空港第2ビル駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
空港第2ビル駅
(第2旅客ターミナル)
京成線ホーム。奥にJR線ホームが見える。(2005年7月)
京成線ホーム。奥にJR線ホームが見える。
(2005年7月)
くうこうだいにびる - Airport Terminal 2
所在地 千葉県成田市古込1-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)*
京成電鉄(京成)
電報略号 クニ(JR東日本)
駅構造 地下駅
ホーム 1面1線(JR東日本)
1面2線(京成)
乗車人員
-統計年度-
(JR東日本)
3,482人/日(降車客含まず)
-2011年(JR東日本)-
-2013年(京成)-
乗降人員
-統計年度-
(京成)19,965人/日
-2011年(JR東日本)-
-2013年(京成)-
開業年月日 1992年平成4年)12月3日
乗入路線 3 路線
所属路線 JR成田線(空港支線)
キロ程 9.8km(成田起点)
千葉から39.0km
東京から78.2km
成田 (9.8km)
(1.0km) 成田空港
所属路線 ●KS京成本線
駅番号 KS41
キロ程 68.3km(京成上野起点)
KS40 京成成田 (7.1km)
(1.0km) 成田空港 KS42
所属路線 ●KS京成成田空港線
(成田スカイアクセス線)
駅番号 KS41
キロ程 50.4km(京成高砂起点)
KS43 成田湯川 (9.7km)
(1.0km) 成田空港 KS42
乗換 東成田駅
京成東成田線芝山鉄道線
備考 * みどりの窓口

空港第2ビル駅配線図

京成成田駅
左側:京成 ↑成田湯川駅
右側:JR 成田駅

STR STR
STRl STRq STRq ABZlg STR
STRr STRq STRlg STR STR
ABZrg ABZrf STR
STR+BSr STR+BSl
STR+BSl
STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STR+BSl
STR+BSl
STR+BSr STR+BSl
STR
STR+BSl
STRlf ABZlg STR
STR STR

成田空港駅


※京成のホームは境界線
部分に柵がある。
※出典:鉄道ジャーナル
2010年10月号

空港第2ビル駅(くうこうだいにビルえき、Airport Terminal 2 Station)は、千葉県成田市古込にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・京成電鉄である。旧成田空港駅である東成田駅とは地下通路で連絡している。

概要[編集]

成田国際空港(成田空港)へのアクセス駅の一つで、成田空港第2ターミナルに直結している。

当駅には、JR東日本の成田線(空港支線)と、京成電鉄の本線ならびに成田空港線(成田スカイアクセス線)が乗り入れている。ただし、JR・京成とも線路を保有しない第二種鉄道事業者であり、線路を保有している第三種鉄道事業者成田空港高速鉄道である。京成本線・成田空港線(成田スカイアクセス線)の駅番号は共にKS41である。

JRの駅で唯一、アラビア数字が使われている駅名である。(通常、駅名には漢数字が使用される)

第1ターミナルへは無料連絡バスが運行されている。

歴史[編集]

現行の京成成田駅 - 駒井野信号場 - 空港第2ビル駅 - 成田空港駅間は、空港開港前は京成・新空港線として京成電鉄の路線として計画された区間である[1]

  • 1992年平成4年)12月3日 - 第2旅客ターミナルオープン(同月6日)に先駆けて開業。
  • 2001年(平成13年)11月18日 - JR東日本でICカードSuica供用開始。
  • 2007年(平成19年)3月18日 - 京成電鉄でICカードPASMO供用開始。
  • 2009年(平成21年)11月14日 - 京成電鉄で上り線を新設、1面2線ホームとして供用開始。
  • 2010年(平成22年)7月17日 - 成田空港線(成田スカイアクセス線)が開業し、当駅の京成本線コンコースに中間改札が設置される。新設されるシティライナー・アクセス特急の停車駅となる。また、駅番号KS41が付与される[2]
  • 2011年(平成23年)3月11日 - 東日本大震災発生。シティライナーの当駅への乗り入れはこの日を最後に休止(のちに正式に乗り入れ廃止)。以降、当駅に乗り入れる京成本線経由の有料列車はモーニングライナーとイブニングライナーのみとなる。

駅構造[編集]

成田空港第2ターミナルの地下1階にある地下駅で、JR東日本の単式ホーム1面1線と、京成電鉄の島式ホーム1面2線を備える。元々、当駅を含めた周辺区間は成田新幹線の施設として複線で建設されたが、同線の建設が白紙になった後に両社で半分ずつ使用している。そのため開業時には相対式ホーム2面2線を1面1線ずつ使用し、線路も両社とも単線で上り列車と下り列車が同一ホームに発着していたが、2009年11月14日に京成電鉄が使用しているホームが改良され、島式化に合わせて上りホームが新たに増設され、従来のホームは下り線となり、現在京成側は上り列車と下り列車の走行線路が分離されている。なお、ホーム拡張前の京成本線の線路は京成成田方で複線から単線に変わるために安全側線が設置されていたが、これを延長・接続する形で上り線を増設したため、島式化と同時に当駅と京成成田間の線路が完全に複線化された。

セキュリティエリア外にあるJRコンコースには、ジャパンレールパスの引き換えや訪日外国人向けの旅行サービスを提供するJR東日本訪日旅行センターが設置されている。(運営はJR東日本グループびゅうトラベルサービス)また、京成コンコースには両替などのサービスを行う「たびるーむ」が設置されている。

セキュリティエリア[編集]

空港建設時の経緯により成田空港で実施されている検問に対応するため、改札は入口と出口とに分離されている[3]。改札入口は通常通りであるが、京成線の改札出口の先に「セキュリティエリア」と呼ばれる空港の検問所があり、ここでパスポートなどの身分証明書の提示を求められるとともに手荷物検査が行われる。JR線からは一旦京成の構内を通ってセキュリティエリアに行くことになるため、JR線の乗車券はJRの改札出口では回収されず、京成の改札出口で回収される。Suicaおよび相互利用可能なカードでJR線を乗車した場合は、JRの自動改札機にタッチした後、京成側の自動改札機にもタッチしてセキュリティエリアに行くことになる。なお、当駅でJRと京成を乗り継ぐ場合は、セキュリティエリアを通らずに乗り換えが可能である。

当駅と京成東成田線芝山鉄道線東成田駅の間は長さ約500mの地下連絡通路で結ばれており、連絡通路を経由して同駅へ行く場合にはセキュリティエリアを通過しない。逆に、定期券以外で同駅から連絡通路を経由して当駅から乗車する場合にもセキュリティエリアを通ることなくホームに入場できるようになっている[4]。なお、旅客ターミナルから東成田駅へ徒歩で向かうには当駅セキュリティエリアの警備員に「東成田駅に行きたい」ということを伝えれば行くことができる。この場合、身分証明書は不要である。

なお、成田国際空港側では検問に代わる機械警備の強化を目的に、2013年から監視カメラの増設と危険物探知装置を設置し、当駅で実証実験を行なっている[5]。 また、2014年度末にも予定されている検問廃止に伴い、不要となるセキュリティエリアを活用し、現在「二重改札」となっているJRの出口改札について、2020年度を目途に改修する予定であると報じられている[6]

のりば[編集]

会社 番線 路線 方向 行先
JR   成田線・総武線(快速) 上り 東京新宿渋谷横浜方面
成田線 下り 成田空港(第一旅客ターミナル)方面
京成 1 ●KS成田スカイアクセス線 上り ●HS北総線日暮里上野押上A都営浅草線●KK京急線方面
2 下り 成田空港(第一旅客ターミナル)方面
3 ●KS京成本線 上り 成田船橋・日暮里・上野・押上・A都営浅草線・●KK京急線方面
4 下り 成田空港(第一旅客ターミナル)方面
  • 上表の路線名は京成成田空港線(成田スカイアクセス線)開業後の旅客案内の名称に基づいている。
  • JRの駅については、成田線のラインカラーである緑()は旅客案内ではほとんど使われず、代わりに直通先である総武快速線のラインカラーである青()が使用されている。
  • 京成線ホーム改修前は、成田空港寄りが一般列車専用ホーム、成田寄りが「スカイライナー」「モーニングライナー」「イブニングライナー」専用ホームとなっていた。
  • 京成1・3番線と2・4番線は同一線路上にある。
  • 京成3番線は有効長が6両分しかないため、8両編成の列車は成田空港寄り2両分が1番線にはみ出すが、ドアカットは行われない(後述)。
  • 当駅 - 成田空港間の乗車に関して、「スカイライナー」「イブニングライナー」(以前は「シティライナー」も該当)の利用はできない。

京成線ホームの改修[編集]

成田空港線(成田スカイアクセス線)の開業にあわせ、当駅では京成側のホームが2009年11月14日より島式化され、上り専用ホームが新設されている。

工事の概要としては、京成線のホーム外側に新たな躯体を建設し、そこに1線通すことで1面2線の島式ホーム (266m) に改良し、運行を上下で分けることができるようにした。この工事部分の地上には第2旅客ターミナルビル到着階の第3レーンがあり、既設の共同溝があるため、まずこれを移設する必要があった。移設が完了した後に古い共同溝を撤去し、新しい躯体を建設した。躯体工事は成田国際空港株式会社が担当し、その後、成田高速鉄道アクセス株式会社が躯体の内部にレールを敷設し、信号機器やエスカレーターエレベーターなどの諸施設を整備した。なお、改修工事完成後は成田方面から当駅までの京成本線が複線になったが、成田空港方面の線路は単線のままである。

成田スカイアクセス線の開業により当駅 - 京成高砂駅間のルートが2通りとなったが、2つのルートは運賃が異なるので、ルートの特定と運賃の算定を行うためと誤乗を防ぐ観点から、当駅のホームを京成本線専用ホーム(上野方、3・4番線ホーム)と成田スカイアクセス線専用ホーム(成田空港方、1・2番線ホーム)に分け、京成本線コンコースに中間改札が設置されている。

前述の通り、京成3番線ホームは6両しか有効長がないため、8両編成のうち後2両が成田スカイアクセス線専用ホームにかかる。当駅に乗り入れる各社局の車両にはドアカットの装備は行われておらず、またホームドアなどの柵も取り付けられていないため、ドアは通常通り開閉される。それにより、「京成本線経由の乗車券を購入した乗客が誤って電車を降り、その後で成田スカイアクセス線経由に乗る」、もしくは「成田スカイアクセス線経由の乗車券を購入し、京成本線経由の電車に誤乗する」ことが物理的に可能になってしまった。京成では注意喚起として1番ホームの該当する乗車口にLED式乗車案内を頭上に設置し、本線経由の列車が到着すると日本語英語により「この電車は経路が異なるためご乗車できません」(英語:Due to route difference, this train cannot be boarded.)という注意書きが表示される。他にも壁面には4か国語(日・英・)で注意書きが書かれている。

利用状況[編集]

  • JR東日本 - 2012年度の1日平均乗車人員は3,925人である。
  • 京成電鉄 - 2013年度の1日平均乗降人員は19,965人である[7]。京成線内69駅中第23位。

2006年6月2日に成田空港の第1ターミナルビルが拡張され、それまで第2ターミナルを使用していた全日本空輸 (ANA) を中心としたスターアライアンス加盟航空会社の一部などが移転した影響で、当駅の同年度の乗降人員はJR東日本・京成とも減少した。

近年の1日の平均乗車人員の推移は以下の通りである。

年度 JR東日本 京成電鉄
1992年 3,991 1,801
1993年 4,537 6,496
1994年 5,131 7,282
1995年 5,482 7,790
1996年 5,689 8,362
1997年 5,765 8,347
1998年 5,565 8,395 [8]
1999年 5,930 8,727 [9]
2000年 6,339 [10] 9,389 [11]
2001年 5,730 [12] 9,197 [13]
2002年 6,667 [14] 10,822 [15]
2003年 5,975 [16] 10,282 [17]
2004年 6,876 [18] 11,673 [19]
2005年 6,947 [20] 11,473 [21]
2006年 5,666 [22] 9,458 [23]
2007年 5,631 [24] 9,561 [25]
2008年 4,920 [26] 8,809 [27]
2009年 4,422 [28] 8,209 [29]
2010年 4,123 [30] 8,620 [31]
2011年 3,482 [32]
2012年 3,925 [33]

駅周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『鉄道ピクトリアル』1970年8月号 電気車研究会
  2. ^ 京成時刻表Vol.25 2010年7月9日
  3. ^ 検問廃止の検討が報じられたこともあったが(MSN産経ニュース :2009年11月29日付け)、2010年8月時点で存続している。
  4. ^ 京成線出口の付近に2台の自動券売機が設置されており、京成本線とJR線の乗車券はここで購入した上で、出口改札より入場できる。ただし、現金専用なので、PASMO・Suicaは利用できず、成田スカイアクセス線経由の乗車券も購入できない。
  5. ^ 成田空港自由化2 進化する空港と、地域の壁
  6. ^ 成田開業以来のJR・京成「二重改札」解消へ読売新聞2014年6月26日
  7. ^ 京成電鉄 駅別乗降人員
  8. ^ 千葉県統計年鑑(平成11年)
  9. ^ 千葉県統計年鑑(平成12年)
  10. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2000年度)
  11. ^ 千葉県統計年鑑(平成13年)
  12. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2001年度)
  13. ^ 千葉県統計年鑑(平成14年)
  14. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2002年度)
  15. ^ 千葉県統計年鑑(平成15年)
  16. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2003年度)
  17. ^ 千葉県統計年鑑(平成16年)
  18. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2004年度)
  19. ^ 千葉県統計年鑑(平成17年)
  20. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2005年度)
  21. ^ 千葉県統計年鑑(平成18年)
  22. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2006年度)
  23. ^ 千葉県統計年鑑(平成19年)
  24. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2007年度)
  25. ^ 千葉県統計年鑑(平成20年)
  26. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2008年度)
  27. ^ 千葉県統計年鑑(平成21年)
  28. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2009年度)
  29. ^ 千葉県統計年鑑(平成22年)
  30. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2010年度)
  31. ^ 千葉県統計年鑑(平成23年)
  32. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2011年度)
  33. ^ JR東日本:各駅の乗車人員(2012年度)

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
成田線
快速(「エアポート成田」含む)・普通(各駅停車)
成田駅 - (堀之内信号場) - 空港第2ビル駅 - 成田空港駅
京成電鉄
●KS本線
快速特急・特急・通勤特急・快速・普通
京成成田駅 (KS40) - (駒井野信号場) - 空港第2ビル駅 (KS41) - 成田空港駅 (KS42)
●KS成田スカイアクセス線(成田空港線)
アクセス特急
成田湯川駅 (KS43) - (新根古屋信号場) - 空港第2ビル駅 (KS41) - 成田空港駅 (KS42)
※京成の空港第2ビル駅 - 成田空港駅間は、本線と成田空港線の重複区間という扱いである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]