笹川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
笹川駅
駅舎
駅舎
ささがわ - Sasagawa
小見川 (5.0km)
(5.2km) 下総橘
所在地 千葉県香取郡東庄町笹川い625
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 成田線
キロ程 57.7km(佐倉起点)
千葉から73.8km
電報略号 ササ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
373人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1931年昭和6年)11月10日
備考 業務委託駅

笹川駅(ささがわえき)は、千葉県香取郡東庄町笹川いにある、東日本旅客鉄道(JR東日本)成田線である。

歴史[編集]

リニューアル前の駅舎

仮駅名は「下総笹川」だった。笹川駅開業に伴い東北本線水郡線の笹川駅は1931年昭和6年)10月30日安積永盛に改称。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。ホームは嵩上げされていない。2つのホームは跨線橋で結ばれている。

佐原駅管理のJR千葉鉄道サービスが駅業務を受託する業務委託駅である。自動券売機乗車駅証明書発行機(駅員不在時稼働)・簡易Suica改札機が設置されている。

駅前広場に隣接して、駐車場と駐輪場が整備されている。駐車場は通勤等の恒常的な使用は禁止されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 成田線 下り 銚子方面
2 成田線 上り 小見川佐原滑河成田佐倉千葉方面
  • 開業当初は駅南東方の入正醤油の工場に続く引込線が存在していた。この引込線は、1931年昭和6年)11月に成田線が笹川駅まで開通したのと同時期に入正醤油まで敷設された。延長は約710m。醤油の運搬の他、原料の大豆や塩、ボイラーの燃料とした石炭などが運ばれ、1959年(昭和34年)頃まで使用された。
  • ホームは8両編成までに対応する。
ホーム 改札口
ホーム
改札口


利用状況[編集]

2012年度の乗車人員は1日平均373人。

JR東日本および千葉県統計年鑑によると、1日の平均乗車人員の推移は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1990年 735
1991年 764
1992年 755
1993年 710
1994年 677
1995年 644
1996年 610
1997年 543
1998年 546
1999年 532
2000年 529
2001年 521
2002年 481
2003年 467
2004年 444
2005年 421
2006年 419
2007年 420
2008年 398
2009年 392
2010年 406
2011年 385
2012年 373

駅周辺[編集]

  • 諏訪神社
    • 奉納相撲(諏訪神社秋季大祭)が毎年7月に行われる。国定忠治清水次郎長らも参加したと言われている。
    • 天保水滸伝遺品館
  • 入正醤油
  • 磯山観光いちご園
  • 東庄町役場
  • 東庄郵便局
  • 国道356号利根水郷ライン
  • 桁沼川

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
成田線
小見川駅 - 笹川駅 - 下総橘駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]