼ぎ、女性が家を守るような堅実な家庭を作りたいとも語った[4]

その他[編集]

  • 俳優の石黒賢とは親友の間柄である。映画『ホワイトアウト』で石黒を主人公の親友・吉岡役に抜擢したのは織田とされる[5]。2人はドラマ『振り返れば奴がいる』でも共演しており、当時、石黒が司会の1人を務めていたテレ朝系トークバラエティ番組『君といつまでも』に織田がゲスト出演し、他局にもかかわらず番組冒頭で『振り返れば奴がいる』のパロディまで披露している。
  • 『踊る大捜査線』において、いかりや長介に請われてテレビドラマでの演技のノウハウを教えた。劇中の関係とは逆であるが、1999年4月13日放送のフジテレビの特別番組『踊る織田裕二』での対談で、いかりや本人が、「剣豪に倣って、あなたの芝居は何流か? と問われれば、織田流だと答える」と述べて謝意を表している。また、いかりやの自伝『だめだこりゃ』にも同様の言葉が掲載されている。織田は、いかりやが亡くなって以後も大変慕っている(自著『脱線者』)。
  • 一時期ダートトライアル競技に出場していた。結果などについてはほとんど公にはされていないものの、通信教育のユーキャンのCMにおいて一瞬ではあるが運転シーンが挿入されていた。また、写真集『OFF TIME〜風のない午後に…』(主婦と生活社)およびビデオ『ROAD SHOW』においてラリー・オブ・キャンベラ出場時(A5クラス2位で完走)の様子を一部見ることが出来る。
  • 食べ物はマスクメロンとソーセージが好きである[6]
  • 映画『アマルフィ 女神の報酬』のイタリアロケでは、イタリア人スタッフの仕事のやり方に学ぶことが多かったので、イタリアを舞台にしたことは正解だったと語っている(『プラスアクト』インタビュー)。その反面、公開前に出演した『笑っていいとも!』では、習慣の違いや通行人にスタッフ用のコーヒーを飲まれたり、「ロケ弁が冷たくて固い」など撮影上の苦労があったと語った。
  • 同作品では、イタリア語堪能な外交官という役どころのため、イタリア語台詞の特訓をしたと語っている[7]。しかし、イタリア人俳優のアドリブ芝居では言葉が理解できず、最終的に台本の台詞の「この単語だけは抜かさないでくれ」と頼み込んで撮影を乗り切った[8]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ネットドラマ[編集]

  • アマルフィビギンズ(2009年、ドコモ動画) - 主演・黒田康作 役
  • 係長 青島俊作 THE MOBILE 事件は取調室で起きている!(2010年、ドコモ動画) - 主演・青島俊作 役
  • 係長 青島俊作2 事件はまたまた取調室で起きている!(2012年、スマホ向け放送局nottv) - 主演・青島俊作 役

吹き替え[編集]

写真集[編集]

  • 「BEST GUY IN 織田裕二」(株式会社ハゴロモ)
  • 「織田裕二」(主婦と生活社)
  • 「GO AHEAD」(主婦の友社)
  • 「OFF TIME〜風のない午後に…」(主婦と生活社)
  • 「ドキュメント 織田裕二」(ぴあ)
  • 「織田裕二 in T.R.Y」(角川書店)
  • 「COLORS」(ぴあ)

雑誌[編集]

著作[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 特番「織田裕二 '95 北へ」(1995年1月 フジテレビ)
  • 織田裕二アフリカ大自然スペシャル象物語(2005年5月 TBS)
  • 月曜ゴールデン アフリカ大自然スペシャル『僕らはサルだ!織田裕二の類人猿とふれ合う感動紀行』(2007年8月 TBS)

バラエティ・音楽番組[編集]

ラジオ[編集]

  • ラジオ番組『風に乾杯』(1991年10月 - 1992年09月)ラジオの初レギュラー番組。最終回「屋形船から生中継」は野球中継のため放送されずに番組終了となった。

CM[編集]

受賞歴[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル カップリング タイアップ
1 1987年4月25日 BOOM BOOM BOOM/Hold You Tight - 東宝映画「湘南爆走族」挿入歌
「NORDICA」ラジオCMイメージソング
2 1989年7月25日 週末だけは少年 Hold You Tight TBS系ドラマ「邪魔してゴメン!」エンディングテーマ
3 1991年2月6日 歌えなかったラヴ・ソング 永遠の灯 スズキ「セルボ・モード」イメージソング
4 1991年6月21日 現在、この瞬間から 風だった時代を AGF「マキシムレギュラーコーヒー」イメージソング
参天製薬「サンテFX」CMソング
5 1991年11月6日 Happy Birthday Just Rain 明治製菓「ガトーマロン」CMソング
6 1992年1月29日 KODO-鼓動- 光の一粒 参天製薬「サンテFX」CMイメージソング
7 1992年5月27日 あの夏が聴こえる STAY BLUE 東芝 「ツインロータリーエアコン'92」キャンペーンソング
8 1993年7月19日 決心 030 参天製薬「サンテFX」CMイメージソング
フジテレビ系ドラマ「素晴らしきかな人生」挿入曲
9 1994年7月8日 OVER THE TROUBLE ひたすらな君だった フジテレビ系ドラマ「お金がない!」主題歌
10 1994年10月5日 Never Rain/失くしかけた約束 - 参天製薬「サンテFX」イメージソング
参天製薬「サンテコンタクト」イメージソング
11 1995年11月8日 愛までもうすぐだから I'll Be Back To You フジテレビ系ドラマ「正義は勝つ」主題歌
T-FM「織田裕二 風と歩こう」エンディングテーマ
12 1996年10月28日 Mirage 口笛 参天製薬「サンテFX」イメージソング
参天製薬「サンテコンタクト」イメージソング
13 1997年1月29日 Love Somebody
(織田裕二 with マキシ・プリースト名義)
Moon フジテレビ系ドラマ「踊る大捜査線」主題歌
14 1997年7月16日 Over and Over Again/FLY HIGH - TBS「世界陸上アテネ大会」テーマソング
NTT docomo CMソング
15 1998年2月4日 Freedom - スズキ「ジムニーワイド」CMソング
16 1998年5月13日 Shake it UP - フジテレビ系ドラマ「恋はあせらず」主題歌
17 1998年10月28日 Love Somebody-CINEMA Version - 映画「踊る大捜査線 THE MOVIE」主題歌
18 1999年3月17日 SOMETHING TO SAY - IDO「cdmaOne」イメージソング
19 1999年8月25日 Together Diggin' on YOU TBS「世界陸上1999スペイン」テーマソング
TBS「筋肉番付」エンディングテーマ
20 2001年2月28日 空のむこうまで - フジテレビ系ドラマ「ロケット・ボーイ」主題歌
21 2001年8月8日 今、ここに君はいる - TBS「世界陸上2001エドモントン」テーマソング
22 2002年11月13日 そんなもんだろう Love Love Love TBS系ドラマ「真夜中の雨」主題歌
23 2003年1月1日 We can be Heroes T.R.Y. 主演映画「T.R.Y.」主題歌
24 2003年6月25日 Love Somebody - 12cmシングルとして再発売
25 2003年7月16日 Love Somebody CINEMA Version II - 映画「踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」主題歌
26 2004年11月3日 Last Christmas/Wake Me Up GO!GO!
(Yuji Oda with Butch Walker名義)
- フジテレビ系ドラマ「ラストクリスマス」
主題歌&オープニングタイトル
27 2007年4月25日 Hug,Hug 「ありがとう」 TBS系ドラマ「冗談じゃない!」主題歌
28 2007年7月25日 All my treasures All my treasures TBS「世界陸上2007大阪」大会公式ソング
FLY HIGH TBS「世界陸上1997アテネ」テーマソング
Together TBS「世界陸上1999セビリア」テーマソング
今、ここに君はいる TBS「世界陸上2001エドモントン」テーマソング
29 2007年12月5日 FEEL LIVE - JRA CMソング
30 2008年8月20日 君の瞳に恋してるUZ名義) - フジテレビ系ドラマ「太陽と海の教室」主題歌

アルバム[編集]

オリジナルアルバム
発売日 タイトル
1 1991年3月20日 ON THE ROAD
2 1991年7月12日 逆風
3 1992年2月19日 KODO-鼓動-
4 1993年9月22日 決心
5 1994年9月27日 Screen Play
6 1995年12月6日 River
7 1996年11月11日 STAY HERE
8 1997年3月26日 STAY HERE+2 『STAY HERE』に「Love Somebody」2ヴァージョン追加
9 1998年6月17日 Shake!!
10 1999年9月29日 My Pocket
11 2000年7月5日 SECRET RENDEZ-VOUS 「SECRET RENDEZ-VOUS」 映画「ホワイトアウト」主題歌
12 2003年8月20日 11 Colors
13 2007年9月26日 ありがとう デビュー20周年作品
「Days」 ユーキャンCMソング
「ありがとう」 TBS系「織田裕二アフリカ大自然スペシャル象物語」テーマ
14 2012年9月5日 Love Someday 完全盤 「踊る大捜査線」シリーズ主題歌「Lovesomebody」の12バージョン(Lovesomebody~LovesomedobyCINEMAversionⅣ)までをすべて完全収録

ベストアルバム

発売日 タイトル
1 1991年10月30日 SINGLES
2 1991年12月10日 SONGS
3 1995年9月27日 THE BEST
4 1998年11月26日 THE BEST TRACKS
5 2001年3月23日 Hot & Sweet - Sour Soup 〜BEST of LOVE SONG〜
6 2008年10月15日 BEST OF BEST 〜20th Anniversary〜

ビデオ・DVD[編集]

発売日 タイトル
1 1992年3月11日 Birth - Music Documentary -
2 1994年4月20日 FACE - 武道館コンサート
3 1994年10月19日 ROAD SHOW
4 1994年12月21日 '94 Concert Tour BREAK OUT
5 1996年7月5日 '95 - '96 YUJI ODA Concert Tour River DVD 2002年11月13日発売
6 1998年2月4日 YUJI ODA 10th Anniversary Special Live DVD 2002年11月13日発売
7 1999年2月10日 Concert Tour '98 - '99 Shake! DVD 2002年11月13日発売
8 2000年9月13日 LIVE & MOVIE 2000 - WHITEOUT - DVD 2000年12月23日発売
9 2004年3月24日 YUJI ODA CONCERT FILM 2003 COLORS 2001 今、ここに僕はいる,U-kai
10 2008年10月15日 YUJI ODA 20th Anniversary Special Live 3920

なお、『Birth - Music Documentary - 』から『'94 Concert Tour BREAK OUT』(いずれも東芝EMI)までの作品は未だにDVD化されていない。これらの作品の発売元が異なる(DVD化されているのはユニバーサル・シグマ|(旧 KittyMME=合併前名称・マーキュリー・ミュージック・エンターテインメント)以降の作品)ため。

関連項目[編集]

ネタは、「サンテFX」CMパロディ(「キター!」)・踊る大捜査線の青島俊作(「レインボーブリッジ封鎖できましぇん!」)・世界陸上キャスター(「地球に生まれてきてよかったー!」)・動物ドキュメンタリー(霊長類なめんなよ!)などがある。但し、中には芸人によって創作されたセリフのネタも存在する。
  • アイ・エヌ・ピー(織田裕二主演の映画に出資、ファンクラブイベント等を企画している団体)

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Yuji Oda PROFILE”. Yuji Oda Official Web Site. 2014年10月12日閲覧。
  2. ^ NHKトップランナー』での発言などより。
  3. ^ 日刊スポーツ (2014年11月27日). “織田裕二パパに 夫人が先月末長男出産”. 2014年11月27日閲覧。
  4. ^ 2008年10月17日放送 フジテレビ『僕らの音楽 -OUR MUSIC-』 織田裕二特集より
  5. ^ 『ホワイトアウト』公開当時の各媒体インタビューより
  6. ^ マスクメロンについては、2008年7月21日放送『笑っていいとも』出演時に織田の大好物として紹介され、ゲームの勝利チームの賞品となった。
  7. ^ 『プラスアクト』『TV Station』『キネマ旬報』、『おはようコール』(ABC朝日放送)インタビューなど
  8. ^ フジ系『トリビアの泉特別編アマルフィでへぇ』
  9. ^ サンケイスポーツ (2014年6月23日). “「半沢」ほうふつ!織田裕二、激アツ銀行マンで池井戸作品初挑戦”. 2014年6月23日閲覧。
  10. ^ 「GQ メン・オブ・ザ・イヤー 2012」に輝いたのは 織田裕二、スタートトゥデイ社長ら7名”. CQ出版 (2012年11月19日). 2014年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]