ユーカリが丘駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユーカリが丘駅
駅北側 (2012年4月8日)
駅北側 (2012年4月8日)
ユーカリがおか - Yūkarigaoka
所在地 千葉県佐倉市ユーカリが丘
所属事業者 京成電鉄
山万

ユーカリが丘駅(ユーカリがおかえき)は、千葉県佐倉市ユーカリが丘にある、京成電鉄山万である。

京成電鉄の本線と、山万のユーカリが丘線が乗り入れ、接続駅となっている。京成電鉄の駅番号KS33

駅構造[編集]

京成電鉄[編集]

京成 ユーカリが丘駅
京成 北口駅舎(2006年1月19日)
京成 北口駅舎(2006年1月19日)
ユーカリがおか - Yūkarigaoka
KS32 志津 (1.1km)
(2.5km) 京成臼井 KS34
所在地 千葉県佐倉市ユーカリが丘四丁目8番2号
駅番号 KS33
所属事業者 京成電鉄
所属路線 本線
キロ程 43.2km(京成上野起点)
駅構造 地上駅橋上駅舎
ホーム 2面3線
乗降人員
-統計年度-
21,370人/日
-2012年-
開業年月日 1982年昭和57年)11月1日

2面3線のホームを持つ地上駅橋上駅舎を有する。

エスカレーターが設置されているほか、2009年4月に改札階とホームを連絡する車椅子対応エレベーターが設置された。

2面4線に拡張できる用地はあるが、下り待避線の用地に線路は敷設されていない。待避線である1番線はラッシュ時を中心に使用されるほか、日中は回送団体列車の待避も行う。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1・2 京成本線 上り 日暮里上野押上都営浅草線京急線方面
3 京成本線 下り 佐倉成田空港方面
  • 上表の路線名は成田空港線開業後の旅客案内の名称に基づいている。


山万[編集]

山万 ユーカリが丘駅
山万 駅舎(2007年7月28日)
山万 駅舎(2007年7月28日)
ユーカリがおか - Yūkarigaoka
所在地 千葉県佐倉市ユーカリが丘四丁目8番4号
所属事業者 山万
所属路線 ユーカリが丘線
キロ程 0.0km(ユーカリが丘起点)
駅構造 高架駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
698人/日(降車客含まず)
-2010年-
開業年月日 1982年昭和57年)11月1日

京成の駅北口から連絡通路で結ばれている。単式ホーム1面1線を有する高架駅である。

エレベーターは1階出入口と2階連絡通路を結んでいるが、改札内コンコースとホームの間には設置されていない。2012年時点では、改札内コンコースとホームとの間にエレベーターを設置する計画があり、周辺住民やユーカリが丘線利用客を対象に意見を募っている。このほか、改札口や切符売り場の移設やトイレの新設も計画されている[要出典]

高架下には、山万ユーカリが丘インフォメーションセンターや順天堂大学WHO指定協力センターが立地する。

利用状況[編集]

  • 京成電鉄 - 2012年度の一日平均乗降人員21,370人[1]である。京成線内69駅中第21位。
  • 山万 - 2011年度の一日平均乗車人員688人である。ユーカリが丘線6駅中第1位。

近年の一日平均乗降・乗車人員推移は下表の通り。

年度別一日平均乗降・乗車人員
年度 京成電鉄 山万
1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員[2]
1日平均
乗車人員[2]
1998年(平成10年) 10,452 621
1999年(平成11年) 11,195 606
2000年(平成12年) 11,402 603
2001年(平成13年) 11,598 594
2002年(平成14年) 11,322 565
2003年(平成15年) 11,156 558
2004年(平成16年) 22,473 11,248 540
2005年(平成17年) 22,467 11,304 570
2006年(平成18年) 22,822 11,395 582
2007年(平成19年) 22,711 11,334 579
2008年(平成20年) 22,800 11,381 639
2009年(平成21年) 22,324 11,147 675
2010年(平成22年) 21,842 10,908 698
2011年(平成23年) 21,392 10,689 688
2012年(平成24年) 21,370

駅周辺[編集]

バブル景気と重なり、1980年代後半には駅前は急速に建物が立ち並ぶようになり、超高層マンションおよび商業施設が立地する。駅北口側には国道296号が通っている。

北口[編集]

南口[編集]

路線バス[編集]

平日朝に限り、マイタウン・ダイレクトバス東京駅八重洲口国際展示場駅・東雲車庫行、東京ディズニーリゾートが南口から発車する(それ以外はユーカリが丘駅入口バス停から発車)。

この他、東邦大医療センター佐倉病院行の無料送迎バスが南口から発車する。[3]

歴史[編集]

当駅はデベロッパーの山万がこの地を開発した際に開業した。

付記[編集]

  • 開業して間もない頃から京成線の特急の停車を求める住民運動が起きた。のちに通勤特急は停車するようになったが、快速特急特急は現行ダイヤでも停車しないため、運動自体は継続している。
  • 当駅の「ユーカリ」のローマ字表記は英語のEucalyではなく、Yūkariと表記される。

隣の駅[編集]

京成電鉄
本線
快速特急・特急
通過
通勤特急・快速・普通
志津駅 (KS32) - ユーカリが丘駅 (KS33) - 京成臼井駅 (KS34)
山万
ユーカリが丘線
ユーカリが丘駅 - 地区センター駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]