椎柴駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
椎柴駅
待合室(2008年5月)
待合室(2008年5月)
しいしば - Shiishiba
下総豊里 (4.8km)
(4.4km) 松岸
所在地 千葉県銚子市野尻町169
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 成田線
キロ程 71.0km(佐倉起点)
千葉から87.1km
電報略号 シイ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
511人/日(降車客含まず)
-2006年-
開業年月日 1933年昭和8年)3月11日
備考 無人駅(乗車駅証明書発行機 有)
構内
構内
旧駅舎(2006年3月)
旧駅舎(2006年3月)

椎柴駅(しいしばえき)は、千葉県銚子市野尻町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)成田線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。ホームは嵩上げされていない。北側の1番線ホームの北側に接して駅舎があり、2つのホームは下総豊里方の跨線橋で結ばれる。

駅舎は木造平屋建てで、外壁にはトタンが貼られていた。1974年から無人駅になり、駅舎内部の窓口は板で埋められ、待合所部分のみが使われていた。自動券売機などの設置はなく、乗車駅証明書発行機が窓口のあった部分に一台設置されていた。2007年1月の改築後は、屋根と透明な板で囲われコの字をした、簡易な待合所兼駅舎となっている。また、2番線のホームには小さな待合所が一棟建てられている。

銚子駅管理の無人駅で、乗車駅証明書発行機・簡易Suica改札機が設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 成田線 下り 銚子方面
2 成田線 上り 佐原成田千葉方面
  • ホームは8両編成までに対応する。

利用状況[編集]

2006年の乗車人員は1日平均約511人である。

千葉県統計年鑑によると、1日の平均乗車人員の推移は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1990年 671
1991年 678
1992年 671
1993年 664
1994年 646
1995年 609
1996年 596
1997年 543
1998年 525
1999年 532
2000年 553
2001年 570
2002年 547
2003年 536
2004年 533
2005年 522
2006年 511

駅周辺[編集]

利根川の右岸に位置する駅で、500メートルほど北へ行くと、利根川に突き当たる。駅の北を国道356号利根水郷ライン)が走り、北西へ1キロほど行くと、利根かもめ大橋が利根川を渡っている。

駅前に大丸タクシーの野尻営業所があり、タクシーが待機していることが多い。駅の裏に銚子市立第六中学校及び銚子市立銚子高等学校(旧銚子市立銚子西高等学校)の仮校舎がある。

  • 銚子市役所西部支所
  • 野尻郵便局

バス路線[編集]

のりば 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
椎柴駅 豊里ニュータウン線 豊里駅入口 豊里ニュータウン第4 千葉交通
松岸駅前銚子駅 陣屋町

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
成田線
下総豊里駅 - 椎柴駅 - 松岸駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]